ビットコイン大暴落!仮想通貨バブル崩壊か?その原因とは

by Akiko

ビットコイン(bitcoin/BTC)をはじめとする仮想通貨(暗号通貨)全体が大暴落しています。

暗号通貨の時価総額ランキングが確認できる coinmarketcap.com(コインマーケットキャップドットコム)でもご覧の通り "全通貨真っ赤か" の状態で、マイナス 20〜40% となっており目を瞑りたくなる状態が続いています。(17日 7:00 時点)

CoinMarketCap 時価総額ランキングの画像CoinMarketCap 時価総額ランキング(参照:CoinMarketCap

国内の仮想通貨取引所 coincheck(コインチェック)でも最大 40% 以上のマイナスとなっており、特に NEM / XEM(ネム)Ripple / XRP(リップル)が大きく値を下げています。
この両通貨の大幅な下落に関しては、日本国内に「ネムラー・リップラー」と呼ばれる NEM(XEM)と Ripple(XRP)のホルダー(保有者)が特に多く、一気に「狼狽売り(ロウバイウリ)」が起きていることが原因だと考えられおり、coincheck のチャット内では「仮想通貨終わった...」などの嘆きや痛々しいコメントが多く書き込みされています。

coincheck の取引通貨一覧の画像coincheck の取引通貨一覧(参照:coincheck

今回の仮想通貨大暴落の原因とは?

今回の仮想通貨(暗号通貨)全体の大暴落の原因は
ドイツ連邦銀行(中央銀行)のヨアヒム・ビュルメリング理事が 15日に "仮想通貨の規制を世界規模で行うべき" との考えを示し、フランクフルトでのイベントで「仮想通貨の規制において国ごとの規制効果は限定的であるため、国際的な協力を通じた規制のみが効果的だ」と述べたことと
仮想通貨取引所やマイニング、独自コインを発行して資金調達する ICO(イニシャル・コイン・オファリング)の規制が続く中国が「仮想通貨取り扱い禁止強化」をアナウンスしたことだと考えられています。]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ヘッジファンドを設立したプロ野球選手

仮想通貨ヘッジファンドを設立したプロ野球選手

Endor(エンドール)とは?|特徴と購入方法

Endor(エンドール)とは?|特徴と購入方法

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

日本銀行独自の仮想通貨発行の可能性は?|FinTechコンファレンス

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

マイニングコストを削減できる特許を出願|Intel(インテル)

bitFlyerとじぶん銀行が提携|記念キャンペーンも開催中

bitFlyerとじぶん銀行が提携|記念キャンペーンも開催中

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月18日〜24日

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

スマートコントラクトがテネシー州で法的に承認される

ネム(NEM/XEM)のカタパルトベータ版がリリース

ネム(NEM/XEM)のカタパルトベータ版がリリース

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

4月12日に多くの仮想通貨が高騰|待望の第二ラウンド開始か?

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

SBIがアプリ「My仮想通貨」をリリース!使い方・設定の解説

SBIがアプリ「My仮想通貨」をリリース!使い方・設定の解説

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す