Madonna:Rippleと協力して慈善活動「アフリカの子供たちに愛を」

by BITTIMES   

仮想通貨リップル(XRP)を発行しているRipple社は、世界でも人気のセレブ歌手として知られるMadonna(マドンナ)氏が運営する非営利団体「Raising Malawi(レイジング・マラウイ)」と提携し、アフリカの子供たちを救うための慈善活動を開始しました。

こちらから読む:リップル(Ripple/XRP)とは?解説とこれまでのニュース

世界的ポップアーティストとして知られるMadonna(マドンナ)氏は、8月16日に迎える自身の60回目の誕生日を記念してRippleやFacebook(フェイスブック)と協力して募金活動を行うことを発表しました。

この活動は7月30日から8月31日までの約1ヶ月間に渡って続けられ、集まった寄付金は2006年にマドンナ氏やアメリカの脚本家Michael Berg(マイケル・バーグ)氏らによって設立されたNPO慈善団体である「Raising Malawi(レイジング・マラウイ)」を通じてマラウイ共和国に贈られます。

この支援プロジェクトは始まってからわずか2日しか経っていないにも関わらず、すでに目標金額である60,000ドル(約660万円)の半分近くの寄付が集まっており、8月1日の17時時点では27,555ドル(約300万円)が集まっています。

このプロジェクトについてマドンナ氏は、「自らの誕生日にこのような活動ができることを非常に嬉しく思っている」とコメントしており、「これらの活動を通じて現地の子供たちに愛を伝えたい」と語っています。

私は恵まれない子供たちに愛のある家庭環境を提供することへの強い責任感を抱いています。私の誕生日に世界中のファミリーと協力して、この美しい国で助けを求めている子供たちに手を差し伸べることができるのは、私にとって最高のプレゼントです。

これらの寄付によって集まった全てのお金は、学校や制服、食事、医療などに直接使用されます。友達やファンの皆さん、サポーターの方々と協力して、マラウイ共和国の子供たちの生活を向上させることで、子供たち自身に"大切にされ、愛され、保護されている"ということを伝えたいと考えています。

そしてリップルと協力することによって、これらの支援活動の効果を倍増させることができます。

また、リップル社も今回の活動についてのコメントを公式サイトで公開し、「国際的なコミュニティとそれらの繋がりから隔離された人々との間にある障壁を排除するための取り組みに焦点を当てている」と語っています。

Ripple社とその上級管理職チームは、国際コミュニティと孤立した人々の間にある敷居を無くすことを重要視しており、金融に参加するのための教育や、基本的な福祉サービスへのアクセス、教育の向上、一般的な教育の支援、環境リテラシーの向上、保全などを促進するプログラムの提供に焦点を当てています。

今回のRaising Malawiへの寄付もこの哲学を象徴する取り組みの一つです。

マドンナ氏は2006年から「レイジング・マラウイ」を通じて、マラウイ共和国への慈善活動を行なっています。今年の初めには同国に4校の学校を新設することを発表しており、これによって現地の学校は合計14校となると報じられています。

今回の寄付への協力を希望する場合には、マドンナ氏が管理しているFacebookページを通してこれらの活動に参加することができます。

リップル(Ripple/XRP)はこれまでに多くの支援活動を行なってきており、世界中の大学に対してブロックチェーンや仮想通貨に関する教育を促進するための大規模な寄付なども行なっています。国際送金を行う際に非常に安いコストで迅速に送金を処理することができるリップルの技術は、今後も世界中の様々な問題解決に大きく貢献していくことになるでしょう。

リップルの価格|2018年8月1日

リップルの価格は8月1日の午前から急激に上昇しており、48円近くで取引されていた金額は51円にまで上昇しています。

2018年8月1日 リップルのチャート(引用:coingecko.com)2018年8月1日 リップルのチャート(引用:coingecko.com)

リップル(XRP)の購入は、セキュリティ面も安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

サトシ・ナカモトは「ブロックチェーンの父」ウクライナに記念碑建設予定

サトシ・ナカモトは「ブロックチェーンの父」ウクライナに記念碑建設予定

ハッカーがカナダ銀行にリップル(XRP)で100万ドルを要求

ハッカーがカナダ銀行にリップル(XRP)で100万ドルを要求

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

BINANCE:仮想通貨8銘柄対応の「ステーキングプラットフォーム」を公開

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

Cardano(ADA)Shellyテストネットは「第2段階」へ|Ouroboros実装に前進

中国・食品薬品監督管理局:商品の「品質保証」にブロックチェーン技術活用へ

中国・食品薬品監督管理局:商品の「品質保証」にブロックチェーン技術活用へ

SportyCo:イングランドのサッカークラブ「Hull City AFC」買収か ー 約66億円を準備

SportyCo:イングランドのサッカークラブ「Hull City AFC」買収か ー 約66億円を準備

注目度の高い仮想通貨ニュース

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

Zaif:販売所取引サービスで「グループ会社発行の3通貨」取り扱い開始

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

価値あるNFTを表彰するオンラインイベント「NFT Awards 2020」エントリー受付開始

価値あるNFTを表彰するオンラインイベント「NFT Awards 2020」エントリー受付開始

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

コインチェック:ブロックチェーンゲーム開発企業「Dapper Labs」との連携を開始

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

リップル社:投資・慈善部門の名称を「RippleX・Ripple Impact」に変更

LINE:独自ブロックチェーン基盤の「DApps」を発表|SNS・ゲーム・カラオケなど8種類

LINE:独自ブロックチェーン基盤の「DApps」を発表|SNS・ゲーム・カラオケなど8種類

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月18日〜24日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月18日〜24日

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

経済協力開発機構「暗号資産への課税」に関する国際枠組み、G20加盟国に提案へ

KuCoin CEO「ハッキング事件の容疑者に関する証拠を掴んだ」と報告

KuCoin CEO「ハッキング事件の容疑者に関する証拠を掴んだ」と報告

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

コインチェック:アルトコイン取引所で「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

コインチェック:アルトコイン取引所で「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

ブロックチェーンで「週刊少年ジャンプ人気漫画の公式コミュニティ」構築:Gaudiy

ブロックチェーンで「週刊少年ジャンプ人気漫画の公式コミュニティ」構築:Gaudiy

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す