店舗ATMを「仮想通貨販売機」にアップグレード|カナダ取引所がソフトウェア開発企業を買収

by BITTIMES

仮想通貨ATMの設置台数は順調に増加し続けているものの、その台数は未だに5,000台ほどとなっています。カナダの仮想通貨取引所「Coinsquare(コインスクエア)」は、ビットコインATMの大量導入を促進するために、既存のATMに"仮想通貨販売機能"を追加することができるソフトウェアを開発している米国企業「Just Cash(ジャストキャッシュ)」を買収したことを発表しました。

こちらから読む:SBI社長が"暗号資産の新団体"を設立「仮想通貨」関連ニュース

カナダの仮想通貨取引所である「Coinsquare(コインスクエア)」は、新しいソフトウェアを導入することによって従来のATMを「仮想通貨も購入できるマシン」にアップグレードすることができるソフトを開発している米国企業「Just Cash(ジャストキャッシュ)」を買収したことを発表しました。

「Just Cash」が開発しているソフトウェアを使用すれば、新しいハードウェアを購入することなく、簡単に「仮想通貨の販売機能」をATM機器に導入することができるため、ATMをすでに設置している店舗などは低コストで「仮想通貨ATM」を提供することができます。

CoinsquareのCEOであるCole Diamond(コール・ダイアモンド)氏はプレスリリースの中で、Just Cashのソフトウェアを利用することによって「まだ仮想通貨のことをあまり知らない世界中の人々に簡単かつ使い慣れた方法で仮想通貨を購入する手段を提供できる」と説明しています。

人々は仮想通貨を取得するためのプロセスに怯えているため、現状として仮想通貨の採用はそれほど進んでいません。

世界中にすでに存在する何百万ものATMを使用すればそのギャップを埋めることができ、新規ユーザーに簡単に仮想通貨を購入できる「最も簡単で一般的な方法」を提供することができます。

ビットコインは多くの人にとって馴染みのない新しいものですが、ATMは違います。既存のグローバルATMネットワークを利用することによって、仮想通貨を大衆に届けることができます。

今回のプレスリリースでは、具体的にどれほどのATMを対象にソフトウェアを導入していくのかは明らかにされていませんが、同社のソフトウェアは世界中に存在する何百万台ものATMに「仮想通貨販売機能」を導入することができるとされています。

仮想通貨ATMに関するデータを提供している「Coin ATM Radar」によると、世界全体に設置されている仮想通貨ATMの台数は2019年7月4日時点で5,059台と報告されています。

(画像:Coin ATM Radar)(画像:Coin ATM Radar

「Just Cash」のソフトウェアが今後世界中で普及することになれば、仮想通貨ATMの台数は飛躍的に上昇することになり、仮想通貨保有者の数も一気に増加すると期待されます。

ビットコイン(BTC)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

国際決済銀行:中央銀行デジタル通貨(CBDC)の概念実証「2020年末まで」に実施へ

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

【Chiliz&Socios】総合格闘技団体「PFL」の公式ファントークン発売へ|米国初の発行

Socios.com「Minnesota Timberwolves&Lynx」と提携|初のWNBAパートナーシップ

Socios.com「Minnesota Timberwolves&Lynx」と提携|初のWNBAパートナーシップ

Reddit:コミュニティポイントとして「仮想通貨」発行へ|掲示板利用者に報酬を付与

Reddit:コミュニティポイントとして「仮想通貨」発行へ|掲示板利用者に報酬を付与

ビットコイン「トレンド転換」にはまだ早い?著名トレーダーが指摘

ビットコイン「トレンド転換」にはまだ早い?著名トレーダーが指摘

生体認証を用いた「仮想通貨ハードウォレット」事前販売予約を開始:Unikeys

生体認証を用いた「仮想通貨ハードウォレット」事前販売予約を開始:Unikeys

注目度の高い仮想通貨ニュース

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

ビットバンク:販売所で「シンボル(XYM)」と「オーエムジー(OMG)」取扱い開始

Mastercard×Bakkt「仮想通貨報酬還元」などを可能にする新サービス提供へ

Mastercard×Bakkt「仮想通貨報酬還元」などを可能にする新サービス提供へ

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

米決済アプリStrike「給与をビットコインに即時変換できる新機能」追加

Bitget:人気YouTuber「ラファエル」とアンバサダー契約締結|賞金総額最大100BTCのトレード大会に参加表明

Bitget:人気YouTuber「ラファエル」とアンバサダー契約締結|賞金総額最大100BTCのトレード大会に参加表明

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

Bitget:賞金総額最大100BTCのトレーディング大会「KCGI」登録受付開始

Bitget:賞金総額最大100BTCのトレーディング大会「KCGI」登録受付開始

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

Grayscale:ビットコイン投資信託を「現物ETF」に転換する申請書提出か=CNBC

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

米銀行・金融機関で「ビットコインの売買・保有」が可能に|Q2・NYDIGがソリューション提供

米銀行・金融機関で「ビットコインの売買・保有」が可能に|Q2・NYDIGがソリューション提供

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す