カカオトークを運営するカカオ社が仮想通貨市場に参入

by BITTIMES   

3月5日、韓国のメッセージングプラットフォーム「カカオトーク」を運営するカカオ社は、自社のICOの立ち上げに合わせてブロックチェーン技術に重点を置いた子会社「カカオブロックチェーン(仮称)」を設立することを発表しました。20日に開かれる記者会見を通じてICOをはじめとする具体的な事業計画が発表される予定となっています。

現時点では事業計画の内容や会社の焦点がどこにあるのかは明かされておらず、ブロックチェーンソリューションの開発に専念することが報じられています。カカオ社の関係者は子会社を通じてICOをはじめ、仮想通貨事業への進出を議論中であることを明らかにしています。

現在、韓国ではICOの立ち上げは違法となっているため、カカオ社はシンガポールと香港などの海外でICOを進めるとみられており、海外でICOを進めた後に、韓国の主要取引サイトで売買できるようにする計画であることが報じられています。

一部のメディアでは、カカオ社は独自の仮想通貨である「カカオコイン」を開発しているとも報道されています。

カカオコインのメリット

「カカオコイン」は、カカオ社のグローバルコンテンツ事業の拡大に大きく貢献することが期待されています。
この例えとして以下の説明がされています

カカオジャパンが提供する漫画小説アプリ「ピッコマ」にカカオコインが融合されると、簡単決済などの様々なフィンテック事業と連携することができます。

韓国でも、カカオトーク/カカオナビ/カカオドライバ/カカオゲームなどの様々なカカオサービスに取り入れて、お金の代わりにカカオコインで支払いするようにすれば、モバイルコマース市場を掌握することができます。顧客の請求ビッグデータを確保することができるだけでなく、独自のコインを使用して既存のコンテンツの生態系の購買力をさらに引き上げることもできます。

利用者の利点としては、カカオコインが現金のような価値を持つだけでなく、カカオのコンテンツをより安価に利用することができることなども予想されています。

今後も事業拡大を狙うカカオ社

カカオ社はICOを通じて確保した資金で、ブロックチェーンの技術力の確保と関連企業の買収に積極的に乗り出す予定とのことです。

同社は2月にもシンガポール証券取引所を介して海外株式預託証券(GDR)を発行し、10億ドル(約1兆600億ウォン)規模の海外資金を誘致しています。

業界関係者は今回の発表について以下のように語っています。

「カカオのように様々なコンテンツ事業をする企業は、コイン市場に参入しない理由はない」

「現金の代わりにコインを活用して決済データを確保することができ、カード会社や支払い決済代理店PG社に手数料を支払う必要がなくなることなどから、多方面での利点が大きい」

「コイン自体の魅力で、海外の利用者も確保することができますが、政府がICOを否定的に見る側面が大きく、実際の国内で汎用的に使用できるかどうかは、もう少し見守らなければならないだろう」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

イーサリアム更に高騰、時価総額4兆円突破の理由

イーサリアム更に高騰、時価総額4兆円突破の理由

ICOトークン「有価証券に該当しない可能性もある」米国証券取引委員会(SEC)高官

ICOトークン「有価証券に該当しない可能性もある」米国証券取引委員会(SEC)高官

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

仮想通貨広告禁止に対して共同訴訟|ロシア/中国/韓国

介護事業にもブロックチェーンを活用する時代へ|GladAge(GAC)プロジェクト

介護事業にもブロックチェーンを活用する時代へ|GladAge(GAC)プロジェクト

NEM(ネム)仮想通貨の高騰理由と今後「将来性について」

NEM(ネム)仮想通貨の高騰理由と今後「将来性について」

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

Morgan Stanley:韓国大手暗号資産取引所「Bithumb」買収に向けて交渉か=報道

注目度の高い仮想通貨ニュース

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

米金融大手State Street:暗号資産取引プラットフォーム「Pure Digital」に技術提供

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

カルダノ財団「Scantrustとのサプライチェーン管理ソリューション」を発表

【Sorare】強豪サッカークラブ「AC Milan」のNFT選手カード販売開始

【Sorare】強豪サッカークラブ「AC Milan」のNFT選手カード販売開始

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

デジタル地域通貨プラットフォーム「chiica」ブロックチェーンで運用へ:トラストバンク

BINANCE「約650億円相当のBNB」をバーン|価格高騰で過去最高の焼却金額に

BINANCE「約650億円相当のBNB」をバーン|価格高騰で過去最高の焼却金額に

米郵便公社(USPS)「NFT形式の郵便切手」発行へ|CaseMail社の技術を活用

米郵便公社(USPS)「NFT形式の郵便切手」発行へ|CaseMail社の技術を活用

GMOコイン:取引所(現物取引)の「Taker手数料引き下げキャンペーン」開催へ

GMOコイン:取引所(現物取引)の「Taker手数料引き下げキャンペーン」開催へ

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

ビットバンク「ポストオンリー注文」提供開始|新コイン・新機能キャンペーンも開催

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

CardanoベンチャーファンドcFund:ADA Pay手掛ける「COTI」に投資

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

ラトビアの国営航空会社:仮想通貨決済の対応銘柄を「8種類」に拡大

CoinBest(コインベスト)「iPhone版の暗号資産取引アプリ」提供開始

CoinBest(コインベスト)「iPhone版の暗号資産取引アプリ」提供開始

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

NASDAQ上場企業Ebang:暗号資産取引所「Ebonex」設立|合計15銘柄を取扱い

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す