BINANCE:仮想通貨プロジェクト「Venus」を発表|政府・企業との協力も計画

by BITTIMES   

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は2019年8月19日、新しい仮想通貨プロジェクトである「Venus(ヴィーナス)」を発表しました。同社はこれまでに培ってきた技術などを活用し、政府・企業・組織などと協力して既存の金融覇権を破る「オープンなコミュニティ」を構築すると説明しています。

こちらから読む:楽天ウォレット、現物取引サービスを開始「仮想通貨」関連ニュース

既存の金融覇権を破る「オープンなコミュニティ」を構築

BINANCE(バイナンス)が発表した仮想通貨「Venus(ヴィーナス)」は、Facebook(フェイスブック)が今年発表した仮想通貨「Libra(リブラ)」の"地域版"のようなものだと説明されています。

バイナンスは公式発表の中で、同社が「すでに様々な大陸の様々な地域でグローバルなネットワークを構築していること」や「独自のブロックチェーンでステーブルコインの取引サービスを提供していること」のほか「送金速度も銀行と同じレベルにまで達していること」などを説明しており、これらを基盤として政府やグローバル企業などの参加を求め、既存の金融覇権を破り、オープンでエコなコミュニティを構築していくという目標を語っています。

BINANCEはこれまでにも世界各国の規制を遵守しつつサービスを拡大してきており、現在は
・Binance Uganda(バイナンス・ウガンダ)
・Binance Jersey(バイナンス・ジャージー)
・Binance Singapore(バイナンス・シンガポール)
を立ち上げています。また今後2ヶ月以内には「Binance US」も正式にサービスが開始される予定となっています。

また、バイナンスは独自のブロックチェーンである「Binance Chain(バイナンスチェーン)」も立ち上げており、ビットコイン(BTC)ベースとしたステーブルコインと、英ポンド(GBP)をベースとしたステーブルコインも発行しています。

このような既存のサービスを活用していくことによって「Venus」のプロジェクトはより魅力的なサービスを展開していくことができると期待されます。

政府・企業・組織とも積極的に協力

「Venus」の詳細は明らかにされていないものの、バイナンスは世界で影響力を持つ政府や企業、組織などと協力していく意思を語っており、このような仮想通貨を活用していくために必要なこととして、各国政府に対して以下の3つことに注目することを推奨しています。

  1. 将来の金融システムにおけるブロックチェーンと仮想通貨の戦略的地位を確立する
  2. 一定の範囲内でサンドボックス制度を確立し、仮想通貨決済サービスをテストする
  3. 民間企業がステーブルコインを発行し、国境を越えた決済システムを開発できるようにする

バイナンスは今回の発表で「Venus」が「Libra」のようなプロジェクトであることを説明してはいるものの、バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏はLibraに反対している訳ではなく、以前はバイナンスが「Libra」に参加する可能性があることも示唆しています。

>>「BINANCEの公式発表」はこちら

2019年8月19日|Binance Coin(BNB)の価格

バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の価格は、今回の発表後に6%ほど上昇しており、2019年8月19日時点では「1BNB=3,065.92円」で取引されています。

BNBを購入することができる仮想通貨取引所BINANCEの登録方法はこちら

2019年8月12日〜2019年8月19日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)2019年8月12日〜2019年8月19日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

John McAfeeがマカフィーコイン(McAfee Coin)をリリースか

John McAfeeがマカフィーコイン(McAfee Coin)をリリースか

CARDANO財団の「資金問題」解決に糸口|マイケル・パーソンズ会長辞任へ

CARDANO財団の「資金問題」解決に糸口|マイケル・パーソンズ会長辞任へ

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

BitMEX CEO「アーサー・ヘイズ氏」退任へ|運営会社の経営陣に複数の変更

BlackRockのビットコインETF「運用資産額=20億ドル」に到達|約50,000BTCを保有

BlackRockのビットコインETF「運用資産額=20億ドル」に到達|約50,000BTCを保有

メタマスク:仮想通貨盗難を防止する新機能「セキュリティアラート」を発表

メタマスク:仮想通貨盗難を防止する新機能「セキュリティアラート」を発表

仮想通貨決済のSlash「Mantle Network」と提携|SVLエコシステムの移行も発表

仮想通貨決済のSlash「Mantle Network」と提携|SVLエコシステムの移行も発表

注目度の高い仮想通貨ニュース

中央銀行の通貨発行に「懲役刑」アルゼンチン大統領が法案を準備

中央銀行の通貨発行に「懲役刑」アルゼンチン大統領が法案を準備

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

ビットボットのプレセール、開始わずか3週間で45万ドルを調達

2024年の仮想通貨トレンド:日本のトレーダーが期待を寄せる3つの銘柄

2024年の仮想通貨トレンド:日本のトレーダーが期待を寄せる3つの銘柄

カルダノ(ADA)強気相場に向けた回復の兆し?著名アナリストの価格予想

カルダノ(ADA)強気相場に向けた回復の兆し?著名アナリストの価格予想

BlastUP:DAppsの立ち上げと資金調達に革命を起こすBlastでライブ配信開始

BlastUP:DAppsの立ち上げと資金調達に革命を起こすBlastでライブ配信開始

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

ドージコインとミームネーター、2024年の注目銘柄は?

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

Web3時代の新たなPR活動を推進「Support to Earn(S2E)」を発表:フィナンシェ × Where Verse

ユニスワップ:全く新しい拡張機能「Uniswap Extension」を発表

ユニスワップ:全く新しい拡張機能「Uniswap Extension」を発表

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

脱税者の仮想通貨追跡システム導入で「62億ウォン」の税金徴収=韓国

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

エコフレンドリーで新しいDePIN仮想通貨eTukTuk、気候変動への対策とマルチチェーンの採用で100万ドルの調達に成功

ChatGPTによる価格予測:ミームネーターが2024年に大きく飛躍?

ChatGPTによる価格予測:ミームネーターが2024年に大きく飛躍?

GameFi分野の新スターMeme Kombatが800万ドルの調達を達成、完売に向かって進むプレセール

GameFi分野の新スターMeme Kombatが800万ドルの調達を達成、完売に向かって進むプレセール

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

Astar(ASTR)の「dApp Staking」でステーキングする方法|画像付きでわかりやすく解説

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

確定申告はいつからいつまで?知っておきたい「仮想通貨の税金」に関する知識

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

ASTRも管理できる「Polkadot{.js}」のウォレット作成方法|画像付きでわかりやすく解説

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

仮想通貨の確定申告で必要な「年間取引報告書」のダウンロード方法【取引所別まとめ】

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

ソラナ基盤のDEX「Jupiter Exchange」とは?仮想通貨JUPの概要などもあわせて紹介

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

Shiba Inuのメタバース「Shib:The Metaverse」とは?最新情報・LAND購入方法など

人気のタグから探す