コインチェック流出事件の被害者が1900万円分の返還を請求

by BITTIMES

コインチェックからの NEM 流出事件を受けて、顧客の男女5人と法人2社が、約1900万円分の仮想通貨の返還を求めて東京地裁に提訴しました。

訴状によると、原告は今年1月に流出が発覚するまで、ネムやリップルビットコインなどの各種仮想通貨をコインチェックに預けていたとのことで、仮想通貨の返還の見通しが立っていないことから「原告の財産が損なわれる可能性が高い」と主張しています。

以前紹介した「コインチェック被害者対策弁護団」によると、現在も事件の被害者からの相談が相次いでいるため、今月下旬には追加提訴する方針とのことです。

日本国内での集団訴訟は全国初となった今回ですが、ハッキング被害を受け2014年に経営破綻したMTGOX(マウントゴックス)を相手取り訴訟を起こした事例もあります。
マウントゴックス社の過失に対する裁判やその他の訴訟等一連の裁判は4年経った現在も続いており、収束の目処は未だ立っていません。

先日ようやく日本円の出金を開始した同社ですが、今後はこういった対応にも追われることになります。今回のNEM流出事件が落ち着くにはまだまだ時間がかかるようです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Binanceがハッカーの資金を凍結しチャリティーに寄付

Binanceがハッカーの資金を凍結しチャリティーに寄付

ビットコインで退職金「元米国大統領候補Ron Paul氏がCM出演」

ビットコインで退職金「元米国大統領候補Ron Paul氏がCM出演」

ビットコイン価格が100万円を超えて海外情報番組では…

ビットコイン価格が100万円を超えて海外情報番組では…

仮想通貨投資ができるリヒテンシュタインの銀行

仮想通貨投資ができるリヒテンシュタインの銀行

Bitcoinは世界の単一通貨になる|Twitter CEO

Bitcoinは世界の単一通貨になる|Twitter CEO

コインチェックがアクセス制限、1BTC=100万円の表記も

コインチェックがアクセス制限、1BTC=100万円の表記も

注目度の高い仮想通貨ニュース

インターネット不要|CoinTextのベータ版がリリース

インターネット不要|CoinTextのベータ版がリリース

仮想通貨オーブス(ORBS)とは?|特徴や購入方法と今後

仮想通貨オーブス(ORBS)とは?|特徴や購入方法と今後

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

ビットバンクがスマホ向けアプリ提供開始|キャンペーンも開催中

ビットバンクがスマホ向けアプリ提供開始|キャンペーンも開催中

リップル(XRP)の今後に影響大?|upholdにXRP追加

リップル(XRP)の今後に影響大?|upholdにXRP追加

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

カザフスタン中央銀行は仮想通貨の厳しい規制を望む

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

ブロックチェーン技術の持つ可能性に期待|Audi(アウディ)

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

インターレジャープロトコル(ILP)とは?|リップル(Ripple/XRP)

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

仮想通貨ニュース週間まとめ|3月25日〜31日

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

ブロックチェーンだけではプライバシー問題を解決できない?

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

マルタブロックチェーンサミット2018とは?

イーサリアム(ETH)開発者がアップグレード提案を公開

イーサリアム(ETH)開発者がアップグレード提案を公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す