【アナリスト予想】ビットコイン価格、1万ドルから「さらに25%下落」の可能性

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、ここ数日間に渡って1万ドル(約108万円)のサポートラインを維持してきましたが、本日23日には再びこのラインを下回りました。長期トレンドを読み解く際に用いられる"200日移動平均線"に基づいた指標である「メイヤー倍数(Mayer Multiple)」に焦点を当てている仮想通貨アナリストは、ビットコイン価格は今の価格からさらに25%ほど下落する可能性があると予想しています。

こちらから読む:3Dで取引履歴が見れるツール公開「ビットコイン」関連ニュース

メイヤー倍数基準では「81万円」が目標価格

ビットコインの価格は今月18日に100万円付近で大きく反発して以降は、108万円〜120万円の間で推移していましたが、21日以降は徐々に下落しており、本日23日の18時頃には再び1万ドル(約108万円)のラインを下回りました。

2019年2月28日〜2019年7月23日 BTC/JPYの日足チャート(画像:bitbank)2019年2月28日〜2019年7月23日 BTC/JPYの日足チャート(画像:bitbank)

多くのアナリスト達はこのまま下落が続けば、ビットコイン価格は8,500ドル(約92万円)まで下落することになると予想していますが、メイヤー倍数(*1)に焦点を当てているアナリスト「Crypto Kea」氏は先週、ビットコインの次のサポートラインが「7,148ドル〜8,700ドル(約77万円〜約94万円)」になる可能性があると語っていました。
(*1)メイヤー倍数(Mayer Multiple):「通貨の現在価格」を「通貨価格の200日移動平均」で割ることによって求められる倍数。メイヤー倍数が1を超えていれば強気相場、1より小さければ弱気相場ということになる。

同氏がこの予想を語った当時の200日移動平均価格は「5,957ドル(約64万円)」となっていたため、Crypto Kea氏が語ったサポートラインは「200日移動平均の1.20倍から1.46倍」に相当することになります。

"ビットコインの現在のメイヤー倍数"を確認することができる「MayerMultiple.Info」のデータによると、記事執筆時点のメイヤー倍数は「1.61」となっているため、Crypto Kea氏の理論に基づいて考えれば現在価格で考えてもビットコイン価格はさらに下落することになります。

同氏はこの理論に基づいて、現在"最も可能性の高い目標価格"は今の価格からさらに25%下落した7,505ドル(約81万円)付近になるだろうと予想しています。

価格調整後の「急上昇」に期待する声も

ビットコイン価格は短期的には下落すると予想されているものの、現在の調整が終わった後には大きな回復が見られる可能性があると期待が高まっています。

仮想通貨業界で以前から注目が集まっていた仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」は、本日23日に予定されていた通り"ビットコイン先物のテスト"が開始されたことを発表しています。

同社のサービスは今後2ヶ月以内には正式に開始される可能性があるとも伝えられているため、これからビットコイン価格が80万円台まで下がることになれば、"買いの機会"だと捉えた投資家が多く参入する可能性があります。

ビットコインは来年5月頃に半減期も控えているため、今回の調整は"買いタイミング"として最適だと考えられています。ビットコインは現在、1万ドル(108万円)付近で推移しており、記事執筆時点では「1BTC=1,079,562円」で取引されています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

gumi Cryptos:仮想通貨「Ontology」とパートナーシップ締結|日本市場進出をサポート

gumi Cryptos:仮想通貨「Ontology」とパートナーシップ締結|日本市場進出をサポート

SEC:ウィンクルボス兄弟のビットコインETFを拒否|セキュリティなどを懸念

SEC:ウィンクルボス兄弟のビットコインETFを拒否|セキュリティなどを懸念

Mastercard:ブロックチェーン・仮想通貨分析企業「CipherTrace」の買収を完了

Mastercard:ブロックチェーン・仮想通貨分析企業「CipherTrace」の買収を完了

トッププラットフォームがIEOを立ち上げ|Platinum Q DAO研究チームが「BTCNEXT」を選択

トッププラットフォームがIEOを立ち上げ|Platinum Q DAO研究チームが「BTCNEXT」を選択

adidas Originals:暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」と提携

adidas Originals:暗号資産取引所「Coinbase(コインベース)」と提携

カルダノブロックチェーンが農業を救う|世界で活用される技術とビジョン

カルダノブロックチェーンが農業を救う|世界で活用される技術とビジョン

注目度の高い仮想通貨ニュース

Visa:8,000万の加盟店で暗号資産を使用可能にする「カードプログラム」立ち上げ

Visa:8,000万の加盟店で暗号資産を使用可能にする「カードプログラム」立ち上げ

BINANCE「カナダ」と「バーレーン王国」でライセンス取得

BINANCE「カナダ」と「バーレーン王国」でライセンス取得

米MicroStrategy「約108億円相当のビットコイン(BTC)」を追加購入

米MicroStrategy「約108億円相当のビットコイン(BTC)」を追加購入

ポルカドット(DOT)5つのパラチェーンが本格稼働「Astar・Acala・Moonbeam」など

ポルカドット(DOT)5つのパラチェーンが本格稼働「Astar・Acala・Moonbeam」など

The Sandbox:香港の有名企業・著名人が集結する「Mega City」のLANDセール開催へ

The Sandbox:香港の有名企業・著名人が集結する「Mega City」のLANDセール開催へ

GMOコイン:全員キャッシュバック「冬のボーナスで暗号資産デビューキャンペーン」開始

GMOコイン:全員キャッシュバック「冬のボーナスで暗号資産デビューキャンペーン」開始

AIが成長するバーチャルキャラクターNFT「ANIMAK(アニマ)」発売へ:プラチナエッグ

AIが成長するバーチャルキャラクターNFT「ANIMAK(アニマ)」発売へ:プラチナエッグ

前澤友作氏「宇宙で撮影した世界初のNFT」を発行|ブロックチェーンはPaletteを採用

前澤友作氏「宇宙で撮影した世界初のNFT」を発行|ブロックチェーンはPaletteを採用

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

コナミ:悪魔城ドラキュラ35周年記念「KONAMI MEMORIAL NFT」発売へ

コナミ:悪魔城ドラキュラ35周年記念「KONAMI MEMORIAL NFT」発売へ

OKCoinJapan「IOSTステーキングサービス」提供へ|報酬は最大年率8.88%

OKCoinJapan「IOSTステーキングサービス」提供へ|報酬は最大年率8.88%

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

ビットコインマイニング企業「Bitfarms」1,000BTC(約49億円相当)を購入

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す