半減期まで1ヶ月「ライトコイン」価格上昇の可能性と今後

by BITTIMES   

仮想通貨業界では「ライトコイン(Litecoin/LTC)の半減期」に対する期待が高まっています。インターネット上ではこの半減期によって「価格上昇が起こる」といった情報や「大幅な変動が見られる」と言ったコメントが増えてきています。今回はこの"半減期"についての簡単な説明や、それはいつ起こるのか、実際に高騰が起きる可能性、市場への影響などについてわかりやすく解説します。

こちらから読む:創業者が"投資の神"とランチ「ライトコイン」関連ニュース

ライトコイン(LTC)の半減期とは?いつ起きる?

Litecoin-Half

ライトコイン(Litecoin/LTC)は、2019年7月時点で時価総額ランキング4位に位置付けられている人気の仮想通貨です。ビットコイン(BTC)をベースにして開発されたこの仮想通貨はビットコインの「送金に時間がかかる」といった欠点を補っているため、決済手段として広く利用できる通貨として多くの人々に愛されています。

ビットコインとライトコインには、マイニングによって得られる報酬の額が半分になる「半減期」と呼ばれるものが存在します。この2つの通貨はどちらも通貨発行量の上限があらかじめ設定されているため、ユーザー数が増えるにつれて"希少価値"が高まっていくようになっています。

半減期が訪れるとマイニング報酬が減る(新規通貨の発行枚数が減る)ため、希少価値がさらに高まり、結果的に「価格上昇が起こる」といった流れがこれまでにも見られています。ライトコインの1度目の半減期では一時的に価格が3倍ほどにまで上昇したため、次の半減期でも同様に価格上昇が起きるのではないか?と期待が高まっています。

ライトコインの1度目の半減期は「2015年7月」であり、2度目となる次の半減期は「2019年8月」つまり、来月あたりに起きると言われています。

半減期の到来で「価格上昇」は起きるのか?

Litecoin

仮想通貨投資家の多くは、今回の半減期でLTC価格が急騰することを期待しています。ライトコインの価格は、2018年末頃に2,500円近くまで下落しましたが、その後はネット上などでも半減期のことが頻繁に取り上げられていたこともあり、先月末には「1LTC=15,000円」まで上昇しました。

「ライトコイン価格は半減期によって本当に上昇するのか?」という質問の答えを知る人は誰もいませんが、価格上昇を期待する人が多く、長期的に見ると現時点でも価格が上昇しているということは事実です。

シンプルに考えると、半減期後にライトコインの価値が上昇するためには「ライトコインの需要が実際に高まっている」必要があります。供給量が減ったとしても誰もその通貨を必要としていなければ、価格が上がることはありません。

「実際に価格上昇が起こる」という確信を得るためには、半減期だけでなく「ライトコインが必要とされる具体的な理由」が必要となりますが、最近のニュースを含めて考えると「半減期以外にもライトコイン需要を高める要因はある」と考えられます。

需要増加を期待させる要因

Litecoin

ライトコインの需要増加につながる要因としては「半減期による価格上昇を期待した投資家によるLTC買い」が挙げられますが、最近では「実用的な決済手段」として需要が高まることを期待させる重大ニュースが発表されています。

Starbucks(スターバックス)
・Baskin Robbins(バスキン・ロビンス)
・Whole Foods Market(ホールフーズ・マーケット)
などといった大手企業で仮想通貨を使用して支払いを行うことができるウォレットアプリ「SPEDN(スペン)」を提供している決済企業「Flexa(フレクサ)」は、2019年7月3日に同社のサービスがライトコインに対応したことを発表しました。

「Flexa」はライトコインを追加した理由として、
・安い取引手数料
・早い取引処理時間
・活発なコミュニティ
などを挙げています。

同社のこの発表は、ライトコインがこれから「スターバックス」のような有名店で一般的に使用されるようになることを期待させるものであり、「Flexa」がライトコインを高く評価したことによって、今後はその他の大手企業がライトコインを採用するきっかけにもなるとも考えられます。

決済通貨として日常的に使用される環境が構築された上で、半減期によって供給量が減少するのであれば、ライトコインの需要は飛躍的に高まる可能性があると言えるでしょう。

格付けでも高評価、採用事例は続々と

Litecoin-3

ライトコインにとっての好材料となるニュースはこの他にも多数報じられており、「Flexa」以外のアプリケーションでもライトコインへの対応が進んできている他、店舗や団体自体がライトコインによる支払いに対応することを発表していることも多数報告されています。

また米国の格付け機関であるWeiss Ratingsも最新の格付けで「ライトコインの収益性や普及率」などを素晴らしいと評価しており、同社の評価としては非常に高い評価である「B+」の称号が与えられています。

仮想通貨業界では「半減期の到来」だけでも十分な価格上昇の要因とされていますが、ライトコインはその他複数の面でも上昇要因を持っているため、多くの仮想通貨投資家がライトコインの将来に期待していることにも頷けます。

実際にライトコインの半減期で価格が急騰するのであれば、それはライトコインだけでなくその他複数の仮想通貨にもプラスの影響を与えると考えられます。再び半減期で価格急騰が見られれば、次は来年に控えている「ビットコインの半減期」にもさらなる期待感を与えることになるでしょう。

最終的にどうなるかは半減期が訪れるまではわかりませんが、現在のライトコイン市場を総合的に判断すると、その期待値は現在も高まり続けていると予想されます。

2019年7月8日|ライトコイン(LTC)の価格

ライトコイン(LTC)の価格は、先月13日に15,000円付近まで上昇したものの、その後はやや下落しており、2019年7月8日時点では「1LTC=13,016円」で取引されています。

「Coingecko.com」のデータによると、ライトコインの半減期までの日数は記事執筆時点で「約28日」とされています。

2019年4月9日〜2019年7月8日 LTCの価格推移(画像:coingecko.com)2019年4月9日〜2019年7月8日 LTCの価格推移(画像:coingecko.com)

ライトコイン(LTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ベルリンでブロックチェーン研究が急成長|開発者が集う中心地に

ベルリンでブロックチェーン研究が急成長|開発者が集う中心地に

ビットコイン、再び「上昇トレンド」突入か|著名アナリストは300万円到達を予想

ビットコイン、再び「上昇トレンド」突入か|著名アナリストは300万円到達を予想

ビットコイン価格、2021年ピーク時には「5,000万円超え」の可能性も:Dan Morehead

ビットコイン価格、2021年ピーク時には「5,000万円超え」の可能性も:Dan Morehead

ドイツのバーガーキングが「ビットコイン決済」に対応

ドイツのバーガーキングが「ビットコイン決済」に対応

サマンサタバサ旗艦店がビットコイン決済導入

サマンサタバサ旗艦店がビットコイン決済導入

Bakkt CEOの後任が決定|2020年は「仮想通貨決済」分野で事業拡大か

Bakkt CEOの後任が決定|2020年は「仮想通貨決済」分野で事業拡大か

注目度の高い仮想通貨ニュース

乃木坂46 齋藤 飛鳥「暗号資産取引所bitFlyer」のテレビCMに出演|キャンペーンも開催中

乃木坂46 齋藤 飛鳥「暗号資産取引所bitFlyer」のテレビCMに出演|キャンペーンも開催中

ファイルコイン(FIL)メインネット公開時期を「再度延期」コンテスト前に調整期間

ファイルコイン(FIL)メインネット公開時期を「再度延期」コンテスト前に調整期間

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の課題」などまとめたレポート公開|実証実験も視野に

日本銀行「中央銀行デジタル通貨の課題」などまとめたレポート公開|実証実験も視野に

日本暗号資産市場社:ステーブルコイン「ICHIBAコイン(ICB)」発行へ

日本暗号資産市場社:ステーブルコイン「ICHIBAコイン(ICB)」発行へ

コインチェック:10,000円が当たる「MONA半減期記念キャンペーン(第1弾)」開催

コインチェック:10,000円が当たる「MONA半減期記念キャンペーン(第1弾)」開催

カザフスタン:暗号資産マイニング関連で「約790億円」の投資誘致を計画

カザフスタン:暗号資産マイニング関連で「約790億円」の投資誘致を計画

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月14日〜20日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年6月14日〜20日

Ripple社が発表した「PayID」とは?世界共通の送金IDで支払い・送受金を簡素化

Ripple社が発表した「PayID」とは?世界共通の送金IDで支払い・送受金を簡素化

マネックス証券:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)の「第一種会員」に入会

マネックス証券:日本暗号資産取引業協会(JVCEA)の「第一種会員」に入会

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月5日〜11日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年7月5日〜11日

Brave Software:広告契約の取引所「NYIAX(ナイアックス)」と提携

Brave Software:広告契約の取引所「NYIAX(ナイアックス)」と提携

ビットコインの「GiveAway詐欺」止まらず|数億円規模の被害報告も

ビットコインの「GiveAway詐欺」止まらず|数億円規模の被害報告も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す