【アナリスト予想】ビットコイン価格、1万ドルから「さらに25%下落」の可能性

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は、ここ数日間に渡って1万ドル(約108万円)のサポートラインを維持してきましたが、本日23日には再びこのラインを下回りました。長期トレンドを読み解く際に用いられる"200日移動平均線"に基づいた指標である「メイヤー倍数(Mayer Multiple)」に焦点を当てている仮想通貨アナリストは、ビットコイン価格は今の価格からさらに25%ほど下落する可能性があると予想しています。

こちらから読む:3Dで取引履歴が見れるツール公開「ビットコイン」関連ニュース

メイヤー倍数基準では「81万円」が目標価格

ビットコインの価格は今月18日に100万円付近で大きく反発して以降は、108万円〜120万円の間で推移していましたが、21日以降は徐々に下落しており、本日23日の18時頃には再び1万ドル(約108万円)のラインを下回りました。

2019年2月28日〜2019年7月23日 BTC/JPYの日足チャート(画像:bitbank)2019年2月28日〜2019年7月23日 BTC/JPYの日足チャート(画像:bitbank)

多くのアナリスト達はこのまま下落が続けば、ビットコイン価格は8,500ドル(約92万円)まで下落することになると予想していますが、メイヤー倍数(*1)に焦点を当てているアナリスト「Crypto Kea」氏は先週、ビットコインの次のサポートラインが「7,148ドル〜8,700ドル(約77万円〜約94万円)」になる可能性があると語っていました。
(*1)メイヤー倍数(Mayer Multiple):「通貨の現在価格」を「通貨価格の200日移動平均」で割ることによって求められる倍数。メイヤー倍数が1を超えていれば強気相場、1より小さければ弱気相場ということになる。

同氏がこの予想を語った当時の200日移動平均価格は「5,957ドル(約64万円)」となっていたため、Crypto Kea氏が語ったサポートラインは「200日移動平均の1.20倍から1.46倍」に相当することになります。

"ビットコインの現在のメイヤー倍数"を確認することができる「MayerMultiple.Info」のデータによると、記事執筆時点のメイヤー倍数は「1.61」となっているため、Crypto Kea氏の理論に基づいて考えれば現在価格で考えてもビットコイン価格はさらに下落することになります。

同氏はこの理論に基づいて、現在"最も可能性の高い目標価格"は今の価格からさらに25%下落した7,505ドル(約81万円)付近になるだろうと予想しています。

価格調整後の「急上昇」に期待する声も

ビットコイン価格は短期的には下落すると予想されているものの、現在の調整が終わった後には大きな回復が見られる可能性があると期待が高まっています。

仮想通貨業界で以前から注目が集まっていた仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」は、本日23日に予定されていた通り"ビットコイン先物のテスト"が開始されたことを発表しています。

同社のサービスは今後2ヶ月以内には正式に開始される可能性があるとも伝えられているため、これからビットコイン価格が80万円台まで下がることになれば、"買いの機会"だと捉えた投資家が多く参入する可能性があります。

ビットコインは来年5月頃に半減期も控えているため、今回の調整は"買いタイミング"として最適だと考えられています。ビットコインは現在、1万ドル(108万円)付近で推移しており、記事執筆時点では「1BTC=1,079,562円」で取引されています。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Telegramの独自仮想通貨「Gram」今後2ヶ月以内に公開か=New York Times報道

Telegramの独自仮想通貨「Gram」今後2ヶ月以内に公開か=New York Times報道

SBI VCトレード:取引所サービスで「LTC・BCH」取扱い開始

SBI VCトレード:取引所サービスで「LTC・BCH」取扱い開始

ビットコイン「大幅な価格変動」は近い?著名アナリストが語る上昇・下落予想

ビットコイン「大幅な価格変動」は近い?著名アナリストが語る上昇・下落予想

XRP価格下落の原因はリップル社?大量売却の「中止」求める署名運動はじまる

XRP価格下落の原因はリップル社?大量売却の「中止」求める署名運動はじまる

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

中国自撮りアプリ大手「ビットコイン11億円相当」を追加購入|投資計画の上限に到達

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

注目度の高い仮想通貨ニュース

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

香港規制当局:暗号資産取引所の利用者「プロ投資家のみに限定すること」を提案

米Kraken(クラーケン)Android・iOS対応の「スマホ向けアプリ」リリース

米Kraken(クラーケン)Android・iOS対応の「スマホ向けアプリ」リリース

金融庁:暗号資産デリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」に警告

金融庁:暗号資産デリバティブ取引所「Bybit(バイビット)」に警告

仮想通貨決済対応の鮨店、NFT「SUSHI TOP SHOT」をリリース【銀座渡利】

仮想通貨決済対応の鮨店、NFT「SUSHI TOP SHOT」をリリース【銀座渡利】

【Cardano/ADA】カタリスト(Catalyst)の「投票方法」プロジェクト内容の確認方法も

【Cardano/ADA】カタリスト(Catalyst)の「投票方法」プロジェクト内容の確認方法も

Chiliz:試合予想で報酬がもらえる新機能「Sociosプリディクター」公開

Chiliz:試合予想で報酬がもらえる新機能「Sociosプリディクター」公開

NFT管理ウォレットを核としたエンタメDXのSaaS「N Suite」提供開始:double jump.tokyo

NFT管理ウォレットを核としたエンタメDXのSaaS「N Suite」提供開始:double jump.tokyo

火山エネルギー活用した「ビットコインマイニング」を指示:エルサルバドル大統領

火山エネルギー活用した「ビットコインマイニング」を指示:エルサルバドル大統領

Twitter CEO:ビットコイン少額送金技術「Lightning Network」の導入を示唆

Twitter CEO:ビットコイン少額送金技術「Lightning Network」の導入を示唆

政治家のビットコイン支持表明「メキシコ・トンガ」でも|エルサルバドルに続く

政治家のビットコイン支持表明「メキシコ・トンガ」でも|エルサルバドルに続く

Cardano×Nervos:相互運用性のための「クロスチェーンブリッジ」構築へ

Cardano×Nervos:相互運用性のための「クロスチェーンブリッジ」構築へ

チェーンリンク(LINK)「Hedera Hashgraphの運営審議会」に参加

チェーンリンク(LINK)「Hedera Hashgraphの運営審議会」に参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す