ロシアの投資家がGoogleの仮想通貨広告の禁止を訴訟

by BITTIMES   

ロシアの投資家であるウラジミール・オレオフ(Vladimir Orehov)氏は、Googleの報酬から20億ルーブル(約37億円)の訴訟を提出しました。同氏は、Googleが仮想通貨広告を禁止すると、投資家を見つけたり、仮想通貨のプロジェクトに投資したりすることができなくなると述べています。

ウラジミール氏は、Googleが仮想通貨の広告を表示しないようにするという決定は、多くのビジネスチャンスを逃してお金を失うと主張しており、失った収入に対して約37億円に相当するの20億ルーブルの報酬を求めているとロシアのメディアであるVedomostiは報じています。

仮想通貨の起業家は、禁止は仮想通貨投資の機会を奪うだけでなく、ビジネスをサポートするために投資家を見つける機会も奪うだろうと考えています。訴訟は3月15日ザモスコレア地方裁判所に登録されました。

オレオフ氏は仮想通貨に多くの投資をしてきました。彼は現在、分散型交換機/仮想通貨決済システム/モバイルウォレットを使用して、仮想通貨ATMのネットワークを構築しています。彼は資金が必要な多くのアイデアを持っています。オレオフ氏は、6月にプロジェクト資金を調達するために200万ドル(2億1,000万円)を調達するためのイニシャル・コイン・オファリング(ICO)を主催する計画を持っていると述べています。

同氏はICO広告の禁止が、"トークン販売を行う企業に関する情報を確実に奪うことになり、投資家は投資機会を失い将来の収入に影響を与えることになるだろう"と述べています。

多くの人々が、仮想通貨関連の広告の禁止は不要だと考えており、人々には選択権が与えられるべきだと主張しています。

(引用元:Smartereum.com

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

仮想通貨に関する権利を保護|米国で「ブロックチェーン基本法」導入進む

仮想通貨に関する権利を保護|米国で「ブロックチェーン基本法」導入進む

エストニア:暗号資産関連企業「500社以上」のライセンス取り消し=Bloomberg報道

エストニア:暗号資産関連企業「500社以上」のライセンス取り消し=Bloomberg報道

ビットコイン投資を始める前に理解しておきたい10のこと

ビットコイン投資を始める前に理解しておきたい10のこと

ロシア大手銀行スベルバンク「暗号資産取引サービス」近日中に提供へ

ロシア大手銀行スベルバンク「暗号資産取引サービス」近日中に提供へ

インドネシアで仮想通貨決済すると懲役・罰金刑?バリ島知事が観光客に警告

インドネシアで仮想通貨決済すると懲役・罰金刑?バリ島知事が観光客に警告

「今すぐ仮想通貨プラットフォームから離れるべき」米SECの元弁護士が警告

「今すぐ仮想通貨プラットフォームから離れるべき」米SECの元弁護士が警告

注目度の高い仮想通貨ニュース

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

仮想通貨を保有するだけで増える「ステーキング対応のおすすめ取引所」税金に関する注意点も

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利最大9%】ソラナ(SOL)をステーキングで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

【年利40%以上】フレア(Flare/FLR)をラップ&デリゲートで増やす方法|画像付きで解説

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

シバイヌDEX「ShibaSwap」の使い方|流動性提供の方法などをまとめた解説動画公開

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

各種仮想通貨を「Shibarium基盤BONE」に簡単交換|ガス代補充機能の使い方を解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説

‌NFTマーケットプレイス「Magic Eden」とは?機能や使い方などを解説