チューリッヒ保険会社:ブロックチェーン技術で「債券管理」ー Accentureと共同開発

by BITTIMES   

チューリッヒ保険グループの一部である「Zurich Benelux(チューリッヒ・ベネルクス)」と総合コンサルティング会社「Accenture(アクセンチュア)」は、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3か国で構成されるベネルクス地域の顧客が「債券」を合理的に管理することができるブロックチェーン・ソリューションを開発したことを発表しました。

こちらから読む:債券情報も安全に管理「ブロックチェーン」が持つメリットとは

世界210以上の地域に展開する保険グループ|チューリッヒ

Zurich-logo

チューリッヒ保険グループは、保険事業を中心とした金融サービスを国際的に展開している金融グループです。スイスに本社を構えている同グループは、約53,000人もの従業員を有しており、世界210以上の国や地域で個人、中小企業、大企業までのあらゆる規模の顧客に損害保険や生命保険などのサービスを提供しています。

今回ブロックチェーン製品の提供を発表したZurich Benelux(チューリッヒ・ベネルクス)は、ベルギーオランダ、ルクセンブルクの3か国で構成されるベネルクス地域の市場で保険サービスを提供しており、ビジネス向けの損害保険の中で最も専門的な保険会社の1つとも言われています。

各業界との交流プロセスを簡素化|アクセンチュア

Distributed

アイルランドに本拠地を置く総合コンサルティング会社「Accenture(アクセンチュア)」が開発した新しいソリューションは、顧客が債券のステータスを確認して履歴記録をチェックし、債券予測をブラウズしたり、債券要求を新たに署名することができる使いやすいダッシュボードで構成されています。

これは、Zurich Benelux(チューリッヒ・ベネルクス)の既存の保証管理システムとブロックチェーン・ベースのシステムを統合した、無駄がなく透明性の高いデジタル・ハブとして機能する新しいユーザー・インターフェースとなっています。

ベルギーとルクセンブルクで、アクセンチュアのファイナンシャルサービス業務を統括しているKristof Lambert(クリストフ・ランバート)氏は、『ブロックチェーン技術を活用することによって、保険会社が様々な業界参加者とコミュニケーションをとるための新しい土台を作り、プロセスを簡素化することができる』と語っています。

またチューリッヒ・ベネルクスの最高執行責任者(COO)であるディディエ・ムレナ(Didier Murena)氏は、今回発表された新しい製品について次のように説明しています。

これまでに顧客サポート担当者が行ってきた電話や電子メールでの面倒なプロセスは、今やオンラインでシームレスに行うことができます。

ブロックチェーン技術は、保険バリューチェーン全体における顧客やその他の人々との情報交換方法に大きな変化をもたらします。この製品を利用すれば、顧客、第三者および従業員の管理負担を軽減することができるため、より高いレベルのサービスとケアを必要とする作業に集中できるようになります。

ブロックチェーンで利害関係者との取引を合理化

blockchain-diversification

Finaccordによると、欧州全体の保険担保証券の総保険料と手数料の合計額は、来年までに32.6億ユーロ(約4,216億円)に達する可能性があると言われています。

ブロックチェーンの技術を活用すれば、取引や記録業務を分散化して行うことができるため、高い透明性とセキュリティを確保するのに大きく役立ちます。またブロックチェーンは、公証人、ブローカー、再保険業者、保険市場の共同事業者などといった、複数の利害関係者間でのやりとりを合理化することもできるため、セキュリティと正確性を兼ね備えた理想的な環境を構築するのに大きく役立つとも期待されています。

ブロックチェーン技術は、今や世界中のあらゆる業界で積極的に活用されています。保険会社でもブロックチェーンを活用した実験などはすでに複数の企業で行われており、人的ミスやコストの削減などに向けた取り組みも行われています。様々な業界に安全と信頼を与えるブロックチェーン技術の活用は今後もさらに勢いを増していくことになるでしょう。

ブロックチェーン技術を活用した様々な事例はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

業界団体「ブロックチェーンコンテンツ協会」発足|自主規制ガイドライン策定へ

業界団体「ブロックチェーンコンテンツ協会」発足|自主規制ガイドライン策定へ

HTCのブロックチェーンスマホ:デフォルトブラウザとして「Brave(ブレイブ)」を採用

HTCのブロックチェーンスマホ:デフォルトブラウザとして「Brave(ブレイブ)」を採用

Cardano(ADA)取引履歴を簡単に確認「SEIZA/セイザ」公式サイト公開【日本語対応】

Cardano(ADA)取引履歴を簡単に確認「SEIZA/セイザ」公式サイト公開【日本語対応】

積水ハウス:ブロックチェーンで「賃貸入居手続き」を簡素化|内覧も立ち合い無しで

積水ハウス:ブロックチェーンで「賃貸入居手続き」を簡素化|内覧も立ち合い無しで

BinanceChainの「フィアットゲートウェイ」を開発:Cashaa

BinanceChainの「フィアットゲートウェイ」を開発:Cashaa

サトシ・ナカモトは「ブロックチェーンの父」ウクライナに記念碑建設予定

サトシ・ナカモトは「ブロックチェーンの父」ウクライナに記念碑建設予定

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bitfinex「カルダノ(Cardano/ADA)」取扱い開始|3つの取引ペアを提供

Bitfinex「カルダノ(Cardano/ADA)」取扱い開始|3つの取引ペアを提供

暗号資産取引所HBTC「Filecoin先物トークン(FIL3)」上場へ|キャンペーンも開催

暗号資産取引所HBTC「Filecoin先物トークン(FIL3)」上場へ|キャンペーンも開催

暗号資産が「SNSアカウント情報」だけで送金可能に|LINE・Twitterなど11種類に対応

暗号資産が「SNSアカウント情報」だけで送金可能に|LINE・Twitterなど11種類に対応

Braveブラウザ:プライバシー・安全性を強化する「Firewall+VPN」リリース

Braveブラウザ:プライバシー・安全性を強化する「Firewall+VPN」リリース

Twitter:暗号資産のウォレットアドレス「再び投稿可能」に

Twitter:暗号資産のウォレットアドレス「再び投稿可能」に

WikiLeaks Shop:ビットコインの「ライトニングネットワーク決済」に対応

WikiLeaks Shop:ビットコインの「ライトニングネットワーク決済」に対応

Animoca Brands:Atari製人気ゲームの「ブロックチェーン版」開発へ|NFTなども発行

Animoca Brands:Atari製人気ゲームの「ブロックチェーン版」開発へ|NFTなども発行

スロベニアで仮想通貨決済の導入進む「1,000ヵ所以上」でサービス展開:GoCrypto

スロベニアで仮想通貨決済の導入進む「1,000ヵ所以上」でサービス展開:GoCrypto

暗号資産企業Diginex:NASDAQ上場に向け「新たな仮想通貨取引所」立ち上げ

暗号資産企業Diginex:NASDAQ上場に向け「新たな仮想通貨取引所」立ち上げ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月12日〜18日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月12日〜18日

G20:デジタル通貨「容認」へ|資金洗浄対策などの規制論議を本格化

G20:デジタル通貨「容認」へ|資金洗浄対策などの規制論議を本格化

Samsung Blockchain Wallet「ディセントラランド(Decentraland)」をサポート

Samsung Blockchain Wallet「ディセントラランド(Decentraland)」をサポート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す