SONY:ブロックチェーン関連の特許を申請|マイニングデバイス製造か?

by BITTIMES

技術業界最大手であるSONY(ソニー)が、ブロックチェーン技術に関連する2つの特許を申請していたことが米国特許商標庁(USPTO)が公開した文章によって明らかになりました。この書類の内容から複数のメディアでは、同社がマイニング関連のハードウェアを開発している可能性があるとも報じられています。

こちらから読む:そもそもブロックチェーンとは?初心者にもわかりやすく解説【図解あり】

ソニーが提出した2つの書類は、
・電子ノードと分散型元帳を維持するための方法
・デバイスとシステム
と題されています。2017年の11月21日に出願されたと記されているこの書類の出願者の欄には「Sony Corporation Tokyo JP」と記されています。

出典:United States Patent出典:United States Patent

この書類に記載されていた内容から、SONYが初めてのブロックチェーン関連ハードウェアの開発を計画していることが明らかになりました。これらの特許申請は、将来的に発表される製品にこれらのデバイスを活用するための準備段階であるともされています。

ソニーは以前から教育データの管理やセキュリティなどのテクノロジーの使用事例を中心に特許出願を行っています。

1つ目の出願書類に記載されているアプリケーションの説明には、「マイニング・プロセス」という表現が繰り返し記述されており、「ブロックチェーンを維持するための方法」と「ハードウェアノード」という2つの要素が含まれています。実際に提案されている具体例の中では、自由にアクセスすることができるトークンを有したネットワーク、つまり"ビットコイン(BTC)"のようなネットワークをノード群が運営することが記されています。

この分散型台帳は、ビットコインのブロックチェーンなどに使用される原理に基づいたブロックチェーンであっても良い。また、この台帳にはマイニング(採掘)およびプルーフ・オブ・ワーク(PoW)の仕組みを使用しており、ビットコインのような何らかの報酬を利用することができる。さらに、すべての電子ノードが台帳についてコンセンサスを持つことを保証するためのコンセンサス・メカニズムを使用することもできます。

これは、ソニーが独自の仮想通貨を発行しようとしていることを表すものではありませんが、これらの発明がその目的を果たすためにも利用できることを主張することによって、独自の仮想通貨を発行する可能性については保留にしているとみられています。

2つ目の出願書類である「デバイスとシステム」は、少数のノードしか持たないネットワークにおけるセキュリティリスクに焦点を当てた内容が記載されています。

ソニーは「セキュリティ上の問題が発生した場合には、分散型元帳にアクセスできるデバイスの数が少なくなってしまう場合がある」という理由から、仮想ノードを利用することによってその数を大幅に増やす方法を提案しています。

今回の出願書類で提案されているデバイスでは、10、100、あるいは数千個といった複数の仮想ノードをホストすることによって、その数をデバイスの合計数より遥かに多くすることができます。

またソニーは、ブロックチェーンの種類に関してはこれといった決定がされているわけではないことも説明しており、ネットワークは公開または非公開である可能性があり、「ソニー独自のソフトウェア」もしくは「Hadoop(*1)のような分散型データベース技術」のどちらかに依存したものになる可能性があると説明しています。
(*1)Hadoop:大規模なデータを効率的に分散処理するためのオープンソースミドルウェアのこと

これらのことから今回の出願書類はブロックチェーン技術の種類よりも、ハードウェアやその運用方法に焦点を当てているとみられています。

ブロックチェーン技術を活用する大手企業は、すでに国内でもかなり増えてきています。来年頃にはこれらの技術を活用した便利なサービスが身の回りに溢れていることでしょう。これまでに紹介した記事でも、ブロックチェーン技術に関する各社の取り組みを紹介しているので、こちらも合わせてご覧になってみてください。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国の政府機関がブロックチェーンプロジェクトを格付け

中国の政府機関がブロックチェーンプロジェクトを格付け

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

バーレーン大学:ブロックチェーン「卒業証明書」発行へ|国際規格Blockcertsを採用

バーレーン大学:ブロックチェーン「卒業証明書」発行へ|国際規格Blockcertsを採用

シント=トロイデンVV:ZAIKO運営のNFTマーケット「Digitama」でNFT販売へ

シント=トロイデンVV:ZAIKO運営のNFTマーケット「Digitama」でNFT販売へ

イーサリアムとポケモンのコラボ?|イーサエモンとは?

イーサリアムとポケモンのコラボ?|イーサエモンとは?

テレグラム:TONブロックチェーン公開時期の「延期」を提案|投資家に署名求める

テレグラム:TONブロックチェーン公開時期の「延期」を提案|投資家に署名求める

注目度の高い仮想通貨ニュース

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Visa:仮想通貨・デジタル通貨を相互運用可能にする「Universal Payment Channel」を構築

Chiliz:トルコのサッカークラブ「Samsunspor」と提携|$SAMファントークン発行へ

Chiliz:トルコのサッカークラブ「Samsunspor」と提携|$SAMファントークン発行へ

Chiliz&Socios:NBA所属のプロバスケチーム「Charlotte Hornets」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属のプロバスケチーム「Charlotte Hornets」と提携

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

Bakktの仮想通貨対応デビットカード「Google Pay」に追加可能に

Mastercard×Bakkt「仮想通貨報酬還元」などを可能にする新サービス提供へ

Mastercard×Bakkt「仮想通貨報酬還元」などを可能にする新サービス提供へ

ロバート・キヨサキ氏「ビットコインの未来は明るい」投資・買い増しは慎重にとも説明

ロバート・キヨサキ氏「ビットコインの未来は明るい」投資・買い増しは慎重にとも説明

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

セカンドハウス共同所有支援の「Pacaso」仮想通貨決済に対応|BitPayと提携

Steam「仮想通貨・NFT関連のブロックチェーンゲーム配信」を禁止|Epic Gamesは歓迎

Steam「仮想通貨・NFT関連のブロックチェーンゲーム配信」を禁止|Epic Gamesは歓迎

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

スイスのデジタル資産銀行:ADA・DOT・XTZで利回りが得られる「SEBA Earn」提供開始

ビットポイント:国内初「ジャスミー(JMY)」と「ポルカドット(DOT)」取扱い開始

ビットポイント:国内初「ジャスミー(JMY)」と「ポルカドット(DOT)」取扱い開始

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す