リップル(XRP)価格高騰!Coinbase「規制厳しい」NY州で取引サービス提供へ

by BITTIMES

アメリカを本拠とする大手仮想通貨取引所Coinbase(コインベース)は、厳しい規制を理由にこれまで取り扱う暗号資産が限られていたニューヨーク州でリップル(Ripple/XRP)が取引できるようになったことを発表しました。この発表を受けてXRPの価格は過去24時間で「23.5%」高騰しています。

こちらから読む:XRP基軸取引所、クレジットカード対応へ「仮想通貨取引所」関連ニュース

ニューヨーク州で「XRP」の取引が可能に

アメリカを拠点に世界53カ国向けに仮想通貨取引サービスを提供している大手仮想通貨取引所「Coinbase(コインベース)」は、ニューヨークに住む人々が同社のサービスで仮想通貨エックスアールピー(XRP)を取引できるようになったことを2019年5月13日に発表しました。

XRPは現在、ニューヨーク在住のCoinbaseユーザーでも取引することができます。ニューヨークに住む人々は「http://Coinbase.com」にログインするか、当社のiOS・Androidアプリを使用して、XRPを購入、販売、変換、送信、受信、保管することができます。

XRPが取引可能になったことによって、ニューヨークで取引可能な仮想通貨は、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ライトコイン(Litecoin/LTC)
リップル(Ripple/XRP)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)
の6通貨となりました。

NYで「XRP取引」が可能になることの重要性

ニューヨーク州は米国で4番目に人口の多い州ではあるものの、仮想通貨には厳しい規制を定めているため、取り扱える仮想通貨の種類はその他の州に比べると限られていました。

アメリカでは、米商品先物取引委員会(CFTC)が「仮想通貨のデリバティブ」を監督しており、各州の規制当局が「仮想通貨の現物取引」を管轄しています。"金融の中心地"とも言われるニューヨーク州では「ニューヨーク金融サービス局(NYDFS)」が仮想通貨関連サービスを提供するためのライセンスである「BitLicense(ビットライセンス)」を定めています。

このビットライセンスは日本の「仮想通貨事業者免許」のようなものですが、ビットライセンスを取得するための審査は非常に厳しいことでも知られており、仮想通貨関連のサービスを提供する企業もニューヨークを除いた地域でサービスを提供している場合がよくあります。

このような状況の中で今回「XRP取り扱い」がニューヨークでも可能になったことは非常に重要なことでもあるため、仮想通貨業界では今回の発表に注目が集まっており、今回の報道の後にXRPの価格は大きく上昇しています。XRPは今や国際送金だけでなく、個人間での日常的な送金などでも気軽に利用できるようになってきているため、今後も世界中で幅広く利用されていくことになると予想されます。

2019年5月14日|エックスアールピー(XRP)の価格

エックスアールピー(XRP)の価格は本日14日の午前10時頃から大幅に上昇しており、午後17時時点では「1XRP=42.64円」で取引されています。過去24時間の上昇率は「23.4%」となっており、過去14日間の上昇率は「31.5%」となっています。

2019年5月7日〜2019年5月14日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)2019年5月7日〜2019年5月14日 XRPのチャート(引用:coingecko.com)

エックスアールピー(XRP)は仮想通貨取引所Liquidなどから購入することができます。

仮想通貨取引所Liquidの画像 仮想通貨取引所Liquidの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

eToro:プレミアリーグの7チームと提携!契約金はビットコイン払い

eToro:プレミアリーグの7チームと提携!契約金はビットコイン払い

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

農産物のサプライチェーン管理に「ブロックチェーン活用」を提案|マクロン大統領

農産物のサプライチェーン管理に「ブロックチェーン活用」を提案|マクロン大統領

BINANCE:アフリカ向けの仮想通貨・法定通貨決済アプリ「Bundle」を発表

BINANCE:アフリカ向けの仮想通貨・法定通貨決済アプリ「Bundle」を発表

Facebookの独自仮想通貨「VISA・Mastercard・Uber」など12社以上が支援=WSJ報道

Facebookの独自仮想通貨「VISA・Mastercard・Uber」など12社以上が支援=WSJ報道

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年6月30日〜7月6日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年6月30日〜7月6日

注目度の高い仮想通貨ニュース

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

バイデン政権移行チーム:暗号資産に詳しいゲンスラー氏を「米SEC委員長」に正式指名

ビットポイント「ビットコインがもらえる!~取引でぬくぬく越冬キャンペーン」開始

ビットポイント「ビットコインがもらえる!~取引でぬくぬく越冬キャンペーン」開始

著名トレーダーが語る「2021年注目のアルトコイン」DeFi・WEB3.0・ゲームなど

著名トレーダーが語る「2021年注目のアルトコイン」DeFi・WEB3.0・ゲームなど

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

仮想通貨の収支計算代行料「1万円割引キャンペーン」開催:CryptoLinC × DeCurret

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

ビットバンク「クアンタム(QTUM)」取扱いへ|取引可能な暗号資産は合計8銘柄に

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

ブロックチェーンアプリケーションの「開発・運用支援サービス」開始:Zofuku

ブロックチェーンアプリケーションの「開発・運用支援サービス」開始:Zofuku

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ビットポイント:取扱う暗号資産全6種類で「即時出金」に対応|送金手数料も無料

ポルノハブ:DOGE・BNB・USDCなど「3種類の仮想通貨決済」に新規対応

ポルノハブ:DOGE・BNB・USDCなど「3種類の仮想通貨決済」に新規対応

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

Crypto.com・BITTREXも「XRPの上場廃止」を発表|米SECのRipple社提訴受け

ギャラクシーデジタル:マイニング専門のビジネスユニット「Galaxy Digital Mining」立ち上げ

ギャラクシーデジタル:マイニング専門のビジネスユニット「Galaxy Digital Mining」立ち上げ

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

米SEC:Ripple社を正式に起訴|一部取引所からは「XRP取引停止」の発表も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す