HTCのブロックチェーンスマホ:デフォルトブラウザとして「Brave(ブレイブ)」を採用

by BITTIMES   

ブロックチェーンスマートフォン「Exodus(エクソダス)」を開発している「HTC」は、デバイスの購入方法を仮想通貨決済に限定してビットコイン(BTC)などの使用を促進するだけでなく、暗号通貨ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)を取り入れたWebブラウザ「Brave(ブレイブ)」をデフォルトブラウザとして採用することを決定しました。

こちらから読む:複数の企業が開発中「ブロックチェーンスマートフォン」関連ニュース

Brave標準搭載が決定:Exodus

Brave(ブレイブ)の開発・運営を行なっている「Brave Software」のCEOであるBrendan Eich(ブレンダン・アイヒ)氏は、2018年12月9日に自身のTwitter上でBraveがExodusのデフォルトWebブラウザとして採用されたことを発表しました。

私たちはBraveがExodusのデフォルトブラウザとして採用されたこと、そしてHTCと共に働いて行けることを非常に嬉しく思います。

HTCが開発しているブロックチェーンスマートフォン「Exodus(エクソダス)」は、仮想通貨を自分の携帯電話で合理的に管理したいユーザーに焦点を当てて設計されており、複数の仮想通貨を管理することができる独自のハードウェアウォレット「Zion(ザイオン)」なども組み込まれています。

仮想通貨の保管・使用や分散型アプリケーション(DApps)の利用に特化したブロックチェーンスマートフォンのブラウザとして「Brave」を標準搭載することは理にかなっていると言えるでしょう。

ブロックチェーン搭載Webブラウザ:Brave

Brave Browser(ブレイブ・ブラウザー)は、Webブラウザの根本的な仕組みに改良を加え、コンテンツ提供者とブラウザ利用者との関わり方を新しいものへと変えるためにブロックチェーン技術を採用しています。このブラウザには広告をブロックする機能が標準装備されている他、コンテンツの製作者に仮想通貨ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)で寄付を行うことができる仕組みなども搭載されており、今後はウェブサイトを閲覧するユーザーにBTAでの報酬が支払われる仕組みも実装される予定となっています。

広告をブロックすることによって、悪質なWebサイトから保護されるだけでなく、サイトを表示する速度も格段に速くなっています。またBATによる報酬は広告の表示を許可したユーザーに対してその報酬として支払われる予定となっています。

Basic Attention Tokenは、2018年11月に米国最大の仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)が提供している「Coinbase Pro(コインベース・プロ)」での取り扱いが発表されたことによってさらに人気が高まっており、世界的にも注目される仮想通貨の一つとなっています。

現在Braveはまだ開発段階でもあるため、期待されている機能の全ては公開されていませんが、それらの機能が実際に利用可能になり「Exodus」でも利用できるようになれば、Webサイトの閲覧などに関する常識は大きく変わる可能性があります。これからさらに新しい発表が続くと予想される「Exodus」や「Brave」に関する最新情報はブロックチェーン革命の中でも特に注目すべき項目の一つであると言えるでしょう。

Basic Attention Token(BAT)の価格|2018年12月10日

Basic Attention Token(BAT)の価格は今月7日に「1BAT=14円」近くまで下落しており、2018年12月10日時点では「1BAT=16.26円」で取引されています。

2018年11月10日〜12月10日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2018年11月10日〜12月10日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NEM財団:Symbol(XYM)公開に向け「日本チーム」を強化

NEM財団:Symbol(XYM)公開に向け「日本チーム」を強化

HuobiがDAO(自律分散型組織)に向け本格始動

HuobiがDAO(自律分散型組織)に向け本格始動

ブロックチェーンは「金融業界」をどのように変えるのか?

ブロックチェーンは「金融業界」をどのように変えるのか?

不動産の「権利移転記録」にブロックチェーン技術活用へ|LIFULLが実証実験を開始

不動産の「権利移転記録」にブロックチェーン技術活用へ|LIFULLが実証実験を開始

仮想通貨の「奨学金」で学生支援|豪有名大学がセントラリティ(CENNZ)らと協力

仮想通貨の「奨学金」で学生支援|豪有名大学がセントラリティ(CENNZ)らと協力

ワクチン輸送を「ブロックチェーン・IoT」で安全に|偽造品問題などにも対処:StaTwig

ワクチン輸送を「ブロックチェーン・IoT」で安全に|偽造品問題などにも対処:StaTwig

注目度の高い仮想通貨ニュース

DMMビットコイン:国内初の新機能「BitMatch注文」提供へ

DMMビットコイン:国内初の新機能「BitMatch注文」提供へ

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

ビットバンク:日本円入金方法に「GMOあおぞらネット銀行」を追加

ビットバンク:日本円入金方法に「GMOあおぞらネット銀行」を追加

【重要】コインチェック「Facebookログイン機能」廃止へ|期日までに設定変更を

【重要】コインチェック「Facebookログイン機能」廃止へ|期日までに設定変更を

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

SBI e-Sports「スマブラ・FIFA部門」新設|選手年棒は暗号資産XRPで支給

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引の「新規口座開設」申込受付開始

CoinBest(コインベスト)暗号資産現物取引の「新規口座開設」申込受付開始

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

SBI:国内初の「STOビジネス」開始へ|eスポーツ子会社もセキュリティトークン発行

自民党:中央銀行デジタル通貨の導入・流通に向けた「法改正準備」求める

自民党:中央銀行デジタル通貨の導入・流通に向けた「法改正準備」求める

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

【印鑑×デジタル】ブロックチェーン押印記録システム「Iohan(イオハン)」登場

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」ベータ版を一般公開:Dapper Labs

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す