ブロックチェーンによる「災害保険金の支払い効率化」を提案:米FEMA諮問委員会

by BITTIMES

アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(FEMA)が災害保険金などの支払いを迅速化するために"ブロックチェーン技術の活用"を検討していることがFEMAの諮問委員会「National Advisory Council(NAC)」が公開したレポートの草案で明らかになりました。

こちらから読む:メットライフ、保険請求プロセスにBC技術活用「保険」関連ニュース

「災害支援の必要書類」をブロックチェーン管理

米国連邦緊急事態管理庁(FEMA)の諮問委員会が公開したレポートでは「FEMAは災害保険における支払いを円滑に行うことができるようにするために、"ブロックチェーンソリューションの活用"を検討する必要がある」と述べられており、FEMA管理官であるPeter Gaynor(ピーター・ゲイナー)氏に対して『災害支援請求を提出するために必要なすべてのデータと詳細を含む資産と土地を登録するブロックチェーンベースのパイロットプログラムを展開すべきだ』と提案されています。

災害支援へのブロックチェーン活用を推奨している「National Advisory Council(NAC)」は『ブロックチェーンを活用したソリューションは被災者に保険金を支払うプロセスを簡素化し、支払いを高速化することができる』と説明しています。

米国では巨大なハリケーンなどによる被害が多発していますが、今回の草案では「そのような様々な自然災害の被害者は、保険証書・土地所有権証明書・身分証明書といった"保険金を請求するための重要な書類"を紛失する可能性が高い」と指摘されています。

しかし、これらの書類をブロックチェーン上で管理すれば必要なデータを様々な場所に分散化して保管することができるため、データを紛失する可能性を大幅に下げることができ、保険会社と協力してサービスを立ち上げることによって被災者たちへの「災害配当金」や「保険金」を迅速に支払うことができるようになる可能性があると説明されています。

災害発生時に必要な書類データを一部の機関のみで保管していた場合には、その地域が被害を受けた際にはデータが消えてしまう可能性がありますが、ブロックチェーン技術を用いてデータを分散化すれば、一部のサーバーに記録されたデータにアクセスできなくなった場合でも、他のサーバーに記録されたデータから必要な情報を復元することができるようになります。

すでに災害によって様々な面でダメージを受けている状態で「必要書類の再発行手続き」などを行うのは、被災者にとって大きな負担となるため、ブロックチェーンを用いたシステムが採用されれば様々なメリットがもたらされると期待されます。

>>(参照元:FEMA)

ブロックチェーン大学校FLOCの画像 最速3ヵ月で技術を習得できる「ブロックチェーン大学校」はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

JD.com子会社:CBDC開発で「中国人民銀行デジタル通貨研究所」と提携

JD.com子会社:CBDC開発で「中国人民銀行デジタル通貨研究所」と提携

カルダノエイダ(Cardano/ADA)インドの仮想通貨取引所「WazirX」に上場

カルダノエイダ(Cardano/ADA)インドの仮想通貨取引所「WazirX」に上場

ブロックチェーンスマホ「Exodus 1」がDecentralandと協力|仮想不動産も管理可能に

ブロックチェーンスマホ「Exodus 1」がDecentralandと協力|仮想不動産も管理可能に

【Chiliz&Socios】トルコのサッカークラブ「イスタンブールBBSK」のファントークン発行へ

【Chiliz&Socios】トルコのサッカークラブ「イスタンブールBBSK」のファントークン発行へ

インド:ブロックチェーンを活用して出生証明書を管理へ

インド:ブロックチェーンを活用して出生証明書を管理へ

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

著名作家Jeff Booth:ビットコインは「世界の準備通貨」になる可能性が高い

注目度の高い仮想通貨ニュース

Bitrue:Symbol(XYM)の「IOU取引」提供開始|注目のXYM価格は?

Bitrue:Symbol(XYM)の「IOU取引」提供開始|注目のXYM価格は?

Ripple社:XRPギブアウェイ詐欺に関する訴訟で「YouTube」と和解

Ripple社:XRPギブアウェイ詐欺に関する訴訟で「YouTube」と和解

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

FiNANCiE「NFTのオンチェーン対応+クリエイター支援サービス開始」を発表

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

MicroStrategy:ビットコイン「16億円相当」を追加購入|今月3度目の買増し

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

暗号資産取引所Coinbase「NASDAQ直接上場」4月14日を予定|米SECが承認

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

Coincheck NFT(β版)「2021年3月24日」公開へ|国内初のNFTマーケットプレイス

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

暗号資産取引所FTX:NBAチーム「Miami Heat」のホームスタジアム命名権を獲得

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

Enjin:Polkadot初のNFT専用ブロックチェーン「Efinity/EFI」開発へ

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

NFTマーケットプレイス「nanakusa」公認クリプトアーティストの審査受付を開始

bitFlyer Lightning「XRP・XLM・MONAの現物通貨ペア」追加|記念キャンペーンも開催

bitFlyer Lightning「XRP・XLM・MONAの現物通貨ペア」追加|記念キャンペーンも開催

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

インドネシア商業省:今後数ヶ月以内に「暗号資産取引所」開設へ=現地報道

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「アイオーエスティー(IOSToken/IOST)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「モナコイン(Monacoin/MONA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す