Weiss Ratingsの評価する暗号通貨トップ3とは?

by BITTIMES   

米投資格付け局であるWeiss Ratingsは、仮想通貨投資家向けの緊急ブリーフィングを行いました。

今回の会議は、ウェブサイトの創始者、マーティン・ワイス博士によって率いられ、暗号通貨評価モデルの専門家Juan Villaverde、Bitcoin Veteran Tristan Amzallag、シニアアナリストのGavin Magorによってサポートされました。

このWebセミナーでは、Villaverde氏が各暗号通貨の格付けと格付けされた各要因の数学的結論にどのようになっているのかを具体的に強調しました。会議中に、格付けは「美容コンテスト」ではなく、数字やデータに基づいて厳密に推進されていると、Villaverde氏は説明しました。

これらの格付けは、技術、採用、リスク/報酬の3つの指標から作成されたデータを使用して、潜在性についての偏りのない表現を投資家に提供します。

オンライン会議の最後に、彼らは投資家が購入できるいくつかの売り上げを試して、仮想通貨投資の投資利益を増やすアドバイスをしました。
今回はVillaverde氏が紹介した中から、3つの暗号通貨を以下に掲載します。

Villaverde氏の評価するトップ3の通貨

イオス(EOS)

イオス(EOS)は統計に基づいて強いリスク/報酬を持ち、すぐにより強く/より速いイーサリアム(ETH)になるとVillaverde氏は考えています。システムは無償で、彼がイーサリアムの上に置くと信じる大きなポイントです。

カルダノエイダコイン(ADA)

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)は完成から約2年ですが、すでに時価総額で7番目に大きな暗号通貨となっています。Villaverde氏は、カルダノが将来的にはコードのアップグレードとコード自体の基礎に重点を置いていることから、Cardanoが将来的にはより良いEOSになると考えています。カルダノはまだアルファ段階にあるかもしれませんが、自己資金であり、開発者にコーディング開発に特化して支払うことができるため、滑走路が強くあります。

Steem

Steemは現在、Steepitのウェブサイト上で共有可能でコンテンツを作成するために、個人の暗号通貨を支払う作業プラットフォームです。そのプラットフォームは現在、1日に150万件の取引を行っています。この暗号通貨は、現在作業プラットフォームを持っている唯一のものであり、毎日数百万人が使用しています。

(引用元:Weiss Ratings Cryptocurrency Briefing

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

CARDANO(ADA):AI市場予測の仮想通貨投資プラットフォーム「Alphacat」に追加

CARDANO(ADA):AI市場予測の仮想通貨投資プラットフォーム「Alphacat」に追加

CARDANO(ADA)仮想通貨格付け企業DPRatingのランキングで「1位」を獲得

CARDANO(ADA)仮想通貨格付け企業DPRatingのランキングで「1位」を獲得

BINANCE US:上場予定の仮想通貨「30銘柄」を公開|ADA・XRPなども検討

BINANCE US:上場予定の仮想通貨「30銘柄」を公開|ADA・XRPなども検討

仮想通貨11銘柄の「年末価格予想」を公開|ベストセラー作家:William Mougayar

仮想通貨11銘柄の「年末価格予想」を公開|ベストセラー作家:William Mougayar

コインベース:仮想通貨4種類の上場を発表|XRP・ADAなどの取り扱いも検討

コインベース:仮想通貨4種類の上場を発表|XRP・ADAなどの取り扱いも検討

2040年:ビットコイン(BTC)は「金を置き代える」存在に|Block.one CEOが強気発言

2040年:ビットコイン(BTC)は「金を置き代える」存在に|Block.one CEOが強気発言

注目度の高い仮想通貨ニュース

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

LINE「LINK Rewards Program」提供開始|LINKリワードが貰えるキャンペーンも開催

LINE「LINK Rewards Program」提供開始|LINKリワードが貰えるキャンペーンも開催

スイス:大学・企業が連携する「ティチーノ州ブロックチェーン技術協会」設立

スイス:大学・企業が連携する「ティチーノ州ブロックチェーン技術協会」設立

日本の暗号資産・ブロックチェーン業界団体「JCBA・JBA」が連携|共催イベントなど実施へ

日本の暗号資産・ブロックチェーン業界団体「JCBA・JBA」が連携|共催イベントなど実施へ

コインチェック:暗号資産「アイオーエスティー(IOST)」取扱いへ【日本国内初】

コインチェック:暗号資産「アイオーエスティー(IOST)」取扱いへ【日本国内初】

コインチェック:アルトコイン取引所で「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

コインチェック:アルトコイン取引所で「イーサリアムクラシック(ETC)」取扱いへ

Zaif(ザイフ)「金融庁への業務改善報告義務」本日31日で解除に

Zaif(ザイフ)「金融庁への業務改善報告義務」本日31日で解除に

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引サービスの「取引手数料」変更へ

GMOコイン:暗号資産レバレッジ取引サービスの「取引手数料」変更へ

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

XRP保有者に対するSparkトークン付与「国内取引所の対応方針」まとめ:Flare Networks

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

VeChain財団「中国国家動物健康・食品安全創新連盟」に参加|130社以上を技術支援

スイスの大手保険会社「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHによる支払いを受け入れ

スイスの大手保険会社「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHによる支払いを受け入れ

バハマ中央銀行:CBDC「Sand Dollars(サンドドル)」2020年10月発行へ

バハマ中央銀行:CBDC「Sand Dollars(サンドドル)」2020年10月発行へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す