【フィリピン初】中央銀行に許可された「仮想通貨ATM」を開発|UnionBank

by BITTIMES   

フィリピン最大の銀行の一つであるUnionBank(ユニオン・バンク)は、同国の中央銀行が定めている規制に準拠した「初の仮想通貨ATM」を開発していると報じられています。このマシンが正式に設置されれば、フィリピンの暗号通貨取引がより活発化すると期待されます。

こちらから読む:金融サービス大手が"RippleNet"に参加「フィリピン」関連ニュース

顧客の要望に応えた仮想通貨ATM

フォリピン最大の銀行の一つとして数えられる「UnionBank(ユニオン・バンク)」は、同国初となる「フィリピン中央銀行の規制に準拠した仮想通貨ATM」を開発していると伝えられています。

このプロジェクトは、同国の規制サンドボックス制度を利用したプロジェクトの一部であり、フィリピンの中央銀行である「bangko sentral ng pilipinas」との協力によって進められてきたと説明されています。

具体的に「どの仮想通貨を取引することができるか」については明らかにされていないものの、仮想通貨と法定通貨の取引が可能な「2WAY(双方向)タイプ」の仮想通貨ATMとなっていることが報告されており、「UnionBank」はこの仮想通貨ATMを導入することによって、仮想通貨の使用を望んでいる顧客の要望に応えることができると説明しています。

国際送金の「大幅なコスト削減」に期待

フィリピンでは出稼ぎのため国外に出て自国の家族に送金している人も多く、その人数は国民の10%に昇るとも報告されています。

送金市場においてフィリピンは、インド中国についで3番目に多くの送金を行なっていることでも知られているため、仮想通貨を取り入れることによって、送金時間や送金手数料などの問題を改善できると期待されています。

2017年に国外からフィリピンに送金された金額は「約326億ドル(約3.6兆円)」とされているため、これらの送金を仮想通貨で代用した場合には膨大な額のコストを削減できると期待されます。

中央銀行は仮想通貨の「不支持」を表明

「Bangko Sentral ng Pilipinas」は、この仮想通貨ATMの開発に協力してはいるものの「ビットコイン(BTC)などの仮想通貨を支持するつもりはない」ということを強調しており「支払いや送金などの金融サービス」に仮想通貨ATMが使用された場合に規制を適応することを目的としていると説明しています。

報道によると、フィリピンの仮想通貨取引所が正式にサービスを提供するためには、仮想通貨取り扱い業者としての「登録証明書」を取得する必要があるとされています。また取引額などにもルールが定められており、企業は「それぞれの事業の性質、規模、複雑さに見合った内部統制システムを維持し、中央銀行によって発行された最低限の統制基準を遵守しなければならない」とのことです。

「Bangko Sentral ng Pilipinas」は、昨年11月時点で合計7つの仮想通貨取引所に暫定的なライセンスを発行しており、40種類以上のアプリケーションを評価していると伝えられています。

ビットコインATMは、アメリカオーストラリアロシアなどでも需要が高まっており、今後も設置台数が増加していくと予想されています。フィリピンの中央銀行は仮想通貨に対して厳しい姿勢を維持していますが、正式に認められた仮想通貨ATMが登場することによって、今後はフィリピンでも導入が加速する可能性があります。

ビットコイン(BTC)などの購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Twitter CEO:ビットコイン保管用にハードウェアウォレット「Trezor」を選択

Twitter CEO:ビットコイン保管用にハードウェアウォレット「Trezor」を選択

ビットコイン「再び急落」の可能性|強気相場突入前に70万円台接触か

ビットコイン「再び急落」の可能性|強気相場突入前に70万円台接触か

米ワシントン州:ブロックチェーンと分散型台帳(DLT)の「法的有効性」正式に認可

米ワシントン州:ブロックチェーンと分散型台帳(DLT)の「法的有効性」正式に認可

イーサリアム、今後5年で「仮想通貨の王」に ー 格付け機関Weiss Ratings予想

イーサリアム、今後5年で「仮想通貨の王」に ー 格付け機関Weiss Ratings予想

インドの仮想通貨取引所「Enlte」リップル(Ripple/XRP)取り扱いへ

インドの仮想通貨取引所「Enlte」リップル(Ripple/XRP)取り扱いへ

ブロックチェーンで「スコッチ・ウィスキー」を追跡|酒造メーカーが蒸留酒の品質保証:スコットランド

ブロックチェーンで「スコッチ・ウィスキー」を追跡|酒造メーカーが蒸留酒の品質保証:スコットランド

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

Cardano商業化部門、EMURGOが「ドコモ5Gオープンパートナープログラム」に参加

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

公共・行政サービスへの「ブロックチェーン活用」を計画:トルコ政府2023年戦略

仮想通貨Gramは「未登録証券」米SECがテレグラム関連で緊急声明

仮想通貨Gramは「未登録証券」米SECがテレグラム関連で緊急声明

ジョン・マカフィー:イーサリアムべースの分散型取引所「McAfeeDex」を発表

ジョン・マカフィー:イーサリアムべースの分散型取引所「McAfeeDex」を発表

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「ステーキング」に対応

BINANCE:トロン(Tron/TRX)の「ステーキング」に対応

決済大手BitPay:2019年末までに「XRP」サポートへ|Ripple投資部門と提携

決済大手BitPay:2019年末までに「XRP」サポートへ|Ripple投資部門と提携

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

NBAサクラメント・キングス「限定版の仮想通貨グッズ」提供へ|CryptoKaijuと提携

ILCoinが「RIFT」を導入し、ブロックチェーン業界に革命をもたらす

ILCoinが「RIFT」を導入し、ブロックチェーン業界に革命をもたらす

Ford:ブロックチェーンやジオフェンシングで「空気が綺麗な都市」目指す

Ford:ブロックチェーンやジオフェンシングで「空気が綺麗な都市」目指す

Apple社「仮想通貨発行」の計画は無い|ティム・クックCEOが理由を説明

Apple社「仮想通貨発行」の計画は無い|ティム・クックCEOが理由を説明

イーサリアムトークンで予測ゲームに「報酬機能」追加へ:NBAサクラメントキングス

イーサリアムトークンで予測ゲームに「報酬機能」追加へ:NBAサクラメントキングス

Ethereum上のブロックチェーンドメイン「.crypto」登録受付開始:Unstoppable Domains

Ethereum上のブロックチェーンドメイン「.crypto」登録受付開始:Unstoppable Domains

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す