SONY:ブロックチェーン関連の特許を申請|マイニングデバイス製造か?

by BITTIMES

技術業界最大手であるSONY(ソニー)が、ブロックチェーン技術に関連する2つの特許を申請していたことが米国特許商標庁(USPTO)が公開した文章によって明らかになりました。この書類の内容から複数のメディアでは、同社がマイニング関連のハードウェアを開発している可能性があるとも報じられています。

こちらから読む:そもそもブロックチェーンとは?初心者にもわかりやすく解説【図解あり】

ソニーが提出した2つの書類は、
・電子ノードと分散型元帳を維持するための方法
・デバイスとシステム
と題されています。2017年の11月21日に出願されたと記されているこの書類の出願者の欄には「Sony Corporation Tokyo JP」と記されています。

出典:United States Patent出典:United States Patent

この書類に記載されていた内容から、SONYが初めてのブロックチェーン関連ハードウェアの開発を計画していることが明らかになりました。これらの特許申請は、将来的に発表される製品にこれらのデバイスを活用するための準備段階であるともされています。

ソニーは以前から教育データの管理やセキュリティなどのテクノロジーの使用事例を中心に特許出願を行っています。

1つ目の出願書類に記載されているアプリケーションの説明には、「マイニング・プロセス」という表現が繰り返し記述されており、「ブロックチェーンを維持するための方法」と「ハードウェアノード」という2つの要素が含まれています。実際に提案されている具体例の中では、自由にアクセスすることができるトークンを有したネットワーク、つまり"ビットコイン(BTC)"のようなネットワークをノード群が運営することが記されています。

この分散型台帳は、ビットコインのブロックチェーンなどに使用される原理に基づいたブロックチェーンであっても良い。また、この台帳にはマイニング(採掘)およびプルーフ・オブ・ワーク(PoW)の仕組みを使用しており、ビットコインのような何らかの報酬を利用することができる。さらに、すべての電子ノードが台帳についてコンセンサスを持つことを保証するためのコンセンサス・メカニズムを使用することもできます。

これは、ソニーが独自の仮想通貨を発行しようとしていることを表すものではありませんが、これらの発明がその目的を果たすためにも利用できることを主張することによって、独自の仮想通貨を発行する可能性については保留にしているとみられています。

2つ目の出願書類である「デバイスとシステム」は、少数のノードしか持たないネットワークにおけるセキュリティリスクに焦点を当てた内容が記載されています。

ソニーは「セキュリティ上の問題が発生した場合には、分散型元帳にアクセスできるデバイスの数が少なくなってしまう場合がある」という理由から、仮想ノードを利用することによってその数を大幅に増やす方法を提案しています。

今回の出願書類で提案されているデバイスでは、10、100、あるいは数千個といった複数の仮想ノードをホストすることによって、その数をデバイスの合計数より遥かに多くすることができます。

またソニーは、ブロックチェーンの種類に関してはこれといった決定がされているわけではないことも説明しており、ネットワークは公開または非公開である可能性があり、「ソニー独自のソフトウェア」もしくは「Hadoop(*1)のような分散型データベース技術」のどちらかに依存したものになる可能性があると説明しています。
(*1)Hadoop:大規模なデータを効率的に分散処理するためのオープンソースミドルウェアのこと

これらのことから今回の出願書類はブロックチェーン技術の種類よりも、ハードウェアやその運用方法に焦点を当てているとみられています。

ブロックチェーン技術を活用する大手企業は、すでに国内でもかなり増えてきています。来年頃にはこれらの技術を活用した便利なサービスが身の回りに溢れていることでしょう。これまでに紹介した記事でも、ブロックチェーン技術に関する各社の取り組みを紹介しているので、こちらも合わせてご覧になってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【2020年4月】ブロックチェーン・仮想通貨業界の「注目イベント」情報

【2020年4月】ブロックチェーン・仮想通貨業界の「注目イベント」情報

Facebook:ステラ(Stellar)ブロックチェーンを利用した決済ネットワーク構築か?

Facebook:ステラ(Stellar)ブロックチェーンを利用した決済ネットワーク構築か?

Chromeからマイニング拡張機能を削除|Google

Chromeからマイニング拡張機能を削除|Google

ブロックチェーン技術はFacebookの問題を解決できる

ブロックチェーン技術はFacebookの問題を解決できる

ブロックチェーンで「超高速データベース」実現へ:NEC通信システム×アーリーワークス

ブロックチェーンで「超高速データベース」実現へ:NEC通信システム×アーリーワークス

不動産の「権利移転記録」にブロックチェーン技術活用へ|LIFULLが実証実験を開始

不動産の「権利移転記録」にブロックチェーン技術活用へ|LIFULLが実証実験を開始

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月15日〜21日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月15日〜21日

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

米地方裁判所:仮想通貨Gramの「仮差止命令」認める|トークン配布の延期求める

Google Payが「コインベースカード」に対応|仮想通貨決済が利用可能に

Google Payが「コインベースカード」に対応|仮想通貨決済が利用可能に

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

【Consensus 2020】世界最大級のブロックチェーンイベント「バーチャル空間」で開催へ

コインチェックのNEM盗難事件で「初の逮捕者」日本在住の男性2人に不正交換の容疑

コインチェックのNEM盗難事件で「初の逮捕者」日本在住の男性2人に不正交換の容疑

SSラツィオ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」とライセンス契約

SSラツィオ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」とライセンス契約

銀行アプリ内で「ビットコイン取引サービス」をテスト:イタリアBanco Sella

銀行アプリ内で「ビットコイン取引サービス」をテスト:イタリアBanco Sella

日本STO協会に「東海東京証券株式会社」が参加

日本STO協会に「東海東京証券株式会社」が参加

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

NEM財団:Symbol(XYM)公開に向け「日本チーム」を強化

NEM財団:Symbol(XYM)公開に向け「日本チーム」を強化

【ハードウェアウォレット一覧】対応銘柄・特徴などメーカー別に紹介:仮想通貨まとめ

【ハードウェアウォレット一覧】対応銘柄・特徴などメーカー別に紹介:仮想通貨まとめ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す