ブロックチェーンゲーム「NBA Top Shot」開発へ|CryptoKitties運営企業と米NBAが協力

by BITTIMES

NBA(全米プロバスケットボール協会)は、人気の分散型アプリケーション(DApps)「CryptoKitties(クリプトキティーズ)」を開発した企業「Dapper Labs」と協力して、ブロックチェーンベースのバスケットボールゲーム「NBA Top Shot(NBAトップショット)」の開発に取り組んでいます。

こちらから読む:サッカー・アメフト・バスケなど「スポーツ」関連ニュース

NBA選手の「様々なプレー」をトークン化

NBA(全米プロバスケットボール協会)とDapper Labsが共同で開発している「NBA Top Shot(NBAトップショット)」は、自分の理想的なチームを編成することができるブロックチェーンゲームであり、NBA選手会(NBPA)も開発に協力する本格的なNBA公式ゲームとなっています。

このゲームは単にチームや選手を育成できるだけでなく、NBA選手が実際に試合でプレーした内容も反映される仕組みとなっており、これらのプレーをブロックチェーン技術も用いてトークン化することによって価値を持たせれるようになっています。

具体的には、「新人王・得点王などを受賞した経歴を持つKevin Durant(ケビン・デュラント)選手の"3ポイントシュート"」や「Joel Embiid(ジョエル・エンビード)選手の"ダンクシュート"」などがトークン化されており、それらのトークンは購入・売買・取引することができると伝えられています。

またこれらのトークン(プレー)は、オンライン上で開催されるトーナメントなどでも利用することができるとされています。ゲームで使用されるブロックチェーンに関しては"まだ検討中"とはされているものの、「CryptoKitties」でも使用されていたイーサリアム(ETH)をベースにする可能性が高いと伝えられています。

「NBA Top Shot」の公式サイトにはまだほとんど情報が掲載されていないものの、2019年秋にローンチすることを予定しており、ゲーム自体は2020年初頭にプレイできるようになる予定だと伝えられています。

「仮想通貨マイニング」を行うNBAチームも

バスケットボールの世界でも仮想通貨やブロックチェーンは普及し始めており、NBAチームである「Sacramento Kings(サクラメント・キングス)」はスタジアム内でイーサリアムのマイニングを行なっています。

また、同じくNBAチームである「Houston Rockets(ヒューストン・ロケッツ)」は、大手マイニング企業である「Antpool(アントプール)」とスポンサー契約を結び、試合の合間に300ドル相当のビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)を獲得することができるミニゲームを開催したりしています。

バスケットボールのブロックチェーンゲームがリリースされることによって、今後は仮想通貨とNBAの関わりがより強まっていくことになると期待されます。

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bianace Jersey:公式Twitterハッキングされる→ハッカーに「報奨金」を授与

Bianace Jersey:公式Twitterハッキングされる→ハッカーに「報奨金」を授与

ErisX:ニューヨーク州で「仮想通貨交換業ライセンス」取得

ErisX:ニューヨーク州で「仮想通貨交換業ライセンス」取得

中国の警察庁は海外の仮想通貨取引をも監視している?

中国の警察庁は海外の仮想通貨取引をも監視している?

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

ビットコイン総供給量「2,100万枚」を凌駕|Coinbaseユーザー数が3,000万人を突破

1ビットコイン=20円で「42,085BTC」購入?コインベースでエラー発生か

1ビットコイン=20円で「42,085BTC」購入?コインベースでエラー発生か

GMOコイン:現金がもらえる「暗号資産FXデビューキャンペーン」開催

GMOコイン:現金がもらえる「暗号資産FXデビューキャンペーン」開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

価値あるNFTを表彰するオンラインイベント「NFT Awards 2020」エントリー受付開始

価値あるNFTを表彰するオンラインイベント「NFT Awards 2020」エントリー受付開始

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

KuCoinハッキング事件「疑わしいアドレス」公開|各プロジェクトが続々と資金洗浄対策

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

ビットバンク:暗号資産の「販売所」サービス提供へ|業界最小水準のスプレッドを予定

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

ブロックチェーンを基盤とした「電気自動車と電力網の接続規格」作成:MOBI

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

中国・深セン政府:デジタル人民元「1.5億円相当」を一般市民に配布

欧州連合(EU)仮想通貨関連の包括的な規制「2024年」までに導入へ

欧州連合(EU)仮想通貨関連の包括的な規制「2024年」までに導入へ

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

アポロンFC:Sociosアプリのファン投票で「フォーメーション・選手配置」決定へ

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

暗号資産取引所「KuCoin」大規模な出金を検出|複数銘柄でハッキング被害か

JD.com子会社:CBDC開発で「中国人民銀行デジタル通貨研究所」と提携

JD.com子会社:CBDC開発で「中国人民銀行デジタル通貨研究所」と提携

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

コインチェック:暗号資産取引所サービスに「MONA・ETC」を追加

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

グローバルステーブルコイン「適切な規制まで運用してはならない」G7が表明

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す