ブロックチェーンバトルゲーム「Crypto Fights」ビットコインSVへの移行を発表

by BITTIMES

イーサリアム(Ethereum/ETH)の技術に基づいたPvP型のターン制ブロックチェーンバトルゲームである「Crypto Fights(クリプトファイト)」は、ゲームをよりスケーラブルなものにし、機能をより強化するために、ゲーム内の一部情報をビットコイン・サトシビジョン(Bitcoin SV/BSV)のブロックチェーン上に移行させることを発表しました。同ゲームの開発メンバーは「BSVこそが本物のビットコイン」だと語っています。

こちらから読む:無料プレイもできるDAppsがTRONに登場「ゲーム」関連ニュース

Crypto Fights(クリプトファイト)とは

Crypto Fights(クリプトファイト)は、ブロックチェーンをベースとした「プレイヤー対プレイヤー(PvP)」で対戦することができるターン製のモバイルゲームです。このゲームはiOS、Android向けにリリースされる予定となっています。

PvP型のバトルゲーム

プレイヤーは、自分が育成したキャラクターを他のプレイヤーのキャラクターと対戦させることができるようになっており、キャラクターはバトルに勝利することで経験値を獲得して成長していきます。

また、キャラクターの能力やスキルはプレイヤー自身が自由に割り振りすることができるようになっており、武器や防具などのアイテムを様々な種類の中から選択して装備させることもできます。

アイテムは独自トークン「Enjin(ENJ)」として保管

ゲーム内で使用されるアイテムは、イーサリアムの技術に基づいた「Enjin(ENJ)」と呼ばれるトークンとして保存され、マーケットプレイスを通じて他のプレイヤーと売買することも可能です。

カスタマイズ可能な「3種類のキャラクター」

3Dで表現されているこのゲームは、自由度の高いゲームとなっており、キャラクターを作成する際には「人間/ドワーフ/エルフ」の3種族から選択できるだけでなく、外見も自由にカスタマイズすることができるようになっています。

種族によって能力にも違いがあるため、自分の好きなキャラクターをこだわって育成していくことができます。

武器・防具の種類も豊富

アイテムの希少度は「コモン/アンコモン/レア/エピック/レジェンダリー」という5段階に分けられており、「バトルアックス/ダガー/メイス」など、合計15種類のカテゴリーで分類されています。

アイテムによっては特殊能力を備えているものも存在するため、より強力なアイテムはそれなりの金額で取引されることが予想されます。

(画像:cryptofights.io)(画像:cryptofights.io)

ビットコインSVへの移行で「ゲーム機能をさらに強化」

当初の予定では「Crypto Fights」でのバトルはプラットフォームを拡張できるようにするために「Ethereumサイドチェーン」に基づくように設計されていましたが、今回の決定によってゲーム内アイテムはこれまで通り「Enjin(ENJ)」に保持したままにし、チェーン内のバトル情報は「Bitcoin SV(BSV)」のブロックチェーン上に記録するように変更されています。

ゲームの開発チームは、ビットコインSVを「オリジナルのビットコイン」だとみなしており、BSVのブロックチェーンを使用すれば、
・他の開発者による統合・拡張
eSportsの完全にオープンな分析
・ライブゲームに関するサードパーティのコミュニティ
・オープンな賭け
といった様々なことができるため、ユーザーにとって魅力的なものでもあると考えています。

ビットコインSVはオリジナルのビットコインです。BSVは、元のビットコインプロトコルを復元して、安定させると共により大規模なものにすることができます。

「Crypto Fights」の開発チームは、よりスケーラブルなプラットフォームを探し求めた結果として「ビットコインSV」にたどり着いたと説明しています。現在は様々なブロックチェーンプラットフォーム上でゲームが開発されていますが、「Crypto Fights」はイーサリアムとビットコインSVの利点をうまく使い分けてゲームを構成しています。

ブロックチェーンのアップデートが進み、新しいシステムが開発されていくことによって、今後もより魅力的なゲームが開発されていくことが期待されます。

「Crypto Fights」に関する詳しい情報は以下の公式サイトをどうぞ
>「Crypto Fights」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は、セキュリティ面でも安心できる仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TOYOTA BLOCKCHAIN LAB:ブロックチェーン技術活用に向け「企業連携」を加速

TOYOTA BLOCKCHAIN LAB:ブロックチェーン技術活用に向け「企業連携」を加速

SBIが台湾のブロックチェーンスタートアップに新たな出資|事業拡大が進む

SBIが台湾のブロックチェーンスタートアップに新たな出資|事業拡大が進む

Netflixで「アルトコイン」のドキュメンタリー番組放送か|仮想通貨業界の著名人が多数出演

Netflixで「アルトコイン」のドキュメンタリー番組放送か|仮想通貨業界の著名人が多数出演

MyEtherWalletでハッキング被害|被害額は1630万円相当?

MyEtherWalletでハッキング被害|被害額は1630万円相当?

伝説の投資家バフェット氏が「ビットコイン保有者」に|Tron CEO、食事会の内容を報告

伝説の投資家バフェット氏が「ビットコイン保有者」に|Tron CEO、食事会の内容を報告

ユヴェントスFCが「Sorare」に参加|イーサリアム上で選手カード発行へ

ユヴェントスFCが「Sorare」に参加|イーサリアム上で選手カード発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

人気アニメ「ドロヘドロ」のブロックチェーン証明書付きアート作品が登場:BlockPunk

人気アニメ「ドロヘドロ」のブロックチェーン証明書付きアート作品が登場:BlockPunk

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

投資家は未だ「強気姿勢」ビットコイン=60万円は価格モデルの範囲内

GMOコイン「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の取扱い開始

GMOコイン「ベーシックアテンショントークン(BAT)」の取扱い開始

BINANCE:板取引サービスで「南アフリカランド」をサポート

BINANCE:板取引サービスで「南アフリカランド」をサポート

ブロックチェーンで「バーボンウイスキー」をトークン化|投資可能なデジタル資産に

ブロックチェーンで「バーボンウイスキー」をトークン化|投資可能なデジタル資産に

【Ethereal Summit】イーサリアム関連のビッグイベント「VR空間上」で開催へ

【Ethereal Summit】イーサリアム関連のビッグイベント「VR空間上」で開催へ

ディーカレット:現物・レバレッジ取引の「API」提供開始

ディーカレット:現物・レバレッジ取引の「API」提供開始

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

Chiliz&Socios:スポーツテクノロジーアワードの「最終候補」に選出

ビットコインATM「ナイジェリア」に初導入|2020年末には30台設置へ

ビットコインATM「ナイジェリア」に初導入|2020年末には30台設置へ

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月22日〜28日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月22日〜28日

インド中央銀行:最高裁判所の「仮想通貨禁止令撤回」要求に異議

インド中央銀行:最高裁判所の「仮想通貨禁止令撤回」要求に異議

仮想通貨「タイムコイン」のIEO実施へ|タイムチケット子会社、大手取引所と基本契約

仮想通貨「タイムコイン」のIEO実施へ|タイムチケット子会社、大手取引所と基本契約

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す