BINANCE:仮想通貨プロジェクト「Venus」を発表|政府・企業との協力も計画

by BITTIMES   

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は2019年8月19日、新しい仮想通貨プロジェクトである「Venus(ヴィーナス)」を発表しました。同社はこれまでに培ってきた技術などを活用し、政府・企業・組織などと協力して既存の金融覇権を破る「オープンなコミュニティ」を構築すると説明しています。

こちらから読む:楽天ウォレット、現物取引サービスを開始「仮想通貨」関連ニュース

既存の金融覇権を破る「オープンなコミュニティ」を構築

BINANCE(バイナンス)が発表した仮想通貨「Venus(ヴィーナス)」は、Facebook(フェイスブック)が今年発表した仮想通貨「Libra(リブラ)」の"地域版"のようなものだと説明されています。

バイナンスは公式発表の中で、同社が「すでに様々な大陸の様々な地域でグローバルなネットワークを構築していること」や「独自のブロックチェーンでステーブルコインの取引サービスを提供していること」のほか「送金速度も銀行と同じレベルにまで達していること」などを説明しており、これらを基盤として政府やグローバル企業などの参加を求め、既存の金融覇権を破り、オープンでエコなコミュニティを構築していくという目標を語っています。

BINANCEはこれまでにも世界各国の規制を遵守しつつサービスを拡大してきており、現在は
・Binance Uganda(バイナンス・ウガンダ)
・Binance Jersey(バイナンス・ジャージー)
・Binance Singapore(バイナンス・シンガポール)
を立ち上げています。また今後2ヶ月以内には「Binance US」も正式にサービスが開始される予定となっています。

また、バイナンスは独自のブロックチェーンである「Binance Chain(バイナンスチェーン)」も立ち上げており、ビットコイン(BTC)ベースとしたステーブルコインと、英ポンド(GBP)をベースとしたステーブルコインも発行しています。

このような既存のサービスを活用していくことによって「Venus」のプロジェクトはより魅力的なサービスを展開していくことができると期待されます。

政府・企業・組織とも積極的に協力

「Venus」の詳細は明らかにされていないものの、バイナンスは世界で影響力を持つ政府や企業、組織などと協力していく意思を語っており、このような仮想通貨を活用していくために必要なこととして、各国政府に対して以下の3つことに注目することを推奨しています。

  1. 将来の金融システムにおけるブロックチェーンと仮想通貨の戦略的地位を確立する
  2. 一定の範囲内でサンドボックス制度を確立し、仮想通貨決済サービスをテストする
  3. 民間企業がステーブルコインを発行し、国境を越えた決済システムを開発できるようにする

バイナンスは今回の発表で「Venus」が「Libra」のようなプロジェクトであることを説明してはいるものの、バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏はLibraに反対している訳ではなく、以前はバイナンスが「Libra」に参加する可能性があることも示唆しています。

>>「BINANCEの公式発表」はこちら

2019年8月19日|Binance Coin(BNB)の価格

バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の価格は、今回の発表後に6%ほど上昇しており、2019年8月19日時点では「1BNB=3,065.92円」で取引されています。

BNBを購入することができる仮想通貨取引所BINANCEの登録方法はこちら

2019年8月12日〜2019年8月19日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)2019年8月12日〜2019年8月19日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Bybit(バイビット)とは?基本情報・登録方法・特徴などを詳しく解説【画像あり】

Bybit(バイビット)とは?基本情報・登録方法・特徴などを詳しく解説【画像あり】

世界最大の資産運用会社BlackRock:2ファンドで「ビットコイン」を投資対象に

世界最大の資産運用会社BlackRock:2ファンドで「ビットコイン」を投資対象に

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月25日〜31日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年10月25日〜31日

ビットコインと金、等価値なら「1BTC=740万円」に|過小評価される理由とは

ビットコインと金、等価値なら「1BTC=740万円」に|過小評価される理由とは

注目度の高い仮想通貨ニュース

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月21日〜27日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月21日〜27日

米暗号資産取引所Kraken CEO「日本・東京」を新拠点候補の1つとして検討

米暗号資産取引所Kraken CEO「日本・東京」を新拠点候補の1つとして検討

マイアミのナイトクラブ「E11EVEN」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPなど4銘柄

マイアミのナイトクラブ「E11EVEN」仮想通貨決済に対応|BTC・XRPなど4銘柄

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

日本暗号資産ビジネス協会「地方自治体・研究教育機関・公的機関向けの会員種別」を新設

カナダ当局「3つのイーサリアムETF(上場投資信託)」を承認|20日から取引開始予定

カナダ当局「3つのイーサリアムETF(上場投資信託)」を承認|20日から取引開始予定

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

BINANCE:コインベースの株式トークン「Coinbase Stock Token(COIN)」取扱いへ

イタリアの自動車メーカー「Fiat」EVドライバーに仮想通貨報酬を付与

イタリアの自動車メーカー「Fiat」EVドライバーに仮想通貨報酬を付与

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

金融大手Fidelity:米SECに「ビットコインETF」を申請

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

ビットコイン価格:過去最高値を更新し「700万円」に到達|長期的な価格上昇続く

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す