バイナンスがBinance Chainなどの大規模計画を発表

by BITTIMES   

仮想通貨取引所Binanceは、異なるブロックチェーン資産を移転または交換するために、パブリックブロックチェーン「Binance Chain」を開発することを3月13日に発表しました。また、バイナンスはこれに合わせて独自の仮想通貨Binance Coin(BNB)を本来のブロックチェーンに移行することも発表しており、企業からコミュニティへと移行することも語っています。

仮想通貨取引所Binanceは、独自のパブリックブロックチェーン「Binance Chain」を開発することを3月13日に公式ページで発表しました。

「Binance Chain」は主に、ブロックチェーン資産の移転と取引に焦点を当て、ブロックチェーン資産の将来の流れのために新しい可能性を提供するとされており、そのためにパフォーマンス/使いやすさ/流動性に重点を置いているとのことです。

また今回の発表の中でバイナンスは、独自の仮想通貨であるBinance Coin(BNB)を独自のブロックチェーンに移行することも発表しています。現在のバイナンスコインはethereumネットワーク上で実行されるERC20トークンでした。

Binanceは今後、このような計画を実行するとともに「企業からコミュニティへ」移行すると述べています。

以下に公式ページでの発表内容を記載しています。

ブロックチェーンの世界では、行動は言葉よりも大きく語られると常に信じてきました。したがって、仕立てられたブロックチェーンは、自分自身に伝える最良の方法です。

わずか6ヶ月で、Binanceは世界で最も人気の高い暗号通貨交換プラットフォームの1つに変わりました。さらに、Binance Labs(ブロックチェイン技術インキュベーター)、Binance Info(当社のCodex)、およびBinanceエコシステムを構成する他の多くのコンポーネントを完成させました。

私たちは高品質なブロックチェーンプロジェクトを継続的にサポートすることが、この業界を発展させる最良の方法だと考えています。ホワイトペーパーで述べたように、私たちはこの部分を引き続き改善していきます。しかし、Binanceの場合、これは十分ではありません。

分散型取引所フレームワークを幅広く調査し、既存の実装を分析した結果、Binanceユーザーに既に慣れ親しんだトレーディング・エクスペリエンスを提供する際に大幅な改善がなされると考えています。集中化され分散された取引所は近い将来に共存し、相互に補完し合い、相互依存性も有する。ブロックチェーン技術が世界を変えると信じているので、私たちはここに立ちます。逆境に直面して、私たちは常に後退するのではなく、正面からの問題に取り組むことを選んできました。このように、私たちは正式にBinance Chainの開発を開始することを決めました。

パブリックブロックチェーンとして、Binance Chainは主にブロックチェーン資産の移転と取引に焦点を当て、ブロックチェーン資産の将来の流れのための新しい可能性を提供します。Binance Chainは、パフォーマンス、使いやすさ、流動性に重点を置いています。

Binance Coin(BNB)は、独自のブロックチェーンメインネット上に存在するようにアップグレードされ、ネイティブコインになります。
同時に、Binanceは企業からコミュニティに移行します。

しかし、ビジネスの創造がいかに難しいかを知っていますが、歴史を創造することはさらに困難です。本当の敵は、しばしば自分自身です。我々は自分自身を継続的に改善し、混乱させる必要がある。私たちはもっと良い自分のバージョンを作るために協力する必要があります。先物は一緒に新しい私達に属します。皆さまのご支援に感謝いたします。

ご協力ありがとうございました!

バイナンスチーム

2018/03/13

(引用元:binance公式サイト

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

BINANCE:世界に流通する「180種類全ての法定通貨」サポートを計画

BINANCE:世界に流通する「180種類全ての法定通貨」サポートを計画

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月16日〜22日

仮想通貨ニュース週間まとめ|12月16日〜22日

あのブロックチェーンゲームが「手塚プロダクション」とコラボ|人気キャラが多数登場

あのブロックチェーンゲームが「手塚プロダクション」とコラボ|人気キャラが多数登場

Ripple社:CARDANO財団なども加盟する「ブロックチェーン国際標準化協会」に参加

Ripple社:CARDANO財団なども加盟する「ブロックチェーン国際標準化協会」に参加

ブロックチェーン収集・育成・バトルゲーム「Let's Hunt Monsters」中国で大ブレイク

ブロックチェーン収集・育成・バトルゲーム「Let's Hunt Monsters」中国で大ブレイク

Cardano(ADA)「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」と提携の可能性

Cardano(ADA)「チェーンリンク(Chainlink/LINK)」と提携の可能性

注目度の高い仮想通貨ニュース

ラッパーT.I.:不正ICOへの関与で「75,000ドルの罰金支払い」に合意

ラッパーT.I.:不正ICOへの関与で「75,000ドルの罰金支払い」に合意

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

Ontology:自動車大手「Daimler Mobility AG」と提携|新サービス開発で技術活用

ブラジル中央銀行総裁「CBDC発行に必要な条件、2022年には整う可能性」

ブラジル中央銀行総裁「CBDC発行に必要な条件、2022年には整う可能性」

チリーズ(Chiliz)Socios.comで「独自のステーキングサービス」提供へ

チリーズ(Chiliz)Socios.comで「独自のステーキングサービス」提供へ

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

Square「仮想通貨関連特許への自由なアクセス」を提供する非営利団体を設立

LINE「LINK Rewards Program」提供開始|LINKリワードが貰えるキャンペーンも開催

LINE「LINK Rewards Program」提供開始|LINKリワードが貰えるキャンペーンも開催

Crypto.com:日本市場のゼネラルマネージャーに「ナガハマ ノブユキ氏」を任命

Crypto.com:日本市場のゼネラルマネージャーに「ナガハマ ノブユキ氏」を任命

ディーカレット:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

ディーカレット:XRP保有者に対する「Sparkトークンの付与」対応を検討

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

Krakenの日本法人「Payward Asia」暗号資産交換業者の登録完了|9月中旬にもサービス提供へ

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

eSports大会×トークンエコノミー×勝敗予想プロジェクト「iXA CUP」登場:FiNANCiE

ビットポイントジャパン「独自のブロックチェーン基盤」開発へ|Stake Technologiesと協力

ビットポイントジャパン「独自のブロックチェーン基盤」開発へ|Stake Technologiesと協力

暗号資産取引所「BITPoint(ビットポイント)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「BITPoint(ビットポイント)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す