来たる世界的な金融危機「ビットコインが安全な避難先に」マイケル・ノボグラッツ

by BITTIMES

仮想通貨投資会社Galaxy Digital(ギャラクシー・デジタル)のCEOであるMichael Novogratz(マイケル・ノボグラッツ)氏はアブダビで開催された「MENA Summit 2019」に出席した際に、ビットコイン(Bitcoin/BTC)の採用が世界的に進んでいることを改めて語り「次の金融危機が訪れた際にはビットコインが安全な避難先になる」ことを説明しました。

こちらから読む:"1BTC=220万円"はいつ?「ビットコイン」関連ニュース

ビットコインは「機関投資家向け」ではない?

Michael Novogratz(マイケル・ノボグラッツ)氏は「MENA Summit 2019」で複数の著名人たちと共に「ビットコインの将来」や「中国の影響」などといった、多くのことについて議論を交わしました。

ノボグラッツ氏は仮想通貨に対して強気な姿勢を維持し続けていることでも知られており、今回のサミットでも同様にビットコインを高く評価するコメントを語っています。しかし、ノボグラッツ氏と共にサミットに出席した他の著名人たちは、ノボグラッツ氏とは違い仮想通貨業界の将来をそれほど楽観的には捉えていないことを語りました。

多様な産業にわたる事業を管理する民間投資会社「Eldridge Industries」の会長であるTodd Boehly(トッド・ベーリー)氏は『ビットコインはまだ機関投資家向けの製品ではなく透明性の問題が主な懸念の要因になっている』と語りました。

金融危機は「ビットコイン価格」を押し上げる

ノボグラッツ氏はこれに対して反対意見を語り「エール大学・スタンフォード大学・ハーバード大学の投資家はすでに仮想通貨業界の一部となっており、それ自体が業界の発展を後押ししている」と説明しました。

仮想通貨業界には実際にこれらの多くの有名大学が参加してきており、イーサリアム(ETH)などのブロックチェーン技術を用いた分散型アプリケーション(DApps)の開発方法を学ぶための授業なども世界各地で行われています。

このように世界各地で仮想通貨の採用が進められていることを説明したノボグラッツ氏は「ビットコインは"本物のデジタルゴールド"になりつつあり、"本当に価値のある唯一の暗号資産"になろうとしている」と語り、本当の金融危機が訪れたら価格は急上昇することになるだろうと続けています。

ビットコインはデジタルゴールド、そして本当に価値のある唯一の暗号資産にありつつあります。これはミンスキー・モーメント(*1)に対するリスクヘッジです。

「株式が下落したからといって、ビットコインが上昇するわけではない」と人々は言いますが、本当の金融危機が起こり、国債や信託の破綻が起こり始めた場合、ビットコインの価格は急上昇することになるでしょう。

なぜならそれが信頼できるお金だからです。金を買うこともできますが、ビットコインは金にとって変わることになるでしょう。
(*1)ミンスキー・モーメント:投資家が保有している投機的ではないポジションさえも債務支払のために売却する必要に迫られ、市場で価格下落スパイラルと深刻な貨幣需要が生じる瞬間のこと

さらにノボグラッツ氏は、伝統的な金融機関でさえもこの事実を認識しており「それらの機関は仮想通貨をサポートするために自社のインフラを徐々にゆっくりと適応させている」とも語っています。

Fidelityやニューヨーク証券取引所といった大規模な機関では、お金持ちの人々や機関が自分の資産を「ビットコイン」として安全に保管するためのアーキテクチャが構築されつつあります。

政府が閉鎖したことによって対応は少し遅れましたが、2つの主要なカストディソリューションは今後2ヶ月以内には有効になる予定です。そして今年6月までには、各種機関やカナダ年金基金などが少額のビットコインを蓄積し始めるところを目の当たりにするでしょう。

私からすると、あなたの資産の資産の一部をビットコインに変換するのは簡単なことであるように感じられます。

Bitcoin(BTC)は「次の半減期」に向けて回復へ

ビットコインをはじめとする多くの仮想通貨の価格が80%以上の下落を見せたことによって、仮想通貨市場はこのまま崩壊するとの意見も見られていましたが、主要な仮想通貨の多くは一定のラインで価格を安定させており、これらの通貨を採用する企業も増加してきています。

また、価格下落によって一時的に停止されていたマイニングマシンも再稼働され始めたことも報告されており、業界では来年に控えている次の半減期に向けて今後は徐々にBTC価格も回復していくことになるだろうとの見方が強まってきています。

「歴史的な金融危機が起こる」との予測も以前から多くの専門家たちが語っているため、ノボグラッツ氏らが語っていることが現実になる可能性もあると考えられます。

2019年3月9日|ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、先月25日に415,000円近くまで下落して以降は横ばいの状態が続いており、2019年3月9日時点では「1BTC=434,679円」で取引されています。

2019年2月23日〜2019年3月9日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)2019年2月23日〜2019年3月9日 BTCのチャート(引用:coingecko.com)

ビットコイン(BTC)の購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【実業家・スポーツ選手】ビットコイン保有額「数億円相当」の可能性がある有名人

【実業家・スポーツ選手】ビットコイン保有額「数億円相当」の可能性がある有名人

MicroBTの新型マイニングマシン「700台」を導入:NASDAQ上場企業

MicroBTの新型マイニングマシン「700台」を導入:NASDAQ上場企業

ブロックチェーン×人工知能「ENDOR Protcol」公開!AIが予測する未来情報を人々に

ブロックチェーン×人工知能「ENDOR Protcol」公開!AIが予測する未来情報を人々に

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

プーチン大統領が暗号通貨反対を表明「深刻なリスク」を語る

Chiliz&Socios:世界初「サッカーアルゼンチン代表」のファントークン($ARG)発行へ

Chiliz&Socios:世界初「サッカーアルゼンチン代表」のファントークン($ARG)発行へ

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

Cardano企業向けバージョン作成に向けて|IOHK「Hyperledger Project」と「W3C」参加へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

銀行の暗号資産取扱いに関する「明確な規制」を準備:米連邦預金保険公社(FDIC)会長

銀行の暗号資産取扱いに関する「明確な規制」を準備:米連邦預金保険公社(FDIC)会長

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

米Square「個人・企業向けビットコインマイニングシステムの開発」を検討

Chiliz Exchange:Everton FCの「$EFCファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Everton FCの「$EFCファントークン」本日取引開始

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

SBI:日本初の「NFTアートオークション」開催へ|合計8作品を出品

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属プロバスケチーム「Phoenix Suns」と提携

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

EMURGO:カルダノ関連開発企業を支援する「110億円規模の投資ファンド」立ち上げ

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

SBI:NFT事業手がける「スマートアプリ」を子会社化|SBINFT株式会社に社名変更

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月26日〜10月2日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年9月26日〜10月2日

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

MetaMask(メタマスク)の「登録・導入・初期設定・復元方法」初心者向けにわかりやすく解説

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

BTCBOX:最大10万円が当たる「ちょっと早めのクリスマスプレゼント企画」を開始

コインチェック:シンボル(Symbol/XYM)の付与「2021年度中」に実施へ

コインチェック:シンボル(Symbol/XYM)の付与「2021年度中」に実施へ

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す