HTCのブロックチェーンスマホ:デフォルトブラウザとして「Brave(ブレイブ)」を採用

by BITTIMES   

ブロックチェーンスマートフォン「Exodus(エクソダス)」を開発している「HTC」は、デバイスの購入方法を仮想通貨決済に限定してビットコイン(BTC)などの使用を促進するだけでなく、暗号通貨ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)を取り入れたWebブラウザ「Brave(ブレイブ)」をデフォルトブラウザとして採用することを決定しました。

こちらから読む:複数の企業が開発中「ブロックチェーンスマートフォン」関連ニュース

Brave標準搭載が決定:Exodus

Brave(ブレイブ)の開発・運営を行なっている「Brave Software」のCEOであるBrendan Eich(ブレンダン・アイヒ)氏は、2018年12月9日に自身のTwitter上でBraveがExodusのデフォルトWebブラウザとして採用されたことを発表しました。

私たちはBraveがExodusのデフォルトブラウザとして採用されたこと、そしてHTCと共に働いて行けることを非常に嬉しく思います。

HTCが開発しているブロックチェーンスマートフォン「Exodus(エクソダス)」は、仮想通貨を自分の携帯電話で合理的に管理したいユーザーに焦点を当てて設計されており、複数の仮想通貨を管理することができる独自のハードウェアウォレット「Zion(ザイオン)」なども組み込まれています。

仮想通貨の保管・使用や分散型アプリケーション(DApps)の利用に特化したブロックチェーンスマートフォンのブラウザとして「Brave」を標準搭載することは理にかなっていると言えるでしょう。

ブロックチェーン搭載Webブラウザ:Brave

Brave Browser(ブレイブ・ブラウザー)は、Webブラウザの根本的な仕組みに改良を加え、コンテンツ提供者とブラウザ利用者との関わり方を新しいものへと変えるためにブロックチェーン技術を採用しています。このブラウザには広告をブロックする機能が標準装備されている他、コンテンツの製作者に仮想通貨ベーシックアテンショントークン(Basic Attention Token/BAT)で寄付を行うことができる仕組みなども搭載されており、今後はウェブサイトを閲覧するユーザーにBTAでの報酬が支払われる仕組みも実装される予定となっています。

広告をブロックすることによって、悪質なWebサイトから保護されるだけでなく、サイトを表示する速度も格段に速くなっています。またBATによる報酬は広告の表示を許可したユーザーに対してその報酬として支払われる予定となっています。

Basic Attention Tokenは、2018年11月に米国最大の仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)が提供している「Coinbase Pro(コインベース・プロ)」での取り扱いが発表されたことによってさらに人気が高まっており、世界的にも注目される仮想通貨の一つとなっています。

現在Braveはまだ開発段階でもあるため、期待されている機能の全ては公開されていませんが、それらの機能が実際に利用可能になり「Exodus」でも利用できるようになれば、Webサイトの閲覧などに関する常識は大きく変わる可能性があります。これからさらに新しい発表が続くと予想される「Exodus」や「Brave」に関する最新情報はブロックチェーン革命の中でも特に注目すべき項目の一つであると言えるでしょう。

Basic Attention Token(BAT)の価格|2018年12月10日

Basic Attention Token(BAT)の価格は今月7日に「1BAT=14円」近くまで下落しており、2018年12月10日時点では「1BAT=16.26円」で取引されています。

2018年11月10日〜12月10日 BATのチャート(画像:coingecko.com)2018年11月10日〜12月10日 BATのチャート(画像:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ニュージーランド銀行:ブロックチェーン技術の活用方法を検討

ニュージーランド銀行:ブロックチェーン技術の活用方法を検討

SegWit2xが抱える11の問題とは?

SegWit2xが抱える11の問題とは?

カカオ子会社Ground X:独自ブロックチェーン「クレイトン」のメインネット6月公開へ

カカオ子会社Ground X:独自ブロックチェーン「クレイトン」のメインネット6月公開へ

話題のブロックチェーンスマホが日本上陸「FINNEY™」販売開始:SIRIN LABS

話題のブロックチェーンスマホが日本上陸「FINNEY™」販売開始:SIRIN LABS

UASFユーザー・アクティベイテッド・ソフトフォークとは?

UASFユーザー・アクティベイテッド・ソフトフォークとは?

独自トークンを活用して渋滞問題を改善|Ford(フォード)

独自トークンを活用して渋滞問題を改善|Ford(フォード)

注目度の高い仮想通貨ニュース

CoinMarketCap:仮想通貨「デリバティブ市場」のデータ配信開始

CoinMarketCap:仮想通貨「デリバティブ市場」のデータ配信開始

新経済連盟×JBA「ブロックチェーン国家戦略に向けた提言」を関係大臣宛に提出

新経済連盟×JBA「ブロックチェーン国家戦略に向けた提言」を関係大臣宛に提出

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

世界トップ企業で「カルダノ活用」なるか|Cardano財団、PwCとマーケティング戦略

TOYOTA BLOCKCHAIN LAB:ブロックチェーン技術活用に向け「企業連携」を加速

TOYOTA BLOCKCHAIN LAB:ブロックチェーン技術活用に向け「企業連携」を加速

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月1日〜7日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月1日〜7日

資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」=警察庁報告

資金洗浄疑いの仮想通貨取引「令和元年は1,100件減少」=警察庁報告

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)が聖パトリック祭を開催!ゲームに参加してiPhone 11 Proやビットコインボーナスをゲット!

仮想通貨デリバティブ取引所Bybit(バイビット)が聖パトリック祭を開催!ゲームに参加してiPhone 11 Proやビットコインボーナスをゲット!

身体活動データで「仮想通貨マイニング」Microsoftが特許申請

身体活動データで「仮想通貨マイニング」Microsoftが特許申請

Huobi Japan:仮想通貨「レバレッジ取引サービス」提供へ

Huobi Japan:仮想通貨「レバレッジ取引サービス」提供へ

中央銀行の仮想通貨禁止命令は「憲法違反」インド最高裁判所

中央銀行の仮想通貨禁止命令は「憲法違反」インド最高裁判所

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

コインチェック:クアンタム(QTUM)の「取り扱い開始日」を発表

コインチェック:クアンタム(QTUM)の「取り扱い開始日」を発表

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】NEW

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す