仮想通貨決済アプリ「SPEDN」公開|スタバなど小売大手「15社」で暗号資産が利用可能に

by BITTIMES

暗号資産決済サービスを提供している「Flexa(フレクサ)」が、Starbucks(スターバックス)やBaskin Robbins(バスキン・ロビンス)などといった世界的に有名な小売店で仮想通貨を使用することができるウォレットアプリ「SPEDN(スペン)」を限定配布し始めたことが明らかになりました。

こちらから読む:使えるお店は今や世界中に「仮想通貨決済」関連ニュース

大手小売店「15社」が仮想通貨決済に対応

仮想通貨決済のスタートアップ企業である「Flexa(フレクサ)」が、米国を代表する複数の大手小売店で暗号資産を使用することができる仮想通貨ウォレットアプリ「SPEDN(スペン)」を限定配布し始めたことが明らかになりました。

このアプリを通じた仮想通貨決済を受け入れている企業の中には、
Starbucks(スターバックス)
・Whole Foods Market(ホールフーズ・マーケット)
・Barnes&Noble(バーンズ・アンド・ノーブル)
・Baskin Robbins(バスキン・ロビンス)
・GameStop(ゲームストップ)
・Bed Bath&Beyond(ベッドバス&ビヨンド)
・Lowe's(ロウズ)
・Nordstrom(ノードストローム)
といった、世界的に知られている各業界の大手企業15社が含まれていると伝えられています。

(画像:flexa)(画像:flexa

「Whole Foods Market」はAmazon(アマゾン)の子会社としても知られるアメリカのスーパーマーケットチェーンであり、「Baskin Robbins」はサーティーワンアイスクリームで知られるアメリカのアイスクリーム・ケーキ専門のチェーン店です。

その他の企業も日用品・ゲーム食品・書籍・家具といった様々な商品を取り扱う大手企業ばかりであるため、今回の発表には世界中から注目が集まっています。

Flexa(フレクサ)のウォレットアプリ「SPEDN」

仮想通貨ウォレットアプリ「SPEDN」は、様々な店舗で簡単に仮想通貨を使うことができるウォレットアプリとなっており、手数料なしで即座に仮想通貨決済ができるようになっています。

アプリのレイアウトは非常にシンプルなものとなっており、実際に利用する際には仮想通貨と使用したいブランドをタップして、Flexaが開発した独自の支払い用コードである「flexcode」をスキャンするだけとなっています。「flexcode」をスキャンすると、ユーザーが選択した仮想通貨は数秒でドル(USD)に変換されて支払いが完了します。

SPEDN-app

「SPEDN」は現在、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)
ジェミナイドル(Gemini Dollar/GUSD)
をサポートしており、仮想通貨取引所Gemini(ジェミナイ)との提携を通じて顧客資産の管理などを保証していくとされています。

このアプリは現在、米国の「AppStore」でiPhone向けに公開されており、ニューヨークで開催中の仮想通貨・ブロックチェーンカンファレンス「Consensus 2019」に来場しているユーザーを対象に提供が開始されていると伝えられています。なおAndroid向けアプリは、後日リリース予定となっています。

複数の大手企業で仮想通貨決済が利用できるようになることによって、今後は急速に仮想通貨の実用化が進むことになると予想されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨投資で成果を出すために知っておくべきこと

仮想通貨投資で成果を出すために知っておくべきこと

デジタル証券投資サービス「ALTERNA」ホテル不動産を対象とした2号案件を公開

デジタル証券投資サービス「ALTERNA」ホテル不動産を対象とした2号案件を公開

ビットポイントジャパン:各種サービスの「再開予定日」を発表|今後の対応なども説明

ビットポイントジャパン:各種サービスの「再開予定日」を発表|今後の対応なども説明

SMALL WORLDS TOKYO「独自のメタバース」構築へ|エヴァンゲリオンなどの世界を仮想空間化

SMALL WORLDS TOKYO「独自のメタバース」構築へ|エヴァンゲリオンなどの世界を仮想空間化

SQUARE ENIX「ブロックチェーンゲームへの本格参入」を検討|NFTは事業化フェーズへ

SQUARE ENIX「ブロックチェーンゲームへの本格参入」を検討|NFTは事業化フェーズへ

Bitget保護基金、暗号資産の冬の時期に立ち上げ、トレーダーの信頼回復を目指す

Bitget保護基金、暗号資産の冬の時期に立ち上げ、トレーダーの信頼回復を目指す

注目度の高い仮想通貨ニュース

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

NFTDrive:Symbol・Ethereum・Polygon対応の「カード型ウォレット」販売開始

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

OKCoinJapan「MKR・APE」取扱いへ|お得なキャンペーンも開催中

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

価格下落が続くビットコイン、著名アナリストが注目するサポートラインは?

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

ロンドン証券取引所「ビットコイン・イーサリアムの仮想通貨ETN」5月から取扱開始

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

2024年4月に成長が期待される仮想通貨

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ビットコイン「第4回目の半減期」完了|価格への影響や仕組みをわかりやすく解説

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

ロバート・キヨサキ氏「4月までに10ビットコイン購入予定」強気な価格予想も

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

エルサルバドル「ビットコイン教育資料の最新版」を公開|公立学校などでBTC教育

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

Google:Ethereum Name Service(ENS)のドメイン検索で「残高確認」が可能に

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

ワールドコイン(WLD)独自のL2ブロックチェーン「World Chain」発表

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

BNB Chainがハッカソン上位入選のDappsをインキュベート

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

WoofSwapとは?Shibarium基盤トークンを売買できる分散型取引所(DEX)を紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

K9 Finance(KNINE)とは?Shibarium基盤のDeFiプラットフォームを紹介

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Bad Idea AI(BAD)とは?特徴・価格チャート・取扱う暗号資産取引所など

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

人気のタグから探す