Weiss Ratingsの評価する暗号通貨トップ3とは?

by BITTIMES   

米投資格付け局であるWeiss Ratingsは、仮想通貨投資家向けの緊急ブリーフィングを行いました。

今回の会議は、ウェブサイトの創始者、マーティン・ワイス博士によって率いられ、暗号通貨評価モデルの専門家Juan Villaverde、Bitcoin Veteran Tristan Amzallag、シニアアナリストのGavin Magorによってサポートされました。

このWebセミナーでは、Villaverde氏が各暗号通貨の格付けと格付けされた各要因の数学的結論にどのようになっているのかを具体的に強調しました。会議中に、格付けは「美容コンテスト」ではなく、数字やデータに基づいて厳密に推進されていると、Villaverde氏は説明しました。

これらの格付けは、技術、採用、リスク/報酬の3つの指標から作成されたデータを使用して、潜在性についての偏りのない表現を投資家に提供します。

オンライン会議の最後に、彼らは投資家が購入できるいくつかの売り上げを試して、仮想通貨投資の投資利益を増やすアドバイスをしました。
今回はVillaverde氏が紹介した中から、3つの暗号通貨を以下に掲載します。

Villaverde氏の評価するトップ3の通貨

イオス(EOS)

イオス(EOS)は統計に基づいて強いリスク/報酬を持ち、すぐにより強く/より速いイーサリアム(ETH)になるとVillaverde氏は考えています。システムは無償で、彼がイーサリアムの上に置くと信じる大きなポイントです。

カルダノエイダコイン(ADA)

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)は完成から約2年ですが、すでに時価総額で7番目に大きな暗号通貨となっています。Villaverde氏は、カルダノが将来的にはコードのアップグレードとコード自体の基礎に重点を置いていることから、Cardanoが将来的にはより良いEOSになると考えています。カルダノはまだアルファ段階にあるかもしれませんが、自己資金であり、開発者にコーディング開発に特化して支払うことができるため、滑走路が強くあります。

Steem

Steemは現在、Steepitのウェブサイト上で共有可能でコンテンツを作成するために、個人の暗号通貨を支払う作業プラットフォームです。そのプラットフォームは現在、1日に150万件の取引を行っています。この暗号通貨は、現在作業プラットフォームを持っている唯一のものであり、毎日数百万人が使用しています。

(引用元:Weiss Ratings Cryptocurrency Briefing

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ethos Universal Wallet:次回アップデート(1.9)で「Cardano/ADA」対応を発表

Ethos Universal Wallet:次回アップデート(1.9)で「Cardano/ADA」対応を発表

CoinMarketCap:仮想通貨の「ランキング手法」変更へ|取引高の水増しに対処

CoinMarketCap:仮想通貨の「ランキング手法」変更へ|取引高の水増しに対処

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

製薬大手Rocheも参加する「dHealth Network」Occamを通じてカルダノエコシステムに参加

仮想通貨の「年末価格」フィンテック専門家10名が徹底予測|TRX・BNBなど13銘柄

仮想通貨の「年末価格」フィンテック専門家10名が徹底予測|TRX・BNBなど13銘柄

Moonstakeウェブウォレット:Cardano(ADA)の「ステーキング」に対応

Moonstakeウェブウォレット:Cardano(ADA)の「ステーキング」に対応

【Cardano/ADA】Shelleyへのアップグレードを完了「Daedalus 2.0.0」もリリース

【Cardano/ADA】Shelleyへのアップグレードを完了「Daedalus 2.0.0」もリリース

注目度の高い仮想通貨ニュース

ディーカレットHD「暗号資産事業売却」に関する一部報道内容について否定

ディーカレットHD「暗号資産事業売却」に関する一部報道内容について否定

Ilgamosのオーナーとその娘に対して逮捕状|メキシコ検察

Ilgamosのオーナーとその娘に対して逮捕状|メキシコ検察

Liquid「Liquidアカウント間の暗号資産出庫手数料」を無料化|BTC・ETHなど全銘柄で

Liquid「Liquidアカウント間の暗号資産出庫手数料」を無料化|BTC・ETHなど全銘柄で

Disney:メタバース・AR関連で「仮想世界シミュレーター」の特許取得

Disney:メタバース・AR関連で「仮想世界シミュレーター」の特許取得

所有する全てのNFTで遊べるゲームを目指す「TCGVerse構想」を発表:CryptoGames

所有する全てのNFTで遊べるゲームを目指す「TCGVerse構想」を発表:CryptoGames

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月2日〜8日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2022年1月2日〜8日

SBI VCトレード(旧TAOTAO)宝くじがもらえる「新春キャンペーン」開始

SBI VCトレード(旧TAOTAO)宝くじがもらえる「新春キャンペーン」開始

Huobi Japan:2,000円相当の暗号資産がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

Huobi Japan:2,000円相当の暗号資産がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開始

米MicroStrategy CEO:ビットコイン価格「600万ドル」になると予想

米MicroStrategy CEO:ビットコイン価格「600万ドル」になると予想

仮想通貨決済のための多機能なオプションを提供する「B2BinPay」

仮想通貨決済のための多機能なオプションを提供する「B2BinPay」

東京ハッシュ「年率6.5%貸暗号資産サービス第1回目の申込受付」開始

東京ハッシュ「年率6.5%貸暗号資産サービス第1回目の申込受付」開始

カルダノ基盤のメタバースプラットフォーム「Pavia(パヴィア)」ローンチ

カルダノ基盤のメタバースプラットフォーム「Pavia(パヴィア)」ローンチ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ブロックトピア(Bloktopia/BLOK)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ディーヘルスネットワーク(dHealth Network/DHP)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ソロジェニック(Sologenic/SOLO)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産取引所「CoinEx(コインエックス)」とは?特徴・メリット・デメリットを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ザ・サンドボックス(The Sandbox/SAND)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ディセントラランド(Decentraland/MANA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す