Age of ILCoin:ブロックチェーンプロジェクト「ILCoin」ゲームレビュー

by BITTIMES

日本のモバイルゲーム業界

日本は常に、任天堂、セガ、スクウェア・エニックスなど、巨大で影響力のあるゲーム会社の本拠地でした。しかし、今日では、コンソールゲームやPCゲームは、モバイルゲームの人気の高まりにより地位を失い、世界中の何百万人もの人々がスマートフォンゲームに時間を奪われています。 2018年、日本には6,670万人のスマホゲーマーが合計192億ドルを費やし、モバイルゲーム市場の収益は世界第3位となりました。

ILCoinブロックチェーンプロジェクトの紹介

ILCoinブロックチェーンプロジェクトは、すでに大流行の兆しを見せています。4年以上前に設立されたILCoinは、Bitcoinの実行可能な代替物として、その地位を確立しています。また、革新的な技術により、ビットコインよりも1秒あたりのトランザクション数が増え、スケーラビリティが向上します。

このプロジェクトの根幹にある哲学は「より優れた技術」です。世界クラスのエンジニアと起業家のチームが、量子コンピューティングの脅威に耐えられるように設計された、高度なセキュリティーのデジタル資産を開発しました。

ユニークなコマンドチェーンプロトコル(C2P)を使用するILCoinは、現在市場に存在する最も安全な製品の1つです。このプロトコルは、悪意のある攻撃やハッキングの脅威を防ぐために複数のブロックメカニズムを使用します。これにより、ILCoinのブロックチェーンは、51%攻撃や量子コンピューティングを介した攻撃の影響を受けません。

ILCoin 最初の Dapp(分散アプリケーション)

つい最近、2019年7月に、プロジェクトはその最初の分散アプリケーション(Dapp)をリリースしました。このアプリはSHA-256ブロックチェーンに基づいて作成されており、実際のILCコインの支払いと受け取りができます。

Age of ILCoinはタワー・ディフェンス系のモバイルゲームで、エイリアンの攻撃を阻止して自分のILCoinsを保護するゲームです。

現時点では、このゲームはGoogle Playマーケットを通してAndroidデバイスでのみ利用可能です。ダウンロード数はすでに500以上で、評価は4.3です。開発者は、間も無くiOSのリリースも行うことを約束しています。

ゲームデザインは、カートゥーン風で、80年代と90年代のビデオゲーマーに非常に懐かしい。

ゲームのストーリーは、宇宙海賊のグループがクラブで酒を飲むところから始まります。ただし、支払いの際、バーテンダーがスペースコインの受け取りを拒否し、ILCoinsのみを受け付けていると言います。地球はILCが豊富で、海賊のリーダーであるダ・ボスは、それを奪取するために地球を攻撃する計画を組み立てるよう、部下に命令します。

の画像

プレイヤーとは別に、2人の主人公がいます。それは、ILCoin 鉱山の唯一のディフェンダーであるマイナーと、ゲーム全体を通してプレイヤーをガイドおよび支援するC2Pです。ディフェンスタワーの建設やアップグレードなど、すべての操作を担当するのがマイナーで、C2Pはその背後にいる参謀です。C2Pは、時々、衛星を操作し、戦場に強力な粒子ビーム攻撃をします。

の画像

ゲームは4つのエリアと16のレベルを含め、新しいレベルは前のレベルをクリアしないとプレイできません。レベルの開始時に、プレーヤーは15のライフと150のマイクロILCコイン(ゲーム内通貨)を持ちます。つまり、ゲームが終了するまで15人のエイリアンがルートを通過したら負けです。150の初期コインにより、プレーヤーは3つの初期タワーを構築し、侵入に対する防御を開始できます。追加のコインは敵を倒したらもらえます。敵が強いほど、報酬は大きくなります。コインは、新しいタワーを構築したり、古いタワーをアップグレードするのに使えます。残念ながら、コインはレベル間で転送されません。

の画像

タワーは5タイプあり、タイプによって50、200、250、400、500コインがかかります。タワーを解体して、建設に払ったコインの一部を取り戻すこともできます。

の画像

タワーにはさまざまな防御メカニズムが備わっているため、プレイヤーはタワーの種類とルート上の位置を選択する必要があり、ゲームに戦略的な要素が追加されます。

各レベルを完了すると、1000ポイントが付与されます。これらのポイントは、ゲーム内の追加コインを購入し、後で新しいタワーやアップグレードを買うのに使用できます。プレーヤーは、既に取得した資産とアップグレードを売却および交換できます。開発チームは、獲得したポイントを実際のILCに移行できると発表しました。この機能は今後のアップデートで実装される予定です。

Ilcoin 開発チームは、新しいレベル、敵、グラフィック要素などを2か月ごとに更新して徐々に追加する予定です。ストーリーも、もっと追加されます。すべてのアップデートには、リリース前にティーザーが付属します。

全体像と将来の計画

ILCoin開発チームがAge of ILCoinを作成する際に掲げた目標の1つは、ブロックチェーンベースのゲームの普及を支援することです。ゲーミング分野におけるブロックチェーン使用の拡大は技術全体の普及と開発に繋がります。さらに、ILCoinのテクノロジーを活用すれば、誰でもプロジェクトのブロックチェーン上で、独自のアプリケーションの作成に取り組むことができます。チームは常に必要な支援を提供しています。

ゲーム、およびプロジェクト全般との開発に関する詳細については、公式ウェブサイトTelegramチャンネルをご覧ください。


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BaseFEX:第二回ベータテストにも「20BTC」を提供

BaseFEX:第二回ベータテストにも「20BTC」を提供

【プレセール中】ユニコーン育成ゲーム『UnicornGO』

【プレセール中】ユニコーン育成ゲーム『UnicornGO』

コインセキュリティーの落とし穴

コインセキュリティーの落とし穴

【BQT取引所】仮想通貨FXに特化した「P2Pヘッジ取引プラットフォーム」

【BQT取引所】仮想通貨FXに特化した「P2Pヘッジ取引プラットフォーム」

Bybit(バイビット)トレーダー向け「戦略アラート機能」追加|価格変化をリアルタイム確認

Bybit(バイビット)トレーダー向け「戦略アラート機能」追加|価格変化をリアルタイム確認

Universal Robots「UR5ロボット」のアプリケーション

Universal Robots「UR5ロボット」のアプリケーション

注目度の高い仮想通貨ニュース

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

PlanB氏が語る「ビットコインの強気相場がまだ終わらない理由」

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

PLAYBOY(プレイボーイ)「Nifty Gateway」との提携を通じてNFT市場に参入

PLAYBOY(プレイボーイ)「Nifty Gateway」との提携を通じてNFT市場に参入

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

米暗号資産取引所Kraken CEO「日本・東京」を新拠点候補の1つとして検討

米暗号資産取引所Kraken CEO「日本・東京」を新拠点候補の1つとして検討

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

三井住友信託銀行「国内初のデジタル証券」月内発行の可能性=日経報道

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

世界初「ボカロ楽曲の共創NFT」1枚限定オークション開始【Nor × double jump.tokyo】

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

XRP再上場求める「#RelistXRP」運動活発化|XRP価格は60円台まで回復

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

Tesla(テスラ)「ビットコイン決済」に正式対応|支払われたBTCはそのまま保有

BINANCE「約650億円相当のBNB」をバーン|価格高騰で過去最高の焼却金額に

BINANCE「約650億円相当のBNB」をバーン|価格高騰で過去最高の焼却金額に

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

CME:個人投資家向けの「マイクロビットコイン先物」提供へ

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

グレースケール:仮想通貨ファンドに「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す