ブロックチェーン使う米国小売業者、2023年末には「15,000社」に増加:英調査会社予測

by BITTIMES

通信業界や金融業界などにおいて有数なイギリスの調査会社「Juniper Research(ジュニパー・リサーチ)」社は、ブロックチェーン技術を使用する小売業者は「2018~2023年末までにアメリカだけでも7,500%増加し、その数は15,000社にも達する」と予測しています。また、ブロックチェーン開発企業への独自の格付けでは「IBM」や「ネム(NEM/XEM)」などを高く評価しています。

こちらから読む:NIKEが"CRYPTOKICKS"の商標提出「ブロックチェーン」関連ニュース

ブロックチェーンと「小売市場」に関する調査報告

イギリスに拠点を構える調査会社「Juniper Research(ジュニパー・リサーチ)」社は、通信・プロバイダー・金融業界に至るまでの様々な分野の調査を行なっています。同社は2019年3月26日にブロックチェーン技術と小売業市場に関する新たなレポートを発表しました。

同レポートによると、現在「Alibaba(アリババ)」や「JD.com」のような大手企業はクラウド上でブロックチェーンのサービスを提供するBaaS(Blockchain as a Servise/バース)と呼ばれる独自プラットフォームを立ち上げていると報告されています。

またその一方では「Walmart(ウォルマート)」のようにブロックチェーン専門プロパイダー業者との提携を選択する企業も増加傾向にあると伝えられています。

このようにブロックチェーン技術を使う小売業者は年々増え続けているため、2023年末までにはアメリカ国内だけでも15,000社にも達するだろうと予測されています。これは2018~2023年の6年間で7,500%以上も増加する計算となっています。

また、小売業においてブロックチェーン技術の持つ特徴をモノや財産を追跡する「アセットトラッキング」の分野で適用させれば2023年までの年間収益額は45億ドル(約5,036億円)にも達する見込みだと予測されています。

「IBM」や「NEM」などに高評価

ブロックチェーン技術の多様性は多岐に渡り「サプライチェーンの透明性」「顧客ロイヤリティ管理」「業務効率の改善」をも小売業者にもたらし、他の分野より早くブロックチェーンの採用が進むとされています。

また同社は「俊敏性/存在感/イノベーション」などの独自評価に基づいて17社のブロックチェーン企業を対象に格付けを行っています。この格付けによるランキングは以下のような順番となっています。

  1. IBM
  2. Digital Asset(デジタルアセット社)
  3. ネム(NEM/XEM)
  4. Applied Blockchain(アプライド・ブロックチェーン社)
  5. R3

この中でも特にIBMは、その開発の取組み度合や、パートナーシップ、商用展開などからブロックチェーン技術の大手プロパイダーの地位を確立していると高い評価を受けています。

小売業界の間でも既にブロックチェーンの実装に取り組んでいる企業は存在していますが主な理由としてはコスト削減、流通においての透明性の向上などの目的が挙げられています。これらの改善は小売業にとって常に重要課題となるためブロックチェーンを採用する企業は今後も増加するものと予想されます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

トランプ大統領:ビットコイン否定派のJPモルガンCEOは「知性に欠ける」

トランプ大統領:ビットコイン否定派のJPモルガンCEOは「知性に欠ける」

仮想通貨先進国オーストラリアがICOへの規制を強化

仮想通貨先進国オーストラリアがICOへの規制を強化

【アナリスト予想】ビットコイン価格、1万ドルから「さらに25%下落」の可能性

【アナリスト予想】ビットコイン価格、1万ドルから「さらに25%下落」の可能性

BINANCE:ユーロ(EUR)の取引ペア「6種類」を追加

BINANCE:ユーロ(EUR)の取引ペア「6種類」を追加

ロシア連邦中央銀行「ステーブルコイン」のテスト開始|独自通貨発行の可能性も調査

ロシア連邦中央銀行「ステーブルコイン」のテスト開始|独自通貨発行の可能性も調査

注目度の高い仮想通貨ニュース

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

BINANCE:新通貨PUNDIX対応に向け「NPXSの取引サービス」を停止

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ナイジェリア中央銀行「国民の暗号資産取引を禁止したわけではない」と説明

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月4日〜10日

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

米SEC元委員長のクレイトン氏「暗号資産運用会社の規制諮問委員会」に参加

ADA・DOT・ETH価格「20〜30倍上昇」の可能性:FD7 Ventures創設者

ADA・DOT・ETH価格「20〜30倍上昇」の可能性:FD7 Ventures創設者

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

スイスの暗号資産取引所Lykke「XRP取引サービスの再開」を決定

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

個人・事業者を支援する報酬プログラム「JPYC Grant」提供開始:日本暗号資産市場社

個人・事業者を支援する報酬プログラム「JPYC Grant」提供開始:日本暗号資産市場社

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

Theta Labs「メインネット3.0の公開延期」を発表|THETA価格は1,200円付近まで下落

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す