韓国の仮想通貨取引所Bithumbがキオスク事業に進出

by BITTIMES

韓国の仮想通貨取引所大手Bithumbは、顧客が飲食店での食事代金をBithumbの口座から仮想通貨で支払えるよう、利用者に効率的な情報を提供するタッチパネル式無人情報案内システムであるキオスク事業に進出し「Touch B」というブランドを発売する計画を7日に発表しました。

飲食店に設置されているタッチパネル端末のキオスクは、タッチスクリーンとグラフィックス、通信機能などが結合されたマルチメディア機器であり、音声案内、エクスプレス決済など、利用者に効率的な情報を提供する無人情報案内システムです。

韓国のマクドナルドのキオスク韓国のマクドナルドのキオスク

キオスクの利用者は、メニューを閲覧したり決済方法を選んだりすることができます。
Bithumbはキオスクの製造業者4社と提携し、レストランやカフェを運営する中小企業向けにキオスクの「Touch B」ブランドを提供します。またレンタル料金は現在の相場より10%程低くする計画とのことです。

Bithumbは実利型からハイエンドまでの3つのキオスク製品を発売するとしており、自分の店の規模やカード・現金決済などの用途に応じて多様に製品を選択することができるようになっています。

また、仮想通貨取引所事業とシナジーを出すことができるようキオスクを通じた仮想通貨決済サービスも導入する方針です。

Bithumbアカウントに保有している仮想通貨を換算した資産である「Bithumbキャッシュ」を様々な決済店頭でキオスクを介して利用することができるとのことです。Bithumbは最近ソーシャルコマース業者と仮想通貨決済サービスを提供するなど、関連の提携事業を活発に進めています。

Bithumbの関係者はこの件について以下のように語っています。

「キオスク事業への進出は、小商工人の事業所の運営に実質的に役立つ特典と手頃な価格のレンタルサービスを提供するということの意義を置いている。今後もビトソムキャッシュをはじめ、ブロックチェーンの技術をベースにした様々な産業分野での業務提携を通じて小商工人のためのトータルソリューションを提供することができる機会を継続的に設けていきたい」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

中国人民銀行の本音、彼らはなぜビットコインを規制したいのか?

中国人民銀行の本音、彼らはなぜビットコインを規制したいのか?

ブロックチェーン技術が世界経済キャッシュレス化への鍵!現状と今後への影響

ブロックチェーン技術が世界経済キャッシュレス化への鍵!現状と今後への影響

MicrosoftがBitcoin Cash決済を導入

MicrosoftがBitcoin Cash決済を導入

インドでの仮想通貨取引は中央銀行の禁止にも関わらず増加

インドでの仮想通貨取引は中央銀行の禁止にも関わらず増加

フィンテック市場でドイツがイギリスを超える日

フィンテック市場でドイツがイギリスを超える日

ビットコインが使えるお店一気に57倍へ!ビックカメラも参入決定

ビットコインが使えるお店一気に57倍へ!ビックカメラも参入決定

注目度の高い仮想通貨ニュース

HTC初のブロックチェーンスマートフォンExodusを発表

HTC初のブロックチェーンスマートフォンExodusを発表

SBIバーチャル・カレンシーズの取引開始はいつ?|スプレッドは業界最小?

SBIバーチャル・カレンシーズの取引開始はいつ?|スプレッドは業界最小?

仮想通貨で資金洗浄した男を暗殺する計画が明らかに|総額4,400億円相当

仮想通貨で資金洗浄した男を暗殺する計画が明らかに|総額4,400億円相当

金融機関の仮想通貨への関心高まる|2018年内にも急増か?

金融機関の仮想通貨への関心高まる|2018年内にも急増か?

イーサリアム(ETH)の現状と解決すべき6つの課題とは

イーサリアム(ETH)の現状と解決すべき6つの課題とは

ソフトバンク(Softbank)CO2削減にブロックチェーン活用

ソフトバンク(Softbank)CO2削減にブロックチェーン活用

シリン(SIRIN LABS Token/SRN)の最新情報|4月25日

シリン(SIRIN LABS Token/SRN)の最新情報|4月25日

bitFlyer(ビットフライヤー)アプリに待望の新機能が追加

bitFlyer(ビットフライヤー)アプリに待望の新機能が追加

仮想通貨のチャート確認がさらに便利に!CoinMarketCapアプリ誕生

仮想通貨のチャート確認がさらに便利に!CoinMarketCapアプリ誕生

仮想通貨先進国オーストラリアがICOへの規制を強化

仮想通貨先進国オーストラリアがICOへの規制を強化

LINEがICON財団と提携しunchainを設立|ブロックチェーン拡大へ

LINEがICON財団と提携しunchainを設立|ブロックチェーン拡大へ

ネム(NEM/XEM)カタパルト「mijin v.2」が一般公開

ネム(NEM/XEM)カタパルト「mijin v.2」が一般公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

人気のタグから探す

人気のタグから探す