モナコイン(monacoin)高騰再び!1週間で価格は2倍以上に!

by BITTIMES

モナコインが先月の高騰以来再び、高騰をしています。
わずか 1週間で価格は 2倍以上をつけ、急騰真っ最中です。
原因としては、以前から当メディアがお伝えしていた bitFlyer社のアメリカ上陸の報道が広がり、徐々に価格を上げていったようです。
>>「bitFlyerアメリカ進出、規制当局の許可を34州で取得済み
上記記事でもお伝えしていますが、すでに bitFlyer社はアメリカ 34州で取引所許可を取得しており、暗号通貨グローバル企業として名乗りを上げています。
現在のところ、アメリカ大手取引所でモナコインをとり扱っているところはないので、アメリカでの注目度が集まれば更なる価格上昇が期待できるでしょう。
現状、アメリカ用公式サイトではモナコインノ取り扱いについては言及されていません。
モナコインには日本国内に「濃いファン」が昔から存在しており、すでに安定的に利用できる市場も確立されています。
そのような意味でいえば「健全な暗号通貨」と感じます。
日本産暗号通貨モナコインが、アメリカでモナコイン扇風を巻き起こせるのか?非常に楽しみです。
>>「モナコイン(monacoin)の高騰と今後「わずか10ヶ月で160倍に」
bitFlyer のモナコインの取引手数料は高額なため、モナコインを購入したい場合は、取引手数料が格安の「 Zaif 」がおすすめです。
登録は下記画像からどうぞ。
安全・安心な仮想通貨の取引所 Zaif の画像

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

スイスの大学がビットコインによる学費受付開始「仮想通貨大国への一歩」

スイスの大学がビットコインによる学費受付開始「仮想通貨大国への一歩」

世界最大の仮想通貨取引所「エアスワップ」が近い将来完成か?

世界最大の仮想通貨取引所「エアスワップ」が近い将来完成か?

COMSA(コムサ)上場から数時間でパニック状態に

COMSA(コムサ)上場から数時間でパニック状態に

コインチェックの仮想通貨交換事業社登録が遅れている理由

コインチェックの仮想通貨交換事業社登録が遅れている理由

ビットコインは詐欺なのか?「法定通貨は価値の裏付けがある」の真っ赤なウソ

ビットコインは詐欺なのか?「法定通貨は価値の裏付けがある」の真っ赤なウソ

仮想通貨法案2017年4月1日施行で取引所はどうなるのか

仮想通貨法案2017年4月1日施行で取引所はどうなるのか

注目度の高い仮想通貨ニュース

RippleNetとは?|各ソリューションの特徴や違い

RippleNetとは?|各ソリューションの特徴や違い

ゲームコインの問題解決を目指すプロジェクト|CEOは11歳?

ゲームコインの問題解決を目指すプロジェクト|CEOは11歳?

Rippleとサンタンデール銀行が提携し国際送金アプリを開発

Rippleとサンタンデール銀行が提携し国際送金アプリを開発

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

国内の仮想通貨取引に関する様々な情報を公開|金融庁

国内の仮想通貨取引に関する様々な情報を公開|金融庁

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

カカオ社がブロックチェーンの子会社を設立することを発表

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

仮想通貨の新しい保管方法|NFCチップ

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

韓国の首都ソウルは独自の仮想通貨を開発している

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

仮想通貨を実際に使用することが重要|金融広報中央委員会

Twitter(ツイッター)も仮想通貨関連の広告を禁止

Twitter(ツイッター)も仮想通貨関連の広告を禁止

財務省は仮想通貨の海外送金に新たなルールを明示する

財務省は仮想通貨の海外送金に新たなルールを明示する

Chronoswiss社がクリプトデザイン腕時計を限定販売

Chronoswiss社がクリプトデザイン腕時計を限定販売

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す