NBAチーム「Dallas Mavericks」ビットコイン決済を受け入れ|BitPayと提携

by BITTIMES

アメリカ・テキサス州ダラスに本拠地を構える全米プロバスケットボール協会(NBA)のチーム「Dallas Mavericks(ダラス・マーベリックス)」は、試合チケットや商品を購入する際の支払い手段として仮想通貨ビットコイン(Bitcoin/BTC)を受け入れる2番目のNBAチームとなりました。

こちらから読む:ヘビー級王者が新プロジェクト発足「スポーツ」関連ニュース

BTCで「試合チケット・商品」が購入可能に

Dallas Mavericks(ダラス・マーベリックス)は2019年8月13日に、仮想通貨決済サービスプロバイダーである「BitPay(ビットペイ)」のサービスを通じて、ビットコイン決済を受け入れ始めたことを発表しました。これにより、ファンの人々はダラス・マーベリックスの「試合チケット」や「商品」などを購入する際に仮想通貨ビットコインを使用することができるようになります。

ダラス・マーベリックスは、昨年1月の時点で今季から仮想通貨決済を導入する予定であることを明らかにしていました。同チームのオーナーであるMark Cuban(マーク・キューバン)氏は、公式発表の中で『私たちはビットコインで支払いたいと考えているファンの人々にその機会を提供したいと考えている』と語っており、『BitPayのシステムを採用することによって、世界中のファンの人々はスムーズにチケットなどを購入することができる』と説明しています。

同じくNBAチームである「Sacramento Kings(サクラメント・キングス)」は、2014年という非常に早い時期からビットコイン決済を受け入れていたため、ダラス・マーベリックスはサクラメント・キングスに続く2番目の"ビットコイン決済導入チーム"ということになります。

ダラス・マーベリックスは以前から積極的に仮想通貨業界と関わっており、昨年6月にはブロックチェーンや仮想通貨を活用したフィットネスアプリなどを提供している企業「リンポ(Lympo/LYM)」と提携して、アプリ内で獲得したトークンを使用して試合チケットやグッズなどを購入することができるサービスや、独自のフィットネス課題などを提供していました。

NBAではブロックチェーン・仮想通貨企業と協力する動きが進んでおり、最近では人気の分散型アプリケーション(DApps)「CryptoKitties(クリプトキティーズ)」を開発した企業「Dapper Labs」と協力して、ブロックチェーンベースのバスケットボールゲーム「NBA Top Shot(NBAトップショット)」の開発を行っていることも明らかにされています。

試合のチケット購入などでビットコインが使用できるようになったことによって、バスケットボール業界では仮想通貨がより一般的なものとして広まっていくと期待されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月23日〜29日

暗号資産ニュース週間まとめ|2019年6月23日〜29日

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月23日〜12月29日

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月23日〜12月29日

ビットコイン:半減期後初の難易度調整「マイナス6%」で完了

ビットコイン:半減期後初の難易度調整「マイナス6%」で完了

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

Apple Payと互換性のある「バーチャルVisaカード」発表:仮想通貨決済企業Crypterium

Pantera Capital:仮想通貨投資によるリターンは5年間で10,000%|1BTC=740万円と予想

Pantera Capital:仮想通貨投資によるリターンは5年間で10,000%|1BTC=740万円と予想

「ビットコイン一強」の時代が始まる?マックス・カイザー、アルトコインの終焉を予想

「ビットコイン一強」の時代が始まる?マックス・カイザー、アルトコインの終焉を予想

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan「ビットコインがもらえる!お友達紹介プログラム」開始

OKCoinJapan「ビットコインがもらえる!お友達紹介プログラム」開始

ビットバンク:クアンタム(QTUM)取扱い開始記念「取引手数料無料キャンペーン」開始

ビットバンク:クアンタム(QTUM)取扱い開始記念「取引手数料無料キャンペーン」開始

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

Bakkt CEO「アルトコインは取扱う予定だが、XRPはサポートしない」と発言

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

イオス開発企業「Block.one」のCTO、Daniel Larimer氏が辞任|新プロジェクトに注力

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

【NEM/XEM】Symbol(XYM)スナップショットの「実施日延期」が正式に決定

Chiliz関連のファントークン5銘柄、暗号資産取引所「HBTC」でも取引可能に

Chiliz関連のファントークン5銘柄、暗号資産取引所「HBTC」でも取引可能に

【BITMAX推し暗号資産アンケート】ビットコインを抜き「XRP」が1位ランクイン

【BITMAX推し暗号資産アンケート】ビットコインを抜き「XRP」が1位ランクイン

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す