仮想通貨決済アプリ「SPEDN」公開|スタバなど小売大手「15社」で暗号資産が利用可能に

by BITTIMES

暗号資産決済サービスを提供している「Flexa(フレクサ)」が、Starbucks(スターバックス)やBaskin Robbins(バスキン・ロビンス)などといった世界的に有名な小売店で仮想通貨を使用することができるウォレットアプリ「SPEDN(スペン)」を限定配布し始めたことが明らかになりました。

こちらから読む:使えるお店は今や世界中に「仮想通貨決済」関連ニュース

大手小売店「15社」が仮想通貨決済に対応

仮想通貨決済のスタートアップ企業である「Flexa(フレクサ)」が、米国を代表する複数の大手小売店で暗号資産を使用することができる仮想通貨ウォレットアプリ「SPEDN(スペン)」を限定配布し始めたことが明らかになりました。

このアプリを通じた仮想通貨決済を受け入れている企業の中には、
Starbucks(スターバックス)
・Whole Foods Market(ホールフーズ・マーケット)
・Barnes&Noble(バーンズ・アンド・ノーブル)
・Baskin Robbins(バスキン・ロビンス)
・GameStop(ゲームストップ)
・Bed Bath&Beyond(ベッドバス&ビヨンド)
・Lowe's(ロウズ)
・Nordstrom(ノードストローム)
といった、世界的に知られている各業界の大手企業15社が含まれていると伝えられています。

(画像:flexa)(画像:flexa

「Whole Foods Market」はAmazon(アマゾン)の子会社としても知られるアメリカのスーパーマーケットチェーンであり、「Baskin Robbins」はサーティーワンアイスクリームで知られるアメリカのアイスクリーム・ケーキ専門のチェーン店です。

その他の企業も日用品・ゲーム食品・書籍・家具といった様々な商品を取り扱う大手企業ばかりであるため、今回の発表には世界中から注目が集まっています。

Flexa(フレクサ)のウォレットアプリ「SPEDN」

仮想通貨ウォレットアプリ「SPEDN」は、様々な店舗で簡単に仮想通貨を使うことができるウォレットアプリとなっており、手数料なしで即座に仮想通貨決済ができるようになっています。

アプリのレイアウトは非常にシンプルなものとなっており、実際に利用する際には仮想通貨と使用したいブランドをタップして、Flexaが開発した独自の支払い用コードである「flexcode」をスキャンするだけとなっています。「flexcode」をスキャンすると、ユーザーが選択した仮想通貨は数秒でドル(USD)に変換されて支払いが完了します。

SPEDN-app

「SPEDN」は現在、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
ジェミナイドル(Gemini Dollar/GUSD)
をサポートしており、仮想通貨取引所Gemini(ジェミナイ)との提携を通じて顧客資産の管理などを保証していくとされています。

このアプリは現在、米国の「AppStore」でiPhone向けに公開されており、ニューヨークで開催中の仮想通貨・ブロックチェーンカンファレンス「Consensus 2019」に来場しているユーザーを対象に提供が開始されていると伝えられています。なおAndroid向けアプリは、後日リリース予定となっています。

複数の大手企業で仮想通貨決済が利用できるようになることによって、今後は急速に仮想通貨の実用化が進むことになると予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【アート作品取引編】イーサリアム(ETH)が稼げる「プラットフォーム」まとめ

【アート作品取引編】イーサリアム(ETH)が稼げる「プラットフォーム」まとめ

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

未登録の仮想通貨取引所に「業務停止・資金返還」を命令:マレーシア規制当局

カリフォルニア連邦裁判所:ビットコイン(Bitcoin/BTC)で保釈金の支払いを可能に

カリフォルニア連邦裁判所:ビットコイン(Bitcoin/BTC)で保釈金の支払いを可能に

タイで初めての仮想通貨関連の規制草案が発表される

タイで初めての仮想通貨関連の規制草案が発表される

仮想通貨の投資信託、国内販売は不可能に?金融庁「年内に禁止する方針」示す=日経報道

仮想通貨の投資信託、国内販売は不可能に?金融庁「年内に禁止する方針」示す=日経報道

Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

Ripple社CEO:将来生き残る仮想通貨は「わずか1%」今後は実用性が重要に

注目度の高い仮想通貨ニュース

Coincheck:仮想通貨の「自動積立サービス」を開始|手数料無料で提供

Coincheck:仮想通貨の「自動積立サービス」を開始|手数料無料で提供

Ripple:コマーシャル動画「2カ国」で放送開始|ブランドの認知度向上へ

Ripple:コマーシャル動画「2カ国」で放送開始|ブランドの認知度向上へ

ブロックチェーンは地方の未来を変えるのか:熊本ブロックチェーンカンファレンス2019

ブロックチェーンは地方の未来を変えるのか:熊本ブロックチェーンカンファレンス2019

仮想通貨Gramは「未登録証券」米SECがテレグラム関連で緊急声明

仮想通貨Gramは「未登録証券」米SECがテレグラム関連で緊急声明

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

カルダノ財団:詐欺の可能性がある「Cardano Gold」について注意喚起

SAMSUNGとの噂も?TRON「1,000億ドル規模の大企業」と来週提携か

SAMSUNGとの噂も?TRON「1,000億ドル規模の大企業」と来週提携か

パチンコ大手、仮想通貨用いたブロックチェーン占いサービス「dApps神社」提供開始

パチンコ大手、仮想通貨用いたブロックチェーン占いサービス「dApps神社」提供開始

ゲーム動画配信者に「仮想通貨報酬」提供へ|DLiveとRefereumが提携

ゲーム動画配信者に「仮想通貨報酬」提供へ|DLiveとRefereumが提携

日本政府:政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」と判断

日本政府:政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」と判断

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

New Balance:カルダノブロックチェーン用いた「真贋判定システム」のテスト開始

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

築150年の「教会」ビットコイン(BTC)でも購入可能に:英不動産会社

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

Nexus:ビットコイン派生プロジェクトに応用できる「スマートコントラクト機能」を開発

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

ブロックチェーン×ドローンという「ビジネスの可能性」技術融合で未来の生活が変わる

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

貿易産業を変革するブロックチェーン技術「分散型管理」で輸入・輸出の問題改善へ

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

ポルシェ:ブロックチェーンを活用した「次世代スマートカー」計画

人気のタグから探す