アリババグループ:仮想通貨「Alibabacoin」のABBC財団買収か ー 価格も上昇

by BITTIMES   

仮想通貨アリババコイン(Alibabacoin/ABBC)を運営している「ABBC財団」を、中国のeコマース大手である「アリババ・ホールディング・グループ(Alibaba Holding Group)」が買収する可能性に一部で注目が集まっています。以前から商標権侵害などの話題で取り上げられていた両社は、現在和解する方向で話が進んでいると伝えられており、ブロックチェーン関連の新しいビジネスにも影響するのではないか?と期待が高まっています。

こちらから読む:ブロックチェーン関連の特許出願数世界一「Alibaba」

Alibaba商標権侵害問題 ー「買収」で最終決着?

ABBC-Alibaba

ドバイを拠点とする「アリババコイン財団(ABBC財団)」と、中国のeコマース大手である「アリババグループ(Alibaba Holding Group)」は、以前から商標権に関する争いを起こしています。一見すると同じ企業が運営していると考えられるこの2つの企業は実際には何の関係も持っていないため、アリババグループ側は2018年4月に商標権侵害で「ABBC財団」を提訴しています。

ABBC財団は、自社の名前はアリババグループから取ったものではなく、イスラム世界における神話などを元にした物語集「千夜一夜物語」の登場人物「アリババ」を由来にしているものだと主張しています。

この両社の議論はその後も続けられてきましたが、「ABBC財団は1ヶ月ほど前にアリババグループに和解を提案した」とされており、この提案に対してアリババグループは『ABBC財団を買収することに興奮している』と述べていると報じられています。

世界で最もブロックチェーン関連の特許を取得している企業でもあるアリババグループは、新しい分野に事業を拡大する機会を模索しているため、「アリババコイン財団」を買収することは理にかなっていると考えられます。両社のトラブル追ってきた人々は、今回の買収提案によって最終的な決着がつく可能性は高いと考えています。

アリババコイン(Alibabacoin/ABBC)の価格|2018年10月20日

アリババコイン(Alibabacoin/ABBC)は、
・Coinsuper
・Coinbene
・Ooobtc
・Dragonex
・Idax
・Topbtc
・Rightbtc
・Sistemkoin
・Bitforex
・Bit-z
の10種類の仮想通貨取引所に上場しており、2018年10月20日の時点では「1ABBC=約123円」で取引されています。

2018年10月16日の時点までは約44円で取引されていたものの、その後は急速な価格の上昇が続いており、二日後18日には約174円を記録しています。

2018年10月20日 ABBCのチャート(引用:coingecko.com)2018年10月20日 ABBCのチャート(引用:coingecko.com)

アリババグループは、ブロックチェーン人工知能(AI)IoT、クラウドコンピューティングなどを活用して新しい事業展開に取り組んでいます。アリババグループのJack Ma(ジャック・マー)氏は最近『ブロックチェーン技術がキャッシュレス社会の鍵となる』とも語っており、本格的な事業展開に期待が高まっています。

Alibabaグループは今年の6月に『ブロックチェーンベース・デジタルウォレット・クロスボーダー送金サービス』を発表しており、国際送金をわずか3秒で完了することを実現しています。ジャック・マー氏はこの当時、「ブロックチェーン技術を使用することによって、最終的に送金費用を"ほぼ0"にすることを目指している」と語っており、ブロックチェーン技術の利点を存分に活用していく意思を表明しています。

このような状況での「アリババコイン財団」買収の話題やアリババコインの価格上昇は、今後注目すべき事柄の一つと言えるでしょう。

アリババグループに関するその他の記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

食品大手Dole:ブロックチェーン技術、2025年までに「すべての部門」で活用へ

食品大手Dole:ブロックチェーン技術、2025年までに「すべての部門」で活用へ

クラーケン:米国初の仮想通貨銀行「Kraken Financial」設立へ

クラーケン:米国初の仮想通貨銀行「Kraken Financial」設立へ

【Socios&Chiliz】世界最大級のeスポーツ団体「Natus Vincere(NAVI)」と提携

【Socios&Chiliz】世界最大級のeスポーツ団体「Natus Vincere(NAVI)」と提携

XRP決済・送金などで使えるブラウザ拡張機能「Payburner」ベータ版公開

XRP決済・送金などで使えるブラウザ拡張機能「Payburner」ベータ版公開

賞金は仮想通貨!中国で話題のモバイルゲーム・トーナメント

賞金は仮想通貨!中国で話題のモバイルゲーム・トーナメント

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーンで蒸留酒の樽を売買・保有・管理「UniCask」提供へ:レシカ×JIS

ブロックチェーンで蒸留酒の樽を売買・保有・管理「UniCask」提供へ:レシカ×JIS

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

GMOコイン:沖縄のサッカークラブ「FC琉球」の2021シーズンオフィシャルパートナーに

GMOコイン:沖縄のサッカークラブ「FC琉球」の2021シーズンオフィシャルパートナーに

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

「Ripple社からのインセンティブ受け取っていない」国内暗号資産取引所からの発表続く

「Ripple社からのインセンティブ受け取っていない」国内暗号資産取引所からの発表続く

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

Ripple社:Amazonの元幹部「Devraj Varadhan氏」を採用|XRP価格は回復傾向

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

米大手投資企業Bitwise「全てのXRPポジション」を清算|リップル社訴訟問題受け

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

ビットコインのサイドチェーンプロジェクト「RSK(RIF)」がバイナンスに上場|数百万ユーザーがビットコインに基づくDeFiエコシステムへアクセス可能に

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

暗号資産取引所Bitrue:シンボル(Symbol/XYM)の「事前取引(IOU)」提供へ

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

コインチェック:Symbolスナップショットに伴う「サービス一時停止」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す