BINANCE:仮想通貨プロジェクト「Venus」を発表|政府・企業との協力も計画

by BITTIMES   

仮想通貨取引所BINANCE(バイナンス)は2019年8月19日、新しい仮想通貨プロジェクトである「Venus(ヴィーナス)」を発表しました。同社はこれまでに培ってきた技術などを活用し、政府・企業・組織などと協力して既存の金融覇権を破る「オープンなコミュニティ」を構築すると説明しています。

こちらから読む:楽天ウォレット、現物取引サービスを開始「仮想通貨」関連ニュース

既存の金融覇権を破る「オープンなコミュニティ」を構築

BINANCE(バイナンス)が発表した仮想通貨「Venus(ヴィーナス)」は、Facebook(フェイスブック)が今年発表した仮想通貨「Libra(リブラ)」の"地域版"のようなものだと説明されています。

バイナンスは公式発表の中で、同社が「すでに様々な大陸の様々な地域でグローバルなネットワークを構築していること」や「独自のブロックチェーンでステーブルコインの取引サービスを提供していること」のほか「送金速度も銀行と同じレベルにまで達していること」などを説明しており、これらを基盤として政府やグローバル企業などの参加を求め、既存の金融覇権を破り、オープンでエコなコミュニティを構築していくという目標を語っています。

BINANCEはこれまでにも世界各国の規制を遵守しつつサービスを拡大してきており、現在は
・Binance Uganda(バイナンス・ウガンダ)
・Binance Jersey(バイナンス・ジャージー)
・Binance Singapore(バイナンス・シンガポール)
を立ち上げています。また今後2ヶ月以内には「Binance US」も正式にサービスが開始される予定となっています。

また、バイナンスは独自のブロックチェーンである「Binance Chain(バイナンスチェーン)」も立ち上げており、ビットコイン(BTC)ベースとしたステーブルコインと、英ポンド(GBP)をベースとしたステーブルコインも発行しています。

このような既存のサービスを活用していくことによって「Venus」のプロジェクトはより魅力的なサービスを展開していくことができると期待されます。

政府・企業・組織とも積極的に協力

「Venus」の詳細は明らかにされていないものの、バイナンスは世界で影響力を持つ政府や企業、組織などと協力していく意思を語っており、このような仮想通貨を活用していくために必要なこととして、各国政府に対して以下の3つことに注目することを推奨しています。

  1. 将来の金融システムにおけるブロックチェーンと仮想通貨の戦略的地位を確立する
  2. 一定の範囲内でサンドボックス制度を確立し、仮想通貨決済サービスをテストする
  3. 民間企業がステーブルコインを発行し、国境を越えた決済システムを開発できるようにする

バイナンスは今回の発表で「Venus」が「Libra」のようなプロジェクトであることを説明してはいるものの、バイナンスのCEOであるChangpeng Zhao(ジャオ・チャンポン)氏はLibraに反対している訳ではなく、以前はバイナンスが「Libra」に参加する可能性があることも示唆しています。

>>「BINANCEの公式発表」はこちら

2019年8月19日|Binance Coin(BNB)の価格

バイナンスコイン(Binance Coin/BNB)の価格は、今回の発表後に6%ほど上昇しており、2019年8月19日時点では「1BNB=3,065.92円」で取引されています。

BNBを購入することができる仮想通貨取引所BINANCEの登録方法はこちら

2019年8月12日〜2019年8月19日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)2019年8月12日〜2019年8月19日 BNBのチャート(画像:CoinMarketCap)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨出資金詐欺ワンコイン関係者2名「遺体」で発見

仮想通貨出資金詐欺ワンコイン関係者2名「遺体」で発見

本当は怖いビットコイン税金対策「いくらになるのか計算してみた」

本当は怖いビットコイン税金対策「いくらになるのか計算してみた」

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「MoriX Wallet Card」発売へ|仮想通貨7銘柄に対応

指紋認証機能付きハードウェアウォレット「MoriX Wallet Card」発売へ|仮想通貨7銘柄に対応

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)ビットコインの取り扱い開始

SBIバーチャルカレンシーズ(SBIVC)ビットコインの取り扱い開始

コイネージ(COINAGE)「ビットコイン現物販売所」のサービス開始|キャンペーンも開催

コイネージ(COINAGE)「ビットコイン現物販売所」のサービス開始|キャンペーンも開催

ロシア選挙監視団体:ブロックチェーンを活用した「電子投票システム」をテスト導入

ロシア選挙監視団体:ブロックチェーンを活用した「電子投票システム」をテスト導入

注目度の高い仮想通貨ニュース

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産、税金制度変更の可能性は?金融庁「2021年度 税制改正要望項目」を公開

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

暗号資産ウォレット「BRD」ユーザー数600万人突破|インド・中南米で利用者増加

【日本国内初】一般個人投資家向け「不動産STO」実施:葉山の古民家宿づくりファンド

【日本国内初】一般個人投資家向け「不動産STO」実施:葉山の古民家宿づくりファンド

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

暗号資産ウォレット「偽のアップデート通知」に要注意|2年間で約23億円相当の被害

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

ファンタジーサッカーゲームSorare「パリ・サンジェルマンFC」とライセンス契約

ファンタジーサッカーゲームSorare「パリ・サンジェルマンFC」とライセンス契約

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

SBI VCトレード:暗号資産XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン(第2弾)」開催へ

SBI VCトレード:暗号資産XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン(第2弾)」開催へ

総合格闘技団体PFL「Socios.com」で公式ファントークン発行へ|投票イベントなどを開催

総合格闘技団体PFL「Socios.com」で公式ファントークン発行へ|投票イベントなどを開催

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

カルダノ(Cardano/ADA)GitHub開発活動ランキングで引き続き「1位」獲得

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す