SONY CSL「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を発表 ー ブロックチェーンにも意欲

by BITTIMES

ソニーコンピュータサイエンス研究所(SONY CSL)は、ソニー株式会社の技術を応用した非接触ICカード型の「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を開発したことを発表しました。同社はプレスリリースの中でブロックチェーン技術の普及に向けた取り組みを行っていくとも説明しています。

こちらから読む:SONYも積極的な姿勢を見せる「ブロックチェーン」具体的な活用事例

非接触ICカード型「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」

SONY-CSL

SONY(ソニー)系列の研究所であるソニーコンピュータサイエンス研究所(SONY CSL)は2018年10月23日、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)などのような仮想通貨を安全に保管・管理することができる「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」を開発したことを発表しました。このウォレットはソニーが長年の研究開発で培ってきた"ICカード"の技術を応用した「非接触型」のウォレットとなっていると伝えられています。

一般的なハードウェアウォレットは、「USB」や「スマートフォン」のようなデザインとなっていたため、持ち運びにやや不便な部分もあったものの、SONYが開発したハードウェアウォレットは「ICカード型」を採用しているため、クレジットカードのような感覚で気軽に持ち運びができ、実際に利用する際などにも使いやすい仕様になっています。

また、信頼度の高い「耐タンパー性(*1)」を備えたICカード内モジュールで安全に秘密鍵を生成・保存することができるとも説明されています。
(*1)耐タンパー性:ハードウェアやソフトウェアの記憶しているデータや内部構造などの解析が困難な状態のこと

(引用:sonycsl.co.jp)(引用:sonycsl.co.jp)

また今回発表された「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」は、秘密鍵の管理だけに限らず様々なアプリケーションにも応用することができるとも説明されているため、今後もさらにこれらの技術を用いた新製品が開発されていくことも予想されます。

ブロックチェーン技術の普及促進「SONY」の今後にも期待

sony

ソニーCSLが公開したプレスリリースの最後には、同社が今後もブロックチェーン技術がさらに普及していくことを目指して、仮想通貨やデジタル資産を安全に取引することができる「仮想通貨ハードウェアウォレット技術」の事業化に向けた取り組みを進めていくと綴られています。

今年の8月には、SONYがブロックチェーンやマイニング(採掘)に関する2つの特許を申請していたことが明らかになっています。マイニングに関する事業が今後実際に行われていくかどうかについては、今のところわかっていませんが、これまでの動きから考えると、その可能性は十分にあると言えるでしょう。ハードウェアウォレットの正式なリリースの発表とともにマイニングに関する発表などにも期待が高まります。

ソニーコンピュータサイエンス研究所が公開したプレスリリースはこちら

ビットコイン(BTC)をはじめとする主要な仮想通貨の購入は、セキュリティ面でも安心できるbitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

SBI VC Trade:仮想通貨の板取引「VCTRADE Pro」公開|BTC・ETH・XRPに対応

SBI VC Trade:仮想通貨の板取引「VCTRADE Pro」公開|BTC・ETH・XRPに対応

ビットポイント:ディープコイン(DEP)がもらえる「4つのキャンペーン」開始

ビットポイント:ディープコイン(DEP)がもらえる「4つのキャンペーン」開始

ブロックチェーン戦略アクションゲーム「Crypto Alchemist」事前登録受付を開始

ブロックチェーン戦略アクションゲーム「Crypto Alchemist」事前登録受付を開始

ビットバンク:日本円ペアを含む「複数の通貨ペア」追加へ

ビットバンク:日本円ペアを含む「複数の通貨ペア」追加へ

GMOコイン「モナコイン(Monacoin/MONA)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産でサポート

GMOコイン「モナコイン(Monacoin/MONA)」取扱いへ|取引所・貸暗号資産でサポート

OKCoinJapan「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」取扱いへ

OKCoinJapan「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」取扱いへ

注目度の高い仮想通貨ニュース

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

Twitter:決済サービス展開に向け事業者登録|仮想通貨活用にも期待高まる

グランド・セフト・オート(GTA)での暗号資産・NFT利用を禁止:Rockstar Games

グランド・セフト・オート(GTA)での暗号資産・NFT利用を禁止:Rockstar Games

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

HEXA「会員権付きNFT」誰でも発行可能に|保有者限定コミュニティ機能もリリース予定

Bitget「11月新人登録歓迎イベント」登録者に100USDTプレゼント、友達招待でギフトシェア

Bitget「11月新人登録歓迎イベント」登録者に100USDTプレゼント、友達招待でギフトシェア

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年11月6日〜12日

BINANCEの業界復興イニシアチブ「Polygon・Aptos・Animoca Brands」などが参加

BINANCEの業界復興イニシアチブ「Polygon・Aptos・Animoca Brands」などが参加

自民党Web3PT:税制改正に向け緊急提言「仮想通貨同士の交換の非課税化」など求める

自民党Web3PT:税制改正に向け緊急提言「仮想通貨同士の交換の非課税化」など求める

日本ブロックチェーン協会:暗号資産に関する税制改正要望(2023年度)を政府に提出

日本ブロックチェーン協会:暗号資産に関する税制改正要望(2023年度)を政府に提出

Telegram創設者「分散型取引所・自己管理型ウォレット」の構築を計画

Telegram創設者「分散型取引所・自己管理型ウォレット」の構築を計画

簡単にNFTガチャサービスを構築「NFTガチャシステム」提供へ:株式会社コネクト

簡単にNFTガチャサービスを構築「NFTガチャシステム」提供へ:株式会社コネクト

Jasmy「サガン鳥栖ファントークンアプリローンチキャンペーン」開催|利用者全員にDDポイント付与

Jasmy「サガン鳥栖ファントークンアプリローンチキャンペーン」開催|利用者全員にDDポイント付与

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

カルダノ基盤のアルゴリズム型ステーブルコイン「Djed」2023年1月リリースへ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す