CARDANO(ADA):仮想通貨取引所「Kraken」で取扱い開始 ー Quantum(QTUM)も

by BITTIMES

仮想通貨取引所「Kraken(クラーケン)」で、カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)とクアンタム(Quantum/QTUM)の取り扱いが発表されました。2018年9月28日(金)からビットコイン(Bitcoin/BTC)やイーサリアム(Ethereum/ETH)及びいくつかの法定通貨での取引が開始される予定となっています。

こちらから読む:Krakenでも取り扱い開始「CARDANO/ADA」の魅力とは?

Krakenは新しくCARDANO(ADA)とQuantum(QTUM)の2つを取り扱いリストに追加します。9月28日金曜日にはどちらも取引を開始することができます!

仮想通貨取引所「Kraken」にADAとQTUMが上場

Krakenの画像

アメリカサンフランシスコ(San Francisco)を拠点とする仮想通貨取引所「Kraken(クラーケン)」は、カルダノ(ADA)とクアンタム(QTUM)の2つを新しく取り扱う資産のリストに追加したことを発表しました。

9月28日(金)午後1時(UTC)取引開始となってますが、同社は遅延が発生する可能性もあるとも述べているため、取引を望む場合には正式な情報を確認する必要があります。この2つのトークンは同時に取引が開始されます。

ADA、QTUMとの取引が可能な通貨は、
・米ドル(USD)
・ユーロ(EUR)
・カナダドル(CAD)
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
となっているため、今回新しく追加される通貨ペアは、
・ADA/USD
・ADA/EUR
・ADA/CAD
・ADA/XBT
・ADA/ETH
・QTUM/USD
・QTUM/EUR
・QTUM/CAD
・QTUM/XBT
・QTUM/ETH
となっています。

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)の価格|2018年9月28日

カルダノエイダコイン(CARDANO/ADA)は、9月18日に約7円まで下落した後は回復する傾向がみられており、2018年9月28日時点では「1ADA=約10円」で取引されています。

クアンタム(Quantum/QTUM)の価格|2018年9月28日

クアンタム(Quantum/QTUM)も同様に9月18日の時点で350円近くまで下落していましたが、その後は回復傾向にあり、2018年9月28日時点では「1QTUM=約450円」で取引されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Cardano/ADA】ITN報酬の還元機能を備えた「Daedalus 2.1.0」公開|受取方法も解説

【Cardano/ADA】ITN報酬の還元機能を備えた「Daedalus 2.1.0」公開|受取方法も解説

米格付け機関が選ぶ「ビットコインよりも優れた仮想通貨」

米格付け機関が選ぶ「ビットコインよりも優れた仮想通貨」

NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」提供開始|吉本興業や人気アニメの作品を販売

NFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」提供開始|吉本興業や人気アニメの作品を販売

Google Payが「コインベースカード」に対応|仮想通貨決済が利用可能に

Google Payが「コインベースカード」に対応|仮想通貨決済が利用可能に

ビットバンク「ボバネットワーク(BOBA)」取扱いへ|OMG保有者へのエアドロップも

ビットバンク「ボバネットワーク(BOBA)」取扱いへ|OMG保有者へのエアドロップも

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

インドの暗号資産取引所でも「個人情報漏洩」か|増加する重要データの流出報告

注目度の高い仮想通貨ニュース

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

OKCoinJapan:イーサリアム(ETH)の入出庫で「Optimism」対応へ

OKCoinJapan:イーサリアム(ETH)の入出庫で「Optimism」対応へ

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

Shib:The Metaverseのコンテンツ制作映像公開「シバイヌ関連の注目ニュース」も続々

MicroStrategy「1,200億円相当のビットコイン」を追加購入|BTC保有量は競争状態に

MicroStrategy「1,200億円相当のビットコイン」を追加購入|BTC保有量は競争状態に

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

Google検索「ビットコインアドレスの残高確認」が可能に|複数のアドレス形式に対応

シバイヌの「*Shib Name Token」どんな名前を取得すべき?D3社がガイドライン公開

シバイヌの「*Shib Name Token」どんな名前を取得すべき?D3社がガイドライン公開

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

Solanaの新しいミームコインSlothanaが革新的なプレセールを開始、数時間で50万ドルを調達

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

メルカリ「ビットコイン決済でBTCが戻ってくるキャンペーン」開始

K9 Finance:Shibarium上のNFTマーケットプレイス「MANTRA」と提携

K9 Finance:Shibarium上のNFTマーケットプレイス「MANTRA」と提携

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

国内取引所間の送金環境が改善|SBI VCトレード・ビットポイントが「Sygna・TRUST」両方に対応

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Flare Network:分散型のCEXスタイル取引アプリ「Raindex」リリース

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

Apple製チップで「秘密鍵流出に繋がる修正不可能な脆弱性」報告|深刻さに関する補足説明も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

人気のタグから探す