ブロックチェーンでアフリカとの国際送金を効率化|SBIレミットがBitPesaと提携

by BITTIMES   

Ripple(リップル)のパートナーでありSBIの子会社でもある「SBIレミット」は、ケニア・ナイロビに本拠地を構える仮想通貨(Cryptocurrency)やブロックチェーン(Blockchain)を扱う国際送金会社「BitPesa(ビットペサ)」との提携を結びました。このパートナーシップは、アフリカ大陸の国々や日本の企業の発展に大きく貢献する可能性を秘めています。

こちらから読む:世界一のフィンテック成長地域とも呼ばれる「アフリカ大陸」

ブロックチェーンで「国際送金」を効率化

Africa-map

「SBI Remit(SBIレミット)」と「BitPesa(ビットペサ)」は、ブロックチェーン技術を活用することによって、アフリカと日本の間で行われる国際送金の摩擦を減らし、これらの地域におけるクロスボーダー決済をより効率的に処理することを目指しています。

今回のパートナーシップによって、SBIレミットを利用しているアフリカの顧客は「BitPesa」の口座に現地の通貨で直接入金することができるようになります。

以前までは、入金を行うためには一度「G20」の法定通貨に換金する必要があったため、手数料などの余分なコストがかかっていたことが問題となっていました。しかし「SBIレミット」と提携したことによって、それらの法定通貨を経由する必要がなくなるため、銀行を通じて国際送金を行うよりも遥かに安い手数料で効率よく送金を行うことが可能になります。

日本とアフリカを代表する両社が協力し、安い手数料で安全かつスムーズな国際送金が行えるようになることによって、日本とアフリカにおける資金の流動性が高まり、これらのサービスに関連する複数の国々でのビジネスがより活発になるとも期待されています。

BitPesaは現在、
ウガンダ
ケニア
・ガーナ
・セネガル
・タンザニア
・ナイジェリア
・コンゴ民主共和国
などの国々で事業を運営しています。

SBIレミット:アフリカ市場進出への大きなチャンス

SBI-Remit-logo

SBIの子会社でありRipple(リップル)のパートナーでもある「SBIレミット」は、国際送金サービスを通じてユーザーに安い手数料で、素早く安全な送金サービスを提供することを目指しています。

アフリカ企業とのパートナーシップは「SBIレミット」にとって初めてのことでもあります。今回の提携が結ばれアフリカとの新たな繋がりが生まれたことによって、日本の企業が事業をさらに拡大することにも大きく貢献するとも考えられています。

アフリカで活動している日本の企業は既に400社を超えていると報告されており、アフリカ市場への関心は現在も高まっていると言われています。しかし、市場の環境やビジネスの成長を支えるための金融インフラが欠如していたことなどから実際に参入するには重大なリスクが伴うことが懸念されていました。

「SBIレミット」と「BitPesa」が提供する新しいサービスは、これらの地域との取引を容易にすることができるため、日本の企業にとってはアフリカ市場に進出するための大きなチャンスにもなります。これらの新しい機会は、日本やアフリカの様々な企業や地域の発展に大きく貢献する可能性を秘めています。

送金サービスを中心とした大規模なプロジェクトで世界中をつないでいるSBIグループ」やBitPesa、Rippleなどの取り組みには、今度もさらに注目が集まります。

リップル(XRP)の購入は、セキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン活用した、初めての「不動産取引」に成功:スイス

ブロックチェーン活用した、初めての「不動産取引」に成功:スイス

バルト諸国で仮想通貨の導入が進む|独自トークンも検討? 

バルト諸国で仮想通貨の導入が進む|独自トークンも検討? 

分散型ソーシャルメディアプラットフォーム「K.im」情報公開迫る ー Kim Dotcom

分散型ソーシャルメディアプラットフォーム「K.im」情報公開迫る ー Kim Dotcom

仮想通貨取引所BINANCE:米国ユーザー向けの「サービス停止」を発表|9月12日から

仮想通貨取引所BINANCE:米国ユーザー向けの「サービス停止」を発表|9月12日から

コインチェック:リップル(XRP)とファクトム(FCT)の「入金・購入」を再開

コインチェック:リップル(XRP)とファクトム(FCT)の「入金・購入」を再開

仮想通貨がユーロ圏で使える「VISAデビットカード」公開|XRPなど7銘柄に対応:2gether

仮想通貨がユーロ圏で使える「VISAデビットカード」公開|XRPなど7銘柄に対応:2gether

注目度の高い仮想通貨ニュース

適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

適正時価総額は「760兆円」ビットコインはまだ過小評価されている:Tyler Winklevoss

ドイツ大手製造会社「Siemens」ブロックチェーンでカーシェアリングの問題解決へ

ドイツ大手製造会社「Siemens」ブロックチェーンでカーシェアリングの問題解決へ

BTCネクスト取引所:ガバナンスコイン「Q DAO」のIEO実施を発表

BTCネクスト取引所:ガバナンスコイン「Q DAO」のIEO実施を発表

デジタルコンテンツに「ブロックチェーン証明書」を付与|エイベックス子会社が新技術開発

デジタルコンテンツに「ブロックチェーン証明書」を付与|エイベックス子会社が新技術開発

カルダノ(Cardano)ロードマップ「日本語版」ついに公開

カルダノ(Cardano)ロードマップ「日本語版」ついに公開

熊本電力:仮想通貨マイニング事業で「オウケイウェイヴ子会社」と提携|安価な電気を供給

熊本電力:仮想通貨マイニング事業で「オウケイウェイヴ子会社」と提携|安価な電気を供給

Amazonのブロックチェーンサービスで「音楽の権利情報」を管理:ソニーミュージック(SME)

Amazonのブロックチェーンサービスで「音楽の権利情報」を管理:ソニーミュージック(SME)

【iOS版】仮想通貨ウォレット搭載ブラウザ「Opera Touch」リリース|DAppsとの提携も

【iOS版】仮想通貨ウォレット搭載ブラウザ「Opera Touch」リリース|DAppsとの提携も

注目の「1万ドル」目前に迫る|ビットコイン価格、2019年最高値を更新

注目の「1万ドル」目前に迫る|ビットコイン価格、2019年最高値を更新

仮想通貨の新団体設立へ「STOの健全な普及」目指す:SBI北尾社長

仮想通貨の新団体設立へ「STOの健全な普及」目指す:SBI北尾社長

ブロックチェーンで「オンライン取引の信用性」を事前確認|富士通が新技術開発

ブロックチェーンで「オンライン取引の信用性」を事前確認|富士通が新技術開発

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す