【アナリスト予想】ビットコイン価格、1万ドルから「さらに25%下落」の可能性

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、ここ数日間に渡って1万ドル(約108万円)のサポートラインを維持してきましたが、本日23日には再びこのラインを下回りました。長期トレンドを読み解く際に用いられる"200日移動平均線"に基づいた指標である「メイヤー倍数(Mayer Multiple)」に焦点を当てている仮想通貨アナリストは、ビットコイン価格は今の価格からさらに25%ほど下落する可能性があると予想しています。

こちらから読む:3Dで取引履歴が見れるツール公開「ビットコイン」関連ニュース

メイヤー倍数基準では「81万円」が目標価格

ビットコインの価格は今月18日に100万円付近で大きく反発して以降は、108万円〜120万円の間で推移していましたが、21日以降は徐々に下落しており、本日23日の18時頃には再び1万ドル(約108万円)のラインを下回りました。

2019年2月28日〜2019年7月23日 BTC/JPYの日足チャート(画像:bitbank)2019年2月28日〜2019年7月23日 BTC/JPYの日足チャート(画像:bitbank)

多くのアナリスト達はこのまま下落が続けば、ビットコイン価格は8,500ドル(約92万円)まで下落することになると予想していますが、メイヤー倍数(*1)に焦点を当てているアナリスト「Crypto Kea」氏は先週、ビットコインの次のサポートラインが「7,148ドル〜8,700ドル(約77万円〜約94万円)」になる可能性があると語っていました。
(*1)メイヤー倍数(Mayer Multiple):「通貨の現在価格」を「通貨価格の200日移動平均」で割ることによって求められる倍数。メイヤー倍数が1を超えていれば強気相場、1より小さければ弱気相場ということになる。

同氏がこの予想を語った当時の200日移動平均価格は「5,957ドル(約64万円)」となっていたため、Crypto Kea氏が語ったサポートラインは「200日移動平均の1.20倍から1.46倍」に相当することになります。

"ビットコインの現在のメイヤー倍数"を確認することができる「MayerMultiple.Info」のデータによると、記事執筆時点のメイヤー倍数は「1.61」となっているため、Crypto Kea氏の理論に基づいて考えれば現在価格で考えてもビットコイン価格はさらに下落することになります。

同氏はこの理論に基づいて、現在"最も可能性の高い目標価格"は今の価格からさらに25%下落した7,505ドル(約81万円)付近になるだろうと予想しています。

価格調整後の「急上昇」に期待する声も

ビットコイン価格は短期的には下落すると予想されているものの、現在の調整が終わった後には大きな回復が見られる可能性があると期待が高まっています。

仮想通貨業界で以前から注目が集まっていた仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」は、本日23日に予定されていた通り"ビットコイン先物のテスト"が開始されたことを発表しています。

同社のサービスは今後2ヶ月以内には正式に開始される可能性があるとも伝えられているため、これからビットコイン価格が80万円台まで下がることになれば、"買いの機会"だと捉えた投資家が多く参入する可能性があります。

ビットコインは来年5月頃に半減期も控えているため、今回の調整は"買いタイミング"として最適だと考えられています。ビットコインは現在、1万ドル(108万円)付近で推移しており、記事執筆時点では「1BTC=1,079,562円」で取引されています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

Libra発表が好材料に?リップル(XRP)の契約数が「史上最多」を記録

OKExの元CEOがHuobi.pro(フォビ)に移籍していたことが発覚

OKExの元CEOがHuobi.pro(フォビ)に移籍していたことが発覚

【速報】ゴールドマンサックスが仮想通貨取引の開始を発表

【速報】ゴールドマンサックスが仮想通貨取引の開始を発表

規制準拠した「仮想通貨デリバティブ取引所」設立を計画|米フィンテック企業trueDigital

規制準拠した「仮想通貨デリバティブ取引所」設立を計画|米フィンテック企業trueDigital

ビットコイン価格:2022年には「2,750万円」に ー 著名投資家Tim Draper予想

ビットコイン価格:2022年には「2,750万円」に ー 著名投資家Tim Draper予想

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

Socios:eスポーツチーム「OG」初のファン投票受付開始

Socios:eスポーツチーム「OG」初のファン投票受付開始

BINANCE「マイニングプール構築」を計画|2020年春にも公開か

BINANCE「マイニングプール構築」を計画|2020年春にも公開か

ビットコイン下落はこれから「1BTC=35万円予想」的中させたアナリストが警告

ビットコイン下落はこれから「1BTC=35万円予想」的中させたアナリストが警告

中央銀行の仮想通貨禁止命令は「憲法違反」インド最高裁判所

中央銀行の仮想通貨禁止命令は「憲法違反」インド最高裁判所

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

イタリアで「ブロックチェーン卒業証書」の採用進む|高校2校が発行開始

アート作品に「ICタグ付きブロックチェーン証明書」を発行|Startbahnが新サービス

アート作品に「ICタグ付きブロックチェーン証明書」を発行|Startbahnが新サービス

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月1日〜7日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2020年3月1日〜7日

Socios公式ファントークン「SOCIOSユナイテッド(SSU)」公開

Socios公式ファントークン「SOCIOSユナイテッド(SSU)」公開

BMW Group:ブロックチェーンで「サプライチェーンの透明性」確保へ

BMW Group:ブロックチェーンで「サプライチェーンの透明性」確保へ

参加メンバー50社以上「Celo Alliance for Prosperity」発足|Libraのライバルとなるか

参加メンバー50社以上「Celo Alliance for Prosperity」発足|Libraのライバルとなるか

コインマーケットキャップ:仮想通貨の「評価・データ分析結果」など配信開始

コインマーケットキャップ:仮想通貨の「評価・データ分析結果」など配信開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す