ノートルダム大聖堂に「仮想通貨」で寄付を|BTC・ETHなどによる支援活動広がる

by BITTIMES   

フランス・パリにある世界遺産「ノートルダム大聖堂」で大規模な火災が発生したことを受けて、現在は様々な企業や団体、個人などが寺院再建のための経済的支援を行なっています。これに伴い現在は仮想通貨業界でも寄付活動が積極的に行われています。

こちらから読む:ストリートアートに"仮想通貨革命"のメッセージ「フランス」関連ニュース

世界遺産「ノートルダム大聖堂」で大規模火災

フランス・パリのシテ島にあるローマ・カトリック教会の大聖堂である「ノートルダム大聖堂」は、2019年4月17日に発生した大規模な火災によって屋根の尖塔が崩落しました。

フランスのEmmanuel Macron(マニュエル・マクロン)大統領は、16日の夜にテレビでおよそ5分間ほど演説し「ノートルダム大聖堂を今後5年以内に修復する」という意思を表明しました。

世界遺産でもあるノートルダム大聖堂の修復には多額の費用が必要とされるとため、すでに非常に多くの人々が巨額の寄付を行うと発表しており、Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)やDior(ディオール)などのブランドを有しているLVMH(エルヴェエムアッシュ)とグループの大株主であるアルノー家が約2億ユーロ(約253億円)を寄付すると発表している他、フランスの富豪であるフランソワ・アンリ・ピノー(François-Henri Pinault)氏も約1億ユーロ(約130億円)を寄付すると発表しています。

仮想通貨業界でも寄付活動が進む

今回の火災に伴い、仮想通貨業界でも同様に寄付活動が進められています。

コインテレグラフ主催のイベント「BlockShow」

大手仮想通貨メディア「Cointelegraph(コインテレグラフ)」が主催する国際的なブロックチェーンイベント「BlockShow(ブロックショー)」も、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)を通じてノートルダム大聖堂の再建のために寄付を募ることを発表しています。

🇫🇷🆘ノートルダム大聖堂を再建するための募金キャンペーンを発表します。

法定通貨または、
🔹BTC:1F6Y9zcgYiThUG9xDXYGhEziVWzBgDcVv3
🔹ETH:0xA9FaCAf7Ba4D9CDaCCa2A9aaedd0D1C242451360
で寄付を行なった全ての方に「BlockShowのチケット」をギフトとして送ります。🎟

ブロックチェーンジャーナリスト「Gregory Raymond」

また、フランスのブロックチェーンジャーナリストであり、有名なビットコイン支持者でもあるGregory Raymond(グレゴリー・レイモンド)氏もTwitter上で寄付を募っており「フランス当局にビットコインが国境を超えた素晴らしい通貨であることを証明しよう」と語っています。

マニュエル・マクロン大統領は、ノートルダム大聖堂を再建するための寄付を呼びかけています。
ビットコイナーの皆さん、フランス当局に「ビットコインは国境を超えて迅速に資金を送るための素晴らしい手段」であることを証明しましょう。
1JX3k1e1acXENqoKqaAtKKEdE9C2j4WsDB

送金手数料などを安く抑えつつ、素早く世界中に送金することができる仮想通貨は、これまでにも様々な慈善活動などで使用されてきましたが、今回も同様にこれらの機能性が積極的に役立てられています。

ビットコイン(BTC)などの購入は取引システムの安定性などでも評価の高い暗号資産取引所ビットバンクからどうぞ

bitbankの画像暗号資産取引所ビットバンクの登録はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:シンガポールで「法定通貨対応」の仮想通貨取引所を設立

BINANCE:シンガポールで「法定通貨対応」の仮想通貨取引所を設立

STEPN(ステップン)中国居住者向けサービス停止を発表|GMT・GST価格は下落

STEPN(ステップン)中国居住者向けサービス停止を発表|GMT・GST価格は下落

米SEC委員長候補ゲンスラー氏:公聴会で「暗号資産関連の取り組み」について発言

米SEC委員長候補ゲンスラー氏:公聴会で「暗号資産関連の取り組み」について発言

Socios.com:NBAチーム「Detroit Pistons(デトロイト・ピストンズ)」と提携

Socios.com:NBAチーム「Detroit Pistons(デトロイト・ピストンズ)」と提携

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年6月ニュースレター

暗号資産デリバティブ取引所「Overbit」2021年6月ニュースレター

ブロックチェーンの学生向けオンラインコースを開始|インドとIBMが協力

ブロックチェーンの学生向けオンラインコースを開始|インドとIBMが協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

スターバックス:Polygon・NFT活用の新サービス「Starbucks Odyssey」を発表

スターバックス:Polygon・NFT活用の新サービス「Starbucks Odyssey」を発表

Kraken:ジェシー・パウエルCEOが退任|新CEOはデイブ・リプリー氏

Kraken:ジェシー・パウエルCEOが退任|新CEOはデイブ・リプリー氏

ビットバンク:カルダノ(Cardano/ADA)の取扱開始日を発表

ビットバンク:カルダノ(Cardano/ADA)の取扱開始日を発表

ビットバンク:現金1,000円がもらえる「はじめてのご入金プログラム」開始

ビットバンク:現金1,000円がもらえる「はじめてのご入金プログラム」開始

LINE:NFT総合マーケットプレイスで「NFT無料配布機能」提供へ

LINE:NFT総合マーケットプレイスで「NFT無料配布機能」提供へ

GMOコイン:初回年率30%「貸暗号資産プレミアム」サービス提供開始

GMOコイン:初回年率30%「貸暗号資産プレミアム」サービス提供開始

Coincheck NFT「Ethereum Name Service(ENS)」取扱いへ

Coincheck NFT「Ethereum Name Service(ENS)」取扱いへ

【重要】Liquid by FTX:現物取引サービス(取引所・クイック販売所)終了へ

【重要】Liquid by FTX:現物取引サービス(取引所・クイック販売所)終了へ

LiveLike社:新ブロックチェーン「Chiliz Chain 2.0」に参加する初の企業に

LiveLike社:新ブロックチェーン「Chiliz Chain 2.0」に参加する初の企業に

Bitget:現物取引手数料をゼロに|30万ドルと1億LUNCの報酬山分けキャンペーンも

Bitget:現物取引手数料をゼロに|30万ドルと1億LUNCの報酬山分けキャンペーンも

大手暗号資産取引所BINANCE「日本市場への参入」再検討か=報道

大手暗号資産取引所BINANCE「日本市場への参入」再検討か=報道

Coinbase Japan:新たに「暗号資産5銘柄の取引」に対応

Coinbase Japan:新たに「暗号資産5銘柄の取引」に対応

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アルゴランド(Algorand/ALGO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

フレア(Flare/FLR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

クレイトン(Klaytn/KLAY)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

FTXトークン(FTX Token/FTT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

元素騎士メタバース(MV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す