ビットコイン価格「95万円」まで回復|アルトコイン売りでさらなる上昇の可能性も

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、今月始め頃に大幅な下落が見られたことによって50万円台まで下落する可能性もあると言われていましたが、6月10日に82万円まで下落して以降は徐々に回復してきており、本日15日には再び90万円台に達しています。記事執筆時点では94万円前後で停滞を続けていますが、仮想通貨市場に詳しい専門家たちは今後もさらに価格が上昇する可能性があると予想しています。

こちらから読む:BTCの女性ユーザーが増加中?「ビットコイン」関連ニュース

BTC価格「95万円」まで回復|短期的には一度下落か

ビットコイン(BTC)の価格は、2019年6月10日に82万円近くまで下落して以降徐々に回復しており、本日15日には本格的に90万円台にまで回復しました。午前8時頃には95万円近くまで回復しましたが、その後は93万円〜95万円の間で停滞を続けており、記事執筆時点では「1BTC=約945,000円」で取引されています。

2019年5月26日〜2019年6月15日 BTC/JPYの1時間足チャート(画像:bitbank)2019年5月26日〜2019年6月15日 BTC/JPYの1時間足チャート(画像:bitbank)

現在は95万円の抵抗線付近で停滞する動きを見せており、やや下落する傾向も見られ始めてきましたが、Twitterで4万人以上のフォロワーを有している人気の仮想通貨トレーダー「Josh Rager(@Josh_Rager)」氏は事前にこの動きを予測しており、一度「92万円」付近まで下落するだろうと予想していました。

同氏は、一度BTC価格が下落する可能性があることは語っているものの、それほど大きな下落が起こるとは予想しておらず、6月16日9時までに「97万円」を上回っていれば「以前から継続している強気相場は今も続いている」ということを確認できると語っています。

今後予想される「90万円台の抵抗線」

ビットコイン価格がこのまま上昇した場合の予想として仮想通貨メディアで報じられている抵抗線としては、
・8,750ドル(約95万円)
・8,800ドル(約95.5万円)
・9,000ドル(約98万円)
が挙げられます。

一部のアナリストは、以前から「ビットコインが100万円の壁を突破するのはそう簡単なことではない」と語っており、実際に先月末にビットコインが「99万円」を記録した際にも大幅な下落が見られています。

しかし最近では、仮想通貨業界で長い間待ち望まれていた仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」が提供するビットコイン先物取引のテストが"2019年7月22日"から開始されることが正式に発表されているため、ビットコインに対する期待感は以前よりも高まっていると考えられます。

一定の価格下落後も再び「100万円突破」に向けて回復する可能性は高いと予想されますが、その時が訪れるまでにはあと少し時間がかかる可能性があると予想されます。

アルトコインからビットコインへ「資金流入」の可能性

ビットコインの価格上昇につながる別の要因としては、大量のアルトコインがビットコインに交換される可能性があることなども挙げられています。これは、先日14日に仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)が米国のユーザーを2019年9月12日からブロックすることを発表したことに関連しています。

「Binance.com」は豊富な種類の仮想通貨を取り扱っているため、多くの米国ユーザーが同取引所でアルトコインを保有していたと予想されますが、9月から「Binance.com」が利用できなくなることによって多くの人々が保有していたアルトコインをビットコインなどの主要な仮想通貨に交換することになると予想されます。

新しい米国向けの取引所である「Binance US」の設立も発表されているため、アルトコインが売却されると確信が持てるわけではありませんが、もしそうなった場合にはアルトコインに流れていた大量の資金がビットコインなどの仮想通貨に流れ込む可能性があります。

やはり100万円付近から「大幅上昇」か?

ビットコインの価格予想を語っているアナリストたちは「ビットコイン価格が100万円を突破した後は急速に価格が上昇する可能性がある」ということを以前から語っていました。これは2017年の価格高騰時にもこの価格帯で大幅な上昇が見られたことに関連しています。過去のチャートを元に分析しても、220万円到達までに考えられる抵抗線が少ないため、専門家の人々は再びビットコインが急上昇する可能性があると語っています。

またこの他にも「100万円を超えたあたりからは、取り残されることを恐れた投資家たちが急速に"BTC買い"に走る可能性がある」とも言われています。このような複数の要因に「Bakktのビットコイン先物取引」や「BINANCEの米国ユーザーブロック」などのニュースが加わったと考えると、やや半信半疑で語られていた「ビットコイン価格急上昇」の可能性は徐々に高まってきているとも考えられます。

ここ数週間では複数の専門家によって「ビットコイン価格下落」の予想が語られてきましたが、今のところそれらの予想はほぼ外れており非常に強気な状態が続いているため、数ヶ月前までは無理だと言われることも多かった「過去最高値更新」を期待する声も増えてきています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨取引所を比較、メリットを理解して使い分けるのがベスト

仮想通貨取引所を比較、メリットを理解して使い分けるのがベスト

暗号資産のレンタルで稼ぐ|GMOコインの「貸暗号資産」とは?

暗号資産のレンタルで稼ぐ|GMOコインの「貸暗号資産」とは?

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月29日〜8月4日

仮想通貨ニュース週間まとめ|7月29日〜8月4日

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

2021年、ビットコイン価格は「3,800万円」に:米投資会社Pantera Capital

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

仮想通貨の今後|億万長者たちの様々な立場と評価と意見

bitFlyer×CrowdCredit:ビットコイン「最大10万円」相当がもらえるキャンペーン開催

bitFlyer×CrowdCredit:ビットコイン「最大10万円」相当がもらえるキャンペーン開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

Cardano(ADA)の投票アプリ「Catalyst Voting」Google Playストアに登場

Cardano(ADA)の投票アプリ「Catalyst Voting」Google Playストアに登場

アイオータ(IOTA/MIOTA)新ウォレット「Firefly(ファイアフライ)」近日公開

アイオータ(IOTA/MIOTA)新ウォレット「Firefly(ファイアフライ)」近日公開

コインチェック「取扱い暗号資産に関する参考情報」を公開|取扱見直しの可能性も

コインチェック「取扱い暗号資産に関する参考情報」を公開|取扱見直しの可能性も

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

日本セキュリティトークン協会:不動産・農業関連で「2つの分科会」を新設

Pontaポイントでステーブルコイン「xcoin」がチャージ可能に:エクスチェンジャーズ

Pontaポイントでステーブルコイン「xcoin」がチャージ可能に:エクスチェンジャーズ

ケイマン諸島:FATF国際基準準拠に向け「暗号資産規制」を強化

ケイマン諸島:FATF国際基準準拠に向け「暗号資産規制」を強化

【Chiliz&Socios】トルコのサッカークラブ「イスタンブールBBSK」のファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】トルコのサッカークラブ「イスタンブールBBSK」のファントークン発行へ

FCバルセロナ:スタジアムで流す曲「ブロックチェーン投票アプリSocios」で決定へ

FCバルセロナ:スタジアムで流す曲「ブロックチェーン投票アプリSocios」で決定へ

Ripple(リップル)社「PayString」と呼ばれる新たな商標を申請

Ripple(リップル)社「PayString」と呼ばれる新たな商標を申請

コインベース:暗号資産対応のVISAデビットカード「Coinbase Card」米国でも発行へ

コインベース:暗号資産対応のVISAデビットカード「Coinbase Card」米国でも発行へ

コインチェック:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

コインチェック:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

「デジタル通貨はお金を再定義する可能性がある」アリババ創設者ジャック・マー

「デジタル通貨はお金を再定義する可能性がある」アリババ創設者ジャック・マー

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す