ノートルダム大聖堂に「仮想通貨」で寄付を|BTC・ETHなどによる支援活動広がる

by BITTIMES

フランス・パリにある世界遺産「ノートルダム大聖堂」で大規模な火災が発生したことを受けて、現在は様々な企業や団体、個人などが寺院再建のための経済的支援を行なっています。これに伴い現在は仮想通貨業界でも寄付活動が積極的に行われています。

こちらから読む:ストリートアートに"仮想通貨革命"のメッセージ「フランス」関連ニュース

世界遺産「ノートルダム大聖堂」で大規模火災

フランス・パリのシテ島にあるローマ・カトリック教会の大聖堂である「ノートルダム大聖堂」は、2019年4月17日に発生した大規模な火災によって屋根の尖塔が崩落しました。

フランスのEmmanuel Macron(マニュエル・マクロン)大統領は、16日の夜にテレビでおよそ5分間ほど演説し「ノートルダム大聖堂を今後5年以内に修復する」という意思を表明しました。

世界遺産でもあるノートルダム大聖堂の修復には多額の費用が必要とされるとため、すでに非常に多くの人々が巨額の寄付を行うと発表しており、Louis Vuitton(ルイ・ヴィトン)やDior(ディオール)などのブランドを有しているLVMH(エルヴェエムアッシュ)とグループの大株主であるアルノー家が約2億ユーロ(約253億円)を寄付すると発表している他、フランスの富豪であるフランソワ・アンリ・ピノー(François-Henri Pinault)氏も約1億ユーロ(約130億円)を寄付すると発表しています。

仮想通貨業界でも寄付活動が進む

今回の火災に伴い、仮想通貨業界でも同様に寄付活動が進められています。

コインテレグラフ主催のイベント「BlockShow」

大手仮想通貨メディア「Cointelegraph(コインテレグラフ)」が主催する国際的なブロックチェーンイベント「BlockShow(ブロックショー)」も、ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)を通じてノートルダム大聖堂の再建のために寄付を募ることを発表しています。

🇫🇷🆘ノートルダム大聖堂を再建するための募金キャンペーンを発表します。

法定通貨または、
🔹BTC:1F6Y9zcgYiThUG9xDXYGhEziVWzBgDcVv3
🔹ETH:0xA9FaCAf7Ba4D9CDaCCa2A9aaedd0D1C242451360
で寄付を行なった全ての方に「BlockShowのチケット」をギフトとして送ります。🎟

ブロックチェーンジャーナリスト「Gregory Raymond」

また、フランスのブロックチェーンジャーナリストであり、有名なビットコイン支持者でもあるGregory Raymond(グレゴリー・レイモンド)氏もTwitter上で寄付を募っており「フランス当局にビットコインが国境を超えた素晴らしい通貨であることを証明しよう」と語っています。

マニュエル・マクロン大統領は、ノートルダム大聖堂を再建するための寄付を呼びかけています。
ビットコイナーの皆さん、フランス当局に「ビットコインは国境を超えて迅速に資金を送るための素晴らしい手段」であることを証明しましょう。
1JX3k1e1acXENqoKqaAtKKEdE9C2j4WsDB

送金手数料などを安く抑えつつ、素早く世界中に送金することができる仮想通貨は、これまでにも様々な慈善活動などで使用されてきましたが、今回も同様にこれらの機能性が積極的に役立てられています。

ビットコイン(BTC)などの購入はレバレッジ取引も提供している仮想通貨取引所Liquidからどうぞ。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano財団「アンバサダープログラム第2弾」を開始|認定大使にADA報酬を付与

Cardano財団「アンバサダープログラム第2弾」を開始|認定大使にADA報酬を付与

ベルリンでブロックチェーン研究が急成長|開発者が集う中心地に

ベルリンでブロックチェーン研究が急成長|開発者が集う中心地に

Starbucks「ビットコインでは購入できません」話題の報道を否定

Starbucks「ビットコインでは購入できません」話題の報道を否定

ビットコイン開発者が「Lightning Networkの脆弱性」を指摘|資金喪失の可能性も

ビットコイン開発者が「Lightning Networkの脆弱性」を指摘|資金喪失の可能性も

米Kraken「欧州地域でのライセンス取得」を計画|2021年内実現の可能性も

米Kraken「欧州地域でのライセンス取得」を計画|2021年内実現の可能性も

ジョン・マカフィー:独自の仮想通貨「McAfee Freedom Coin」発行へ

ジョン・マカフィー:独自の仮想通貨「McAfee Freedom Coin」発行へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

Chiliz Exchange:アーセナルFCの「$AFCファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:アーセナルFCの「$AFCファントークン」本日取引開始

Mastercard:ブロックチェーン・仮想通貨分析企業「CipherTrace」の買収を完了

Mastercard:ブロックチェーン・仮想通貨分析企業「CipherTrace」の買収を完了

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

Kraken:日本国内初の「米ドル・ユーロ建て仮想通貨取引ペア」を追加

SQUARE ENIX初のNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」発売日が決定

SQUARE ENIX初のNFTデジタルシール「資産性ミリオンアーサー」発売日が決定

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

IOST「日本ブロックチェーン協会(JBA)」の正会員に加盟

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

NFTアイコン販売サービス「iconee」キャラクター権利元企業からの事前申込受付開始

与沢 翼氏:YouTubeで「シンボル(XYM)の魅力に関する動画シリーズ」投稿開始

与沢 翼氏:YouTubeで「シンボル(XYM)の魅力に関する動画シリーズ」投稿開始

GMOコイン「NEM保有者に対するシンボル(XYM)付与の予定日」を発表

GMOコイン「NEM保有者に対するシンボル(XYM)付与の予定日」を発表

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

米Coinbase:自分の仮想通貨口座に「給与を直接入金できる新機能」提供へ

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

SBI「デジタル資産特化型ベンチャーファンド」設立|投資先企業のSTOも支援

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す