ビットコインをマイクロチップで手に埋め込む日も近い「スウェーデンでは実用化済み」

by BITTIMES   

ビットコイン(bitcoin/BTC)を体内に埋め込んだマイクロチップのアプリに送金し、ウォレットアプリと連携して使用できる環境が整いました。マイクロチップを体内に埋め込む研究は、アメリカやスウェーデンで数年前から行われており、今年に入りスウェーデンがついに実用化していました。スウェーデン国鉄では、すでに手に埋め込まれたマイクロチップで決済を行い乗車可能になっています。

自動販売機メーカー「スリー・スクウェア・マーケット」

アメリカでは自動販売機メーカー「スリー・スクウェア・マーケット」がチップを取り入れており、従業員50人がチップを埋め込み済みで、社内の自動販売機でなら手をかざすだけでジュースが購入できる段階にまで来ています。
このマイクロチップは、米粒よりふた回りほど大きいサイズで、注射器で簡単に手に埋め込むことができます。また、チップが不要になった場合でも注射器で簡単に取り除くことができます。後はこのマイクロチップに、ビットコインのウォレット機能を搭載できれば、自分の体の一部を使って買い物ができるということです。

ビットコイン・マイクロチップの安全性

体内にマイクロチップを入れ込むのですから「体への悪影響」と「常時監視」など、安全性が気になりますが、この部分もすでにクリアされています。マイクロチップは、2004年にアメリカ食品医薬品局( FDA )が認可を出しています。また、その手軽さから医療行為というよりは、どちらかといえば「ピアス穴を開ける」程度の処置でチップの埋め込みは完了します。このチップには GPS機能はなく、プライバシーを他者に追跡されることはありません。
更に、体内にオフラインで埋め込まれているので、ビットコインのハードウォレット機能が搭載できれば、肌身離さず持ち運べる「世界一安全なハードウォレット」としての活用方法もありそうですね。また、チップ内のデータは暗号化されているので、ハッキングのリスクは少く安全だ。と言われています。ただ、現状のシステムでの暗号化システムは、完璧ではありませんので、暗号化の部分はブロックチェーン技術との組み合わせでうまく乗り越えることができそうですね。
もともとブロックチェーン技術は、「暗号化」を極めたシステムなので、今後このマイクロチップが一般化すれば、ビットコインの支払いには、スマートフォンすらも不要になります。暗号通貨を取り巻く技術の進化スピードが加速しているのを感じる話題でしたね。

ブロックチェーン技術の関連記事はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

iOS用ウォレットアプリ 「BRD」がビットコインキャッシュに対応

iOS用ウォレットアプリ 「BRD」がビットコインキャッシュに対応

ビットコイン決済対応の組織・団体「100,000社」以上に=Grayscale調査報告

ビットコイン決済対応の組織・団体「100,000社」以上に=Grayscale調査報告

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月11日〜17日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年8月11日〜17日

スイス食品メーカー:ブロックチェーンで「魚缶詰」を追跡|消費者に透明性ある情報を

スイス食品メーカー:ブロックチェーンで「魚缶詰」を追跡|消費者に透明性ある情報を

近日開催予定のブロックチェーンや仮想通貨のイベント|2018年6月

近日開催予定のブロックチェーンや仮想通貨のイベント|2018年6月

BINANCE CEO:Ripple社との提携「将来的には必ず実現したい」xRapid導入に関心

BINANCE CEO:Ripple社との提携「将来的には必ず実現したい」xRapid導入に関心

注目度の高い仮想通貨ニュース

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

コインチェックNEM流出事件:不正交換容疑で「医師・会社役員など約30人」を摘発

コインチェックNEM流出事件:不正交換容疑で「医師・会社役員など約30人」を摘発

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

日本暗号資産市場:日本円デジタルコインの流通などに向け「約4,000万円」の資金調達

ロシアの暗号資産取引所ライブコイン:ハッキング受け「事業閉鎖」を発表

ロシアの暗号資産取引所ライブコイン:ハッキング受け「事業閉鎖」を発表

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

ロシア最大手銀行:独自ステーブルコイン「2021年春に発行」の可能性

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

暗号資産市場全体の合計時価総額「100兆円」を突破|過去最高値を更新

ビットフライヤー:最大7万円相当のビットコインが当たる「2つのキャンペーン」開催

ビットフライヤー:最大7万円相当のビットコインが当たる「2つのキャンペーン」開催

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月3日〜9日

GMOコイン:ウォレットアプリに「暗号資産FX 急騰急落アラート」機能を追加

GMOコイン:ウォレットアプリに「暗号資産FX 急騰急落アラート」機能を追加

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

Zaif取扱いのフィスココイン(FSCC)韓国4位の取引所「ProBit」上場へ

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す