Weiss Ratingsの評価する暗号通貨トップ3とは?

by BITTIMES   

米投資格付け局であるWeiss Ratingsは、仮想通貨投資家向けの緊急ブリーフィングを行いました。

今回の会議は、ウェブサイトの創始者、マーティン・ワイス博士によって率いられ、暗号通貨評価モデルの専門家Juan Villaverde、Bitcoin Veteran Tristan Amzallag、シニアアナリストのGavin Magorによってサポートされました。

このWebセミナーでは、Villaverde氏が各暗号通貨の格付けと格付けされた各要因の数学的結論にどのようになっているのかを具体的に強調しました。会議中に、格付けは「美容コンテスト」ではなく、数字やデータに基づいて厳密に推進されていると、Villaverde氏は説明しました。

これらの格付けは、技術、採用、リスク/報酬の3つの指標から作成されたデータを使用して、潜在性についての偏りのない表現を投資家に提供します。

オンライン会議の最後に、彼らは投資家が購入できるいくつかの売り上げを試して、仮想通貨投資の投資利益を増やすアドバイスをしました。
今回はVillaverde氏が紹介した中から、3つの暗号通貨を以下に掲載します。

Villaverde氏の評価するトップ3の通貨

イオス(EOS)

イオス(EOS)は統計に基づいて強いリスク/報酬を持ち、すぐにより強く/より速いイーサリアム(ETH)になるとVillaverde氏は考えています。システムは無償で、彼がイーサリアムの上に置くと信じる大きなポイントです。

カルダノエイダコイン(ADA)

カルダノエイダコイン(Cardano/ADA)は完成から約2年ですが、すでに時価総額で7番目に大きな暗号通貨となっています。Villaverde氏は、カルダノが将来的にはコードのアップグレードとコード自体の基礎に重点を置いていることから、Cardanoが将来的にはより良いEOSになると考えています。カルダノはまだアルファ段階にあるかもしれませんが、自己資金であり、開発者にコーディング開発に特化して支払うことができるため、滑走路が強くあります。

Steem

Steemは現在、Steepitのウェブサイト上で共有可能でコンテンツを作成するために、個人の暗号通貨を支払う作業プラットフォームです。そのプラットフォームは現在、1日に150万件の取引を行っています。この暗号通貨は、現在作業プラットフォームを持っている唯一のものであり、毎日数百万人が使用しています。

(引用元:Weiss Ratings Cryptocurrency Briefing

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【注意】ヨロイウォレットの「詐欺サイト」についてカルダノ財団が警告

【注意】ヨロイウォレットの「詐欺サイト」についてカルダノ財団が警告

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月14日〜20日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年3月14日〜20日

CARDANO財団の「資金問題」解決に糸口|マイケル・パーソンズ会長辞任へ

CARDANO財団の「資金問題」解決に糸口|マイケル・パーソンズ会長辞任へ

Cardano(ADA)が使えるコワーキングスペース「ToStart」を紹介【長崎県佐世保市】

Cardano(ADA)が使えるコワーキングスペース「ToStart」を紹介【長崎県佐世保市】

暗号資産4銘柄で「売り圧力」強まる可能性|PlusToken関連で数百億円規模の資金移動

暗号資産4銘柄で「売り圧力」強まる可能性|PlusToken関連で数百億円規模の資金移動

カルダノ(Cardano/ADA)価格急騰で「1ドル」突破|過去最高値更新も視野に

カルダノ(Cardano/ADA)価格急騰で「1ドル」突破|過去最高値更新も視野に

注目度の高い仮想通貨ニュース

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

米大手銀行BNYメロン:暗号資産インフラプロバイダー「Fireblocks」に出資

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

Visa:米ドルステーブルコイン「USDC」による決済機能導入へ

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

ステラ(XLM)「プロトコル16へのアップグレード」を完了|ノードのオフライン問題に対処

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

東カリブ中央銀行:デジタル通貨「DCash(Dキャッシュ)」を発行|同盟国内で流通へ

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

Morgan Stanley:富裕層向けの「ビットコイン投資商品」提供へ|米大手銀行で初

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

ブラジル証券取引委員会「2つの暗号資産ETF」を承認【南アメリカ初】

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

Chiliz関連ファントークン「楽天ポイント」と交換可能に|楽天ヨーロッパと提携

Coinbase Pro「CRV・STORJ・ANKR」の上場を発表|STORJ価格は100%以上高騰

Coinbase Pro「CRV・STORJ・ANKR」の上場を発表|STORJ価格は100%以上高騰

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す