【フィリピン初】中央銀行に許可された「仮想通貨ATM」を開発|UnionBank

by BITTIMES   

フィリピン最大の銀行の一つであるUnionBank(ユニオン・バンク)は、同国の中央銀行が定めている規制に準拠した「初の仮想通貨ATM」を開発していると報じられています。このマシンが正式に設置されれば、フィリピンの暗号通貨取引がより活発化すると期待されます。

顧客の要望に応えた仮想通貨ATM

フォリピン最大の銀行の一つとして数えられる「UnionBank(ユニオン・バンク)」は、同国初となる「フィリピン中央銀行の規制に準拠した仮想通貨ATM」を開発していると伝えられています。

このプロジェクトは、同国の規制サンドボックス制度を利用したプロジェクトの一部であり、フィリピンの中央銀行である「bangko sentral ng pilipinas」との協力によって進められてきたと説明されています。

具体的に「どの仮想通貨を取引することができるか」については明らかにされていないものの、仮想通貨と法定通貨の取引が可能な「2WAY(双方向)タイプ」の仮想通貨ATMとなっていることが報告されており、「UnionBank」はこの仮想通貨ATMを導入することによって、仮想通貨の使用を望んでいる顧客の要望に応えることができると説明しています。

国際送金の「大幅なコスト削減」に期待

フィリピンでは出稼ぎのため国外に出て自国の家族に送金している人も多く、その人数は国民の10%に昇るとも報告されています。

送金市場においてフィリピンは、インド中国についで3番目に多くの送金を行なっていることでも知られているため、仮想通貨を取り入れることによって、送金時間や送金手数料などの問題を改善できると期待されています。

2017年に国外からフィリピンに送金された金額は「約326億ドル(約3.6兆円)」とされているため、これらの送金を仮想通貨で代用した場合には膨大な額のコストを削減できると期待されます。

中央銀行は仮想通貨の「不支持」を表明

「Bangko Sentral ng Pilipinas」は、この仮想通貨ATMの開発に協力してはいるものの「ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を支持するつもりはない」ということを強調しており「支払いや送金などの金融サービス」に仮想通貨ATMが使用された場合に規制を適応することを目的としていると説明しています。

報道によると、フィリピンの仮想通貨取引所が正式にサービスを提供するためには、仮想通貨取り扱い業者としての「登録証明書」を取得する必要があるとされています。また取引額などにもルールが定められており、企業は「それぞれの事業の性質、規模、複雑さに見合った内部統制システムを維持し、中央銀行によって発行された最低限の統制基準を遵守しなければならない」とのことです。

「Bangko Sentral ng Pilipinas」は、昨年11月時点で合計7つの仮想通貨取引所に暫定的なライセンスを発行しており、40種類以上のアプリケーションを評価していると伝えられています。

ビットコインATMは、アメリカオーストラリアロシアなどでも需要が高まっており、今後も設置台数が増加していくと予想されています。フィリピンの中央銀行は仮想通貨に対して厳しい姿勢を維持していますが、正式に認められた仮想通貨ATMが登場することによって、今後はフィリピンでも導入が加速する可能性があります。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

アルコー延命財団:ビットコインキャッシュの「寄付」を受け入れ|仮想通貨4銘柄に対応

アルコー延命財団:ビットコインキャッシュの「寄付」を受け入れ|仮想通貨4銘柄に対応

TelegramのGramに関する裁判「2020年」まで延期に

TelegramのGramに関する裁判「2020年」まで延期に

NiziU所属の韓国大手芸能事務所「NFT事業」参入へ|暗号資産取引所運営会社と提携

NiziU所属の韓国大手芸能事務所「NFT事業」参入へ|暗号資産取引所運営会社と提携

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

ロシアの世界遺産「エルミタージュ美術館」NFT芸術作品の展示会開催へ

ロシアの世界遺産「エルミタージュ美術館」NFT芸術作品の展示会開催へ

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

金融の歴史からみる「ビットコイン」BTCは未来通貨になるのか?イェール大学教授が解説

注目度の高い仮想通貨ニュース

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

ぺぺのカムバックを逃した?次のチャンスとして注目される仮想通貨

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

エドワード・スノーデン氏「ビットコイン急落」を一蹴|BTCはすでに底打ち状態?

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

Arkham「仮想通貨保有国のデータ集約ページ」公開|保有資産・取引履歴などを掲載

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

TikTok関連企業が「Suiブロックチェーン」を採用|BytePlus・Mysten Labsが提携

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

SHIB提携のD3:BTC半減期記念で「半額クーポンコード」発行|新ドメインも提供予定

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

ミームネータープレセール|ブルラン勃発で注目される投資機会

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

Animoca Brands Japan「NFTローンチパッド」提供へ|販売希望プロジェクトも募集

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

マツダ初のデジタルアートNFT「Meta-Mazda」Astar上でローンチ

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

米政府「200億円相当のビットコイン」売却か|シルクロード関連のBTCを移動

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

ビットトレード:投票で稼ぐアプリ「CRATOS(CRTS)」の運営企業と覚書締結

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

スクエニ出資のDMTP「トークン上場計画」を発表|プレゼントキャンペーンも開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す