【フィリピン初】中央銀行に許可された「仮想通貨ATM」を開発|UnionBank

by BITTIMES   

フィリピン最大の銀行の一つであるUnionBank(ユニオン・バンク)は、同国の中央銀行が定めている規制に準拠した「初の仮想通貨ATM」を開発していると報じられています。このマシンが正式に設置されれば、フィリピンの暗号通貨取引がより活発化すると期待されます。

こちらから読む:金融サービス大手が"RippleNet"に参加「フィリピン」関連ニュース

顧客の要望に応えた仮想通貨ATM

フォリピン最大の銀行の一つとして数えられる「UnionBank(ユニオン・バンク)」は、同国初となる「フィリピン中央銀行の規制に準拠した仮想通貨ATM」を開発していると伝えられています。

このプロジェクトは、同国の規制サンドボックス制度を利用したプロジェクトの一部であり、フィリピンの中央銀行である「bangko sentral ng pilipinas」との協力によって進められてきたと説明されています。

具体的に「どの仮想通貨を取引することができるか」については明らかにされていないものの、仮想通貨と法定通貨の取引が可能な「2WAY(双方向)タイプ」の仮想通貨ATMとなっていることが報告されており、「UnionBank」はこの仮想通貨ATMを導入することによって、仮想通貨の使用を望んでいる顧客の要望に応えることができると説明しています。

国際送金の「大幅なコスト削減」に期待

フィリピンでは出稼ぎのため国外に出て自国の家族に送金している人も多く、その人数は国民の10%に昇るとも報告されています。

送金市場においてフィリピンは、インド中国についで3番目に多くの送金を行なっていることでも知られているため、仮想通貨を取り入れることによって、送金時間や送金手数料などの問題を改善できると期待されています。

2017年に国外からフィリピンに送金された金額は「約326億ドル(約3.6兆円)」とされているため、これらの送金を仮想通貨で代用した場合には膨大な額のコストを削減できると期待されます。

中央銀行は仮想通貨の「不支持」を表明

「Bangko Sentral ng Pilipinas」は、この仮想通貨ATMの開発に協力してはいるものの「ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を支持するつもりはない」ということを強調しており「支払いや送金などの金融サービス」に仮想通貨ATMが使用された場合に規制を適応することを目的としていると説明しています。

報道によると、フィリピンの仮想通貨取引所が正式にサービスを提供するためには、仮想通貨取り扱い業者としての「登録証明書」を取得する必要があるとされています。また取引額などにもルールが定められており、企業は「それぞれの事業の性質、規模、複雑さに見合った内部統制システムを維持し、中央銀行によって発行された最低限の統制基準を遵守しなければならない」とのことです。

「Bangko Sentral ng Pilipinas」は、昨年11月時点で合計7つの仮想通貨取引所に暫定的なライセンスを発行しており、40種類以上のアプリケーションを評価していると伝えられています。

ビットコインATMは、アメリカオーストラリアロシアなどでも需要が高まっており、今後も設置台数が増加していくと予想されています。フィリピンの中央銀行は仮想通貨に対して厳しい姿勢を維持していますが、正式に認められた仮想通貨ATMが登場することによって、今後はフィリピンでも導入が加速する可能性があります。

ビットコイン(BTC)などの購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融機関の仮想通貨への関心高まる|2018年内にも急増か?

金融機関の仮想通貨への関心高まる|2018年内にも急増か?

Madonna:Rippleと協力して慈善活動「アフリカの子供たちに愛を」

Madonna:Rippleと協力して慈善活動「アフリカの子供たちに愛を」

Apple社「仮想通貨発行」の計画は無い|ティム・クックCEOが理由を説明

Apple社「仮想通貨発行」の計画は無い|ティム・クックCEOが理由を説明

ブロックチェーンベースの配車アプリ「TADA」ベトナム・カンボジアに事業拡大

ブロックチェーンベースの配車アプリ「TADA」ベトナム・カンボジアに事業拡大

LocalBitcoinsのビットコイン取引量、南米3カ国で「過去最高」を記録

LocalBitcoinsのビットコイン取引量、南米3カ国で「過去最高」を記録

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

注目度の高い仮想通貨ニュース

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

Ripple社CEO:中央銀行デジタル通貨開発における「相互運用性の重要性」を強調

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

アメリカ宇宙軍(USSF)ブロックチェーン企業「Xage Security」と提携

アメリカ宇宙軍(USSF)ブロックチェーン企業「Xage Security」と提携

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

COINAGE「1,500円もらえる!ビットコイン取引おためしキャンペーン」開催

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

ファイルコイン(FIL)ついに「メインネット」公開|暗号資産取引所にも続々と上場

ファイルコイン(FIL)ついに「メインネット」公開|暗号資産取引所にも続々と上場

物流倉庫向けブロックチェーン運送管理システム「Hacologi」を開発:中西金属工業

物流倉庫向けブロックチェーン運送管理システム「Hacologi」を開発:中西金属工業

JD.com子会社:CBDC開発で「中国人民銀行デジタル通貨研究所」と提携

JD.com子会社:CBDC開発で「中国人民銀行デジタル通貨研究所」と提携

コインチェック:アルトコイン取引所で「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

コインチェック:アルトコイン取引所で「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

米国で暗号資産関連の重要法案「デジタルコモディティ取引法・証券分明法」提出

暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Kraken(クラーケン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す