IRS犯罪捜査官:ビットコインATM・キオスク関連の「違法行為」を調査

by BITTIMES

「ビットコインATM」や「仮想通貨を購入することができるキオスク」は米国で順調に増加してきていますが、その一方では"それらのサービスが資金洗浄などに悪用される可能性がある"との懸念も高まっているようです。ブルームバーグは、米国内国歳入庁(IRS)の犯罪捜査局長であるJohn Fort(ジョン・フォート)氏が『ビットコインATM及びキオスクによって引き起こされる潜在的な財務問題を調査している』と述べたと報告しています。

こちらから読む:ベネズエラ最大のデパートが店内に設置「仮想通貨ATM」関連ニュース

資金洗浄などでの「犯罪使用」を懸念

仮想通貨を用いた資金洗浄(マネーロンダリング)などへの懸念は仮想通貨取引所以外のサービスでも高まってきています。ブルームバーグの報道によると、米国内国歳入庁(IRS)の犯罪捜査局長であるJohn Fort(ジョン・フォート)氏は『ビットコインATM及びキオスクによって引き起こされる潜在的な財務問題を調査している』と述べたと伝えられています。

仮想通貨ATMやキオスクに関連する公的な訴訟はこれまで行われていないものの、IRSは規制当局と協力して「仮想通貨などの新しい技術を違法行為に利用しているケース」について調査しているとのことです。

私たちはビットコインATMやキオスクが銀行口座に接続されているかどうかにかかわらず、それらを調査しています。

現金を入れてビットコインを引き出すことができる場合に「キオスクを使用している人の資金源」や「キオスクの運営者」に注意を払うのは当然のことです。

「Coin ATM Radar」のデータによると、2019年11月17日時点で米国には合計4,129台のビットコインATMが設置されており、それらのATMは米国全土に点在しています。フォート氏は、これらのマシンにはビットコインなどの仮想通貨を現金に変換することができるものも含まれているため「マネーロンダリング防止法」などの規則に従う必要があると指摘しています。

(画像:Coin ATM Radar)(画像:Coin ATM Radar

フォート氏は「仮想通貨は税金関連の"新たな脅威"であり、違法行為が様々な形で発生する可能性がある」と述べており、「仮想通貨業界には本質的に透明性と可視性が欠けているため、コンプライアンス違反の可能性が高まる」と指摘しています。

同氏は、これまでに訴訟が提起されていないことを認めていますが、その一方では「未解決の事件がある」とも述べています。仮想通貨ATMは旅行者などにも積極的に利用されていることが報告されており、今年10月には米国で3番目に大きい空港である「マイアミ国際空港」にも設置されています。

これまでは仮想通貨ATMとマネーロンダリングの関係にはあまり焦点が当てられておらず、仮想通貨取引所などが主な焦点となっていましたが、今後は仮想通貨関連のその他サービスに対する調査も厳しく行われていくようになる可能性があります。

>>「Bloomberg」の報道はこちら

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

Ripple社:2030年までに「CO2排出量実質ゼロ」実現へ|エネルギーウェブ財団らと協力

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

フィギュア大手「Funko」NFT市場に参入|WAXでデジタルコレクショングッズ販売へ

ビットコインマイニング企業Bitfarms「Nasdaq Global Market」上場へ

ビットコインマイニング企業Bitfarms「Nasdaq Global Market」上場へ

Kraken(クラーケン)「日本ユーザーの新規アカウント登録」受付開始

Kraken(クラーケン)「日本ユーザーの新規アカウント登録」受付開始

LINEが仮想通貨交換所「BITBOX」を発表!7月中に開始予定

LINEが仮想通貨交換所「BITBOX」を発表!7月中に開始予定

コインチェック:NFT事業で「Game8(ゲームエイト)」と連携|NFT活用支援・情報発信を実施

コインチェック:NFT事業で「Game8(ゲームエイト)」と連携|NFT活用支援・情報発信を実施

注目度の高い仮想通貨ニュース

Google:米国で「仮想通貨取引・ウォレットの広告配信」を許可

Google:米国で「仮想通貨取引・ウォレットの広告配信」を許可

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

Porsche(ポルシェ)「車両の限定デザインNFT」をオークション販売

Porsche(ポルシェ)「車両の限定デザインNFT」をオークション販売

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月11日〜17日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月11日〜17日

DeFiの損益計算・確定申告を簡単に「Gtax」で新機能β版をリリース:Aerial Partners

DeFiの損益計算・確定申告を簡単に「Gtax」で新機能β版をリリース:Aerial Partners

ウクライナ大統領「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行」を正式に許可

ウクライナ大統領「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行」を正式に許可

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

韓国ウリィ銀行:コインプラグと協力して「暗号資産カストディ市場」に参入

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

ゲームアセット向けNFTマーケットプレイス「Ulti Arena」がローンチ|プライベートセールで間もなく1,000BNBを調達

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

韓国・新韓銀行「Klaytn(クレイトン)のガバナンス評議会」に参加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す