チューリッヒ保険会社:ブロックチェーン技術で「債券管理」ー Accentureと共同開発

by BITTIMES   

チューリッヒ保険グループの一部である「Zurich Benelux(チューリッヒ・ベネルクス)」と総合コンサルティング会社「Accenture(アクセンチュア)」は、ベルギー、オランダ、ルクセンブルクの3か国で構成されるベネルクス地域の顧客が「債券」を合理的に管理することができるブロックチェーン・ソリューションを開発したことを発表しました。

こちらから読む:債券情報も安全に管理「ブロックチェーン」が持つメリットとは

世界210以上の地域に展開する保険グループ|チューリッヒ

Zurich-logo

チューリッヒ保険グループは、保険事業を中心とした金融サービスを国際的に展開している金融グループです。スイスに本社を構えている同グループは、約53,000人もの従業員を有しており、世界210以上の国や地域で個人、中小企業、大企業までのあらゆる規模の顧客に損害保険や生命保険などのサービスを提供しています。

今回ブロックチェーン製品の提供を発表したZurich Benelux(チューリッヒ・ベネルクス)は、ベルギーオランダ、ルクセンブルクの3か国で構成されるベネルクス地域の市場で保険サービスを提供しており、ビジネス向けの損害保険の中で最も専門的な保険会社の1つとも言われています。

各業界との交流プロセスを簡素化|アクセンチュア

Distributed

アイルランドに本拠地を置く総合コンサルティング会社「Accenture(アクセンチュア)」が開発した新しいソリューションは、顧客が債券のステータスを確認して履歴記録をチェックし、債券予測をブラウズしたり、債券要求を新たに署名することができる使いやすいダッシュボードで構成されています。

これは、Zurich Benelux(チューリッヒ・ベネルクス)の既存の保証管理システムとブロックチェーン・ベースのシステムを統合した、無駄がなく透明性の高いデジタル・ハブとして機能する新しいユーザー・インターフェースとなっています。

ベルギーとルクセンブルクで、アクセンチュアのファイナンシャルサービス業務を統括しているKristof Lambert(クリストフ・ランバート)氏は、『ブロックチェーン技術を活用することによって、保険会社が様々な業界参加者とコミュニケーションをとるための新しい土台を作り、プロセスを簡素化することができる』と語っています。

またチューリッヒ・ベネルクスの最高執行責任者(COO)であるディディエ・ムレナ(Didier Murena)氏は、今回発表された新しい製品について次のように説明しています。

これまでに顧客サポート担当者が行ってきた電話や電子メールでの面倒なプロセスは、今やオンラインでシームレスに行うことができます。

ブロックチェーン技術は、保険バリューチェーン全体における顧客やその他の人々との情報交換方法に大きな変化をもたらします。この製品を利用すれば、顧客、第三者および従業員の管理負担を軽減することができるため、より高いレベルのサービスとケアを必要とする作業に集中できるようになります。

ブロックチェーンで利害関係者との取引を合理化

blockchain-diversification

Finaccordによると、欧州全体の保険担保証券の総保険料と手数料の合計額は、来年までに32.6億ユーロ(約4,216億円)に達する可能性があると言われています。

ブロックチェーンの技術を活用すれば、取引や記録業務を分散化して行うことができるため、高い透明性とセキュリティを確保するのに大きく役立ちます。またブロックチェーンは、公証人、ブローカー、再保険業者、保険市場の共同事業者などといった、複数の利害関係者間でのやりとりを合理化することもできるため、セキュリティと正確性を兼ね備えた理想的な環境を構築するのに大きく役立つとも期待されています。

ブロックチェーン技術は、今や世界中のあらゆる業界で積極的に活用されています。保険会社でもブロックチェーンを活用した実験などはすでに複数の企業で行われており、人的ミスやコストの削減などに向けた取り組みも行われています。様々な業界に安全と信頼を与えるブロックチェーン技術の活用は今後もさらに勢いを増していくことになるでしょう。

ブロックチェーン技術を活用した様々な事例はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンゲーム「Age of Rust」2021年3月にSteamで配信へ

ブロックチェーンゲーム「Age of Rust」2021年3月にSteamで配信へ

ブロックチェーン×AIで「次世代著作権管理システム」構築へ|エイベックスなど3社が実証実験

ブロックチェーン×AIで「次世代著作権管理システム」構築へ|エイベックスなど3社が実証実験

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

ブロックチェーンでテレビ視聴者にコンテンツ配布|スマホアプリ「Card Hunter」登場

ブロックチェーンでテレビ視聴者にコンテンツ配布|スマホアプリ「Card Hunter」登場

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

【保存版】ブロックチェーン総合まとめ:各業界や企業・世界各国の活用事例

ブロックチェーン技術の導入で世界をリードするシンガポール航空

ブロックチェーン技術の導入で世界をリードするシンガポール航空

注目度の高い仮想通貨ニュース

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

米Kraken:スマホアプリが「Apple Pay・Google Pay」に対応

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

ディーカレット「クアンタム(QTUM)」取扱い開始|上場記念キャンペーンも開催

Twitter「NFTをプロフィール画像に設定する新機能」を開発中

Twitter「NFTをプロフィール画像に設定する新機能」を開発中

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

国税当局「仮想通貨取引の一斉税務調査」を実施|ADAなど14億円の申告漏れが判明=日経報道

ビットメイン「中国本土へのマイニングマシン出荷停止」を発表

ビットメイン「中国本土へのマイニングマシン出荷停止」を発表

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

米SEC「ProSharesのビットコイン先物ETF」を承認|BTC価格は700万円台まで回復

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

Huobi Japan「レバレッジ取引の申し込み受付」再開へ|第一種金融商品取引業の登録を完了

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月3日〜9日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年10月3日〜9日

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

【重要】Symbolの技術を悪用した「XYM送金詐欺」に要注意|ウォレット利用者が標的に

ビットポイント「恩をADAで返す!総額1億円キャンペーン」開始|約定金額の1%還元

ビットポイント「恩をADAで返す!総額1億円キャンペーン」開始|約定金額の1%還元

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月26日〜10月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月26日〜10月2日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す