仮想通貨市場全体で「10〜20%の大幅急落」BTC保有ポジション数にはやや変化

by BITTIMES

ビットコイン(Bitcoin/BTC)の価格は本日25日の午前3時頃から90分間で23万円近く急落し、その他主要な仮想通貨も過去24時間で10%以上の下落を見せています。今回の急落時には大量のロングポジションがロスカットしていることも報告されていますが、現在は再びロングポジションの数が上回ってきています。

こちらから読む:マネックス、株主優待でBTCを贈呈「仮想通貨」関連ニュース

アルトコインも「上昇前の価格帯」に逆戻り

ビットコイン(BTC)の価格は、本日25日の午前3時頃〜午前4時30分頃に20万円以上急落し、一時的に「1BTC=約89万円」まで下落しました。その後は一度反発したものの現時点では94万円付近の抵抗線を超え切れておらず、記事執筆時点では「1BTC=935,662円」で取引されています。

2019年9月22日〜2019年9月25日 BTC/JPYの15分足チャート(画像:bitbank)2019年9月22日〜2019年9月25日 BTC/JPYの15分足チャート(画像:bitbank)

その他の主要な仮想通貨も同様に大きく下落しており、ここ最近で大きく上昇していた
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
ステラ(Stellar/XLM)
トロン(Tron/TRX)
などのアルトコインも「上昇前の価格帯」または「それ以下」にまで下落しています。

2019年9月25日 時価総額ランキングTOP14の仮想通貨価格(画像:CoinMarketCap)2019年9月25日 時価総額ランキングTOP14の仮想通貨価格(画像:CoinMarketCap)

今回の急落に関しては「機関投資家による売り増しの増加」などが影響していると囁かれています。ここ最近では仮想通貨取引プラットフォーム「Bakkt(バックト)」がビットコイン先物取引を開始するなど、機関投資家の参入につながるサービスが多数発表されているため、今回の下落によって本格的な買いが増加する可能性もあると考えられます。

ロングポジションの「大量ロスカット」も確認

仮想通貨取引所におけるビットコインの「ショート・ロングポジション数」や「ロスカット数」などを確認することができる「bullbearanalyzer.com」のデータによると、大手仮想通貨取引所「BitMEX(ビットメックス)」では過去24時間で70,000XBTほどのロングポジションがロスカットしていることが報告されています。

(画像:bullbearanalyzer.com)(画像:bullbearanalyzer.com

これらのロスカットは価格急落時に連鎖して発生しているため、今回の急落はロングポジションの大量ロスカットも大きな影響を与えていると言えるでしょう。しかし、現在保有されているポジション数はショートポジション(47.8%)よりもロングポジション(52.2%)の方がやや上回っているため、今後は回復に向かう可能性もあると予想されます。

しかし著名なアナリストらは、下落時のサポートラインとして「80万円前後」の価格帯を語っていたため、現在の価格帯からさらに下落する可能性もあります。「今後もさらに大きく急落する」という予想はあまり見られていませんが、しばらくは警戒が必要であると言えるでしょう。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

オーストラリアがキャッシュレス化を促進|1万豪ドル以上の現金払いを禁止

オーストラリアがキャッシュレス化を促進|1万豪ドル以上の現金払いを禁止

ビットコイン価格、今後はゆっくりと「1,000万円」に|4chan匿名アナリストが予想

ビットコイン価格、今後はゆっくりと「1,000万円」に|4chan匿名アナリストが予想

仮想通貨決済アプリ「Metal Pay」トロン(Tron/TRX)をサポート

仮想通貨決済アプリ「Metal Pay」トロン(Tron/TRX)をサポート

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月14日〜20日

ブロックチェーン・仮想通貨ニュース週間まとめ|2019年7月14日〜20日

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

米国・欧州のbitFlyer:複数のアルトコインを「売買プラットフォーム」に追加

日本仮想通貨交換業協会「一般の意見求む」新規通貨販売に関する規則・ガイドラインについて

日本仮想通貨交換業協会「一般の意見求む」新規通貨販売に関する規則・ガイドラインについて

注目度の高い仮想通貨ニュース

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

COINAGE「ビットコイン入出庫サービス」開始|スプレッド最大80%OFFキャンペーンも

COINAGE「ビットコイン入出庫サービス」開始|スプレッド最大80%OFFキャンペーンも

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

大手取引所Bitstamp「米国居住者向けのXRP取引・入金サービス」2021年に停止へ

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

Sociosアプリ「Token Hunt Explosion」開催|大量のファントークン・CHZを無料配布

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

米SECの次期委員長、仮想通貨にも詳しい「ゲンスラー氏」に決定か=ロイター

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

Binance Coin(BNB)過去最高値「4,200円」を突破|長期的に価格上昇続く

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

Bakkt:2021年第2四半期に「NY証券取引所」上場へ|消費者向けアプリの続報も

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

暗号資産取引のBakkt:合併を通じて「新規株式公開(IPO)」の可能性=Bloomberg

【Chiliz&Socios】イタリアの強豪「ACミラン」の$ACMファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】イタリアの強豪「ACミラン」の$ACMファントークン発行へ

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

bitFlyer×なんぼや「ビットコイン最大1,000円分もらえるキャンペーン」開催

bitFlyer×なんぼや「ビットコイン最大1,000円分もらえるキャンペーン」開催

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す