Tron CEO落札の「バフェットランチ」にライトコイン創業者「Charlie Lee」が参加

by BITTIMES

仮想通貨業界の枠を飛び越え、様々な報道機関で報じられている「トロン(Tron/TRX)のCEO:Justin Sun(ジャスティン・サン)氏と伝説の投資家Warren Buffett(ウォーレン・バフェット)氏のランチ」に、ライトコイン(Litecoin/LTC)の創設者であるCharlie Lee(チャーリー・リー)氏が参加することが明らかになりました。この食事会には"最大7名"の友人を招待することができるため、これから決定される残りの6名にも注目が集まっています。

こちらから読む:バフェット氏とのランチでさらに話題に「Tron/TRX」関連ニュース

ライトコイン創設者「バフェットランチ」の招待を歓迎

Tron(トロン)とBitTorrent(ビットトレント)のCEOであるJustin Sun(ジャスティン・サン)氏が権利を獲得したことでも話題となった「伝説の投資家Warren Buffett(ウォーレン・バフェット)氏との食事会」は、従来の予定を変更し、2019年7月25日にベイエリアのレストランで開催される予定となっています。

このランチには、権利を落札したジャスティン・サン氏の他に合計7名の友人を招待することができるため、具体的に誰が参加するか?には注目が集まっていましたが、本日17日にライトコイン(Litecoin/LTC)の創設者であるCharlie Lee(チャーリー・リー)氏が参加することに同意したことがわかりました。

チャーリー・リー氏は、Twitter上でジャスティン・サン氏に対して返信を送り、招待を歓迎する意思を語っています。

ありがとうジャスティン!レジェンドに会える日を楽しみにしています。

仮想通貨業界と「伝統的な金融業界」を繋ぐために

バフェット氏はビットコイン(BTC)のことを「殺鼠剤の2乗」と語るなど、非常に批判的であるとしても知られているため、今回のランチには世界中から注目が集まっています。

ジャスティン・サン氏は以前にバフェット氏とのランチについて『3時間という短い時間で説得することは難しいかもしれないが、意見を伝えることはできる』と語っており、一部で囁かれているような「Tronの宣伝」のためではなく「仮想通貨業界と伝統的な金融業界の架け橋を作ること」を目的にしているということを語っています。

実際にサン氏は落札を発表したすぐ後に、同氏の"ライバル的存在"でもあるイーサリアム(ETH)の共同設立者Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)氏や仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)のCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏などを招待する意思を語っています。

仮想通貨業界では、今回のランチで「7人の精鋭たち」が招集されることに期待が高まっていますが、今回決定したチャーリー・リー氏が最初に決定した1人ということになります。

ジャスティン・サン氏は今後もランチに参加する人物を発表していくことを語っているため、新しい発表には注目が集まります。

2019年6月17日|トロン(TRON/TRX)の価格

トロン(Tron/TRX)の価格は今月はじめ頃に5円近くまで上昇しましたが、その後は一時3円台まで下落しており、2019年6月17日時点では「1TRX=3.59円」で取引されています。

TRXを購入することができる仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)の登録方法はこちら

2019年4月18日〜2019年6月17日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)2019年4月18日〜2019年6月17日 TRXのチャート(引用:coingecko.com)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Braveブラウザ:新たに「仮想通貨7銘柄」対応か|ハードウェアウォレット統合の可能性も

Braveブラウザ:新たに「仮想通貨7銘柄」対応か|ハードウェアウォレット統合の可能性も

TRON Arcade:日本のブロックチェーンゲーム投資会社「gumi Cryptos」と提携

TRON Arcade:日本のブロックチェーンゲーム投資会社「gumi Cryptos」と提携

仮想通貨に投資する米政治家「イーサリアムとライトコインを保有している」と公表

仮想通貨に投資する米政治家「イーサリアムとライトコインを保有している」と公表

タイ証券取引委員会が「仮想通貨の規制強化」BCHなど3銘柄をリストから除外

タイ証券取引委員会が「仮想通貨の規制強化」BCHなど3銘柄をリストから除外

ヴィタリック・ブテリン「天才イーサリアム開発者の歴史」

ヴィタリック・ブテリン「天才イーサリアム開発者の歴史」

南米初!3種類の仮想通貨で決済できるブラジル大手旅客バス会社

南米初!3種類の仮想通貨で決済できるブラジル大手旅客バス会社

注目度の高い仮想通貨ニュース

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

ブロックチェーン基盤の「モバイルID認証システム」開発へ|韓国の大手企業が協力

ブロックチェーン基盤の「モバイルID認証システム」開発へ|韓国の大手企業が協力

ウォレットではない?XRP銀行口座アプリ「Xumm」開発:XRPL Labs

ウォレットではない?XRP銀行口座アプリ「Xumm」開発:XRPL Labs

ビットコイン価格「1万ドル」割り込む|下落相場「2〜3週間」続く可能性も

ビットコイン価格「1万ドル」割り込む|下落相場「2〜3週間」続く可能性も

「通信業界向け」ブロックチェーン基盤の構築でOrbs・ConsenSys・IBMなどが協力

「通信業界向け」ブロックチェーン基盤の構築でOrbs・ConsenSys・IBMなどが協力

Libraウォレットアプリ「詐欺サイト」に要注意|プレセールなど偽の表記も

Libraウォレットアプリ「詐欺サイト」に要注意|プレセールなど偽の表記も

メガネブランド「Zoff」がスマホ決済アプリ「楽天ペイ」に対応

メガネブランド「Zoff」がスマホ決済アプリ「楽天ペイ」に対応

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

トランプ大統領「私は仮想通貨のファンではない」ビットコインやLibraに言及

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

Cardano(ADA)待望の「Shelleyテストネット」公開|ステーキング報酬システムにも期待

ブロックチェーンで「学校給食」の安全性を保証|生産情報などが確認可能に:韓国

ブロックチェーンで「学校給食」の安全性を保証|生産情報などが確認可能に:韓国

仮想通貨決済の「消費税」を免税に|税金制度の草案を公開:シンガポール内国歳入庁

仮想通貨決済の「消費税」を免税に|税金制度の草案を公開:シンガポール内国歳入庁

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

株式投資手段として「仮想通貨10銘柄」受け入れ:クラフトビールメーカーBrewDog

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

トヨタ(TOYOTA):ブロックチェーンや最新技術で「モビリティ社会」の新時代へ

人気のタグから探す