ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

by BITTIMES

アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(FEMA)が災害保険金などの支払いを迅速化するために"ブロックチェーン技術の活用"を検討していることがFEMAの諮問委員会「National Advisory Council(NAC)」が公開したレポートの草案で明らかになりました。

こちらから読む:メットライフ、保険請求プロセスにBC技術活用「保険」関連ニュース

「災害支援の必要書類」をブロックチェーン管理

米国連邦緊急事態管理庁(FEMA)の諮問委員会が公開したレポートでは「FEMAは災害保険における支払いを円滑に行うことができるようにするために、"ブロックチェーンソリューションの活用"を検討する必要がある」と述べられており、FEMA管理官であるPeter Gaynor(ピーター・ゲイナー)氏に対して『災害支援請求を提出するために必要なすべてのデータと詳細を含む資産と土地を登録するブロックチェーンベースのパイロットプログラムを展開すべきだ』と提案されています。

災害支援へのブロックチェーン活用を推奨している「National Advisory Council(NAC)」は『ブロックチェーンを活用したソリューションは被災者に保険金を支払うプロセスを簡素化し、支払いを高速化することができる』と説明しています。

米国では巨大なハリケーンなどによる被害が多発していますが、今回の草案では「そのような様々な自然災害の被害者は、保険証書・土地所有権証明書・身分証明書といった"保険金を請求するための重要な書類"を紛失する可能性が高い」と指摘されています。

しかし、これらの書類をブロックチェーン上で管理すれば必要なデータを様々な場所に分散化して保管することができるため、データを紛失する可能性を大幅に下げることができ、保険会社と協力してサービスを立ち上げることによって被災者たちへの「災害配当金」や「保険金」を迅速に支払うことができるようになる可能性があると説明されています。

災害発生時に必要な書類データを一部の機関のみで保管していた場合には、その地域が被害を受けた際にはデータが消えてしまう可能性がありますが、ブロックチェーン技術を用いてデータを分散化すれば、一部のサーバーに記録されたデータにアクセスできなくなった場合でも、他のサーバーに記録されたデータから必要な情報を復元することができるようになります。

すでに災害によって様々な面でダメージを受けている状態で「必要書類の再発行手続き」などを行うのは、被災者にとって大きな負担となるため、ブロックチェーンを用いたシステムが採用されれば様々なメリットがもたらされると期待されます。

>>(参照元:FEMA)

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

先着1万人にイーサリアム(ETH)プレゼント「コンサヴァApp」公開キャンペーン開催へ

先着1万人にイーサリアム(ETH)プレゼント「コンサヴァApp」公開キャンペーン開催へ

仮想通貨に対するプーチン大統領の考え方とは?

仮想通貨に対するプーチン大統領の考え方とは?

ロシア連邦中央銀行「ステーブルコイン」のテスト開始|独自通貨発行の可能性も調査

ロシア連邦中央銀行「ステーブルコイン」のテスト開始|独自通貨発行の可能性も調査

【Chiliz】ファンに特典・報酬を付与する「Socios.com VISAデビットカード」発行へ

【Chiliz】ファンに特典・報酬を付与する「Socios.com VISAデビットカード」発行へ

CARDANOブロックチェーンのスマートコントラクト記述ツール「Plutus & Marlowe」公開

CARDANOブロックチェーンのスマートコントラクト記述ツール「Plutus & Marlowe」公開

物流・支払いの自動化に「ブロックチェーン技術」活用へ:Walmart Canada

物流・支払いの自動化に「ブロックチェーン技術」活用へ:Walmart Canada

注目度の高い仮想通貨ニュース

SBI VCトレード:イメージキャラクターとして「鷲見玲奈さん」を起用

SBI VCトレード:イメージキャラクターとして「鷲見玲奈さん」を起用

暗号資産取引所「FXcoin(FXコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「FXcoin(FXコイン)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

bitFlyer:日本・欧州間の「クロスボーダー取引」開始|BTC/JPYの流動性向上に期待

PayPal「暗号資産売買&仮想通貨決済サービス」提供へ|BTC・ETHなど4銘柄に対応

PayPal「暗号資産売買&仮想通貨決済サービス」提供へ|BTC・ETHなど4銘柄に対応

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI×Sygnum銀行「デジタル資産関連企業に投資するファンド」を共同設立

SBI VCトレード:暗号資産XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン(第2弾)」開催へ

SBI VCトレード:暗号資産XRPがもらえる「新規口座開設キャンペーン(第2弾)」開催へ

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

日本セキュリティトークン協会に「Tokensoft(トークンソフト)」が新規入会

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

OKCoinJapan:取引所サービスに「条件付き指値注文・入出金関連API」追加へ

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

イギリス当局:暗号資産デリバティブ「個人投資家への販売禁止」を正式決定

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

暗号資産取引所で「ファイルコイン(FIL)上場発表」続く|Kraken・Geminiなど4社

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

ビットバンク:暗号資産の「販売所サービス」提供開始|BTC・ETH・XRPなど6銘柄に対応

バハマ中央銀行「CBDCと他国通貨の相互運用」を可能に|今月20日にも全国展開

バハマ中央銀行「CBDCと他国通貨の相互運用」を可能に|今月20日にも全国展開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す