ネム(NEM/XEM)のカタパルトベータ版がリリース

by BITTIMES   

2018年3月25日、NEM財団およびネム(NEM/XEM)の開発者は、カタパルトβ版「Catapult mijin v.2」をリリースしました。

このデベロッパー向けに公開されたアップデートは、はじめにプライベートチェーンでテストされ、その後にNEMのパブリックチェーンで使用される技術を公開します。

発表されたベータ版の概要

カタパルトはパブリックとプライベートの両方のネットワークに特化した、ユニークなスマートコントラクトプラグインを備えたフル機能のブロックチェーンエンジンです。

これらのプラグインは、
・万全なデジタル資産の作成
・分散スワップ
・高度なアカウントシステム
・ビジネスロジックモデリング
を可能にします。

2.5年の開発期間を経た後、パートナー/顧客/選ばれたコミュニティメンバーはNEMのカタパルトへのアクセスを申し込むことができます。
NEMブロックチェーンソフトウェアおよびそれらに適合したパーミッション型チェーンある「mijin v.1」も、金融機関によって国際的にテストされています。

カタパルトのベータプログラムには次の3つのフェーズがあります。
フェーズ1:カタパルト開発者プレビューとSDKリリース
フェーズ2:Catapult Core Engineの評価リリース
フェーズ3:オープンソースライセンスと商用ライセンスの両方でCatapultの二重ライセンス

mijinとは?

mijinとは、テックビューロ社が提供するブロックチェーンプラットフォームです。企業や組織はmijinを購入することで、会社のシステムにブロックチェーンを導入することができます。

ブロックチェーンには、プライベートチェーン(個人)とパブリックチェーン(公共)の2種類存在します。ビットコインやイーサリアムなどは、世界中の誰もが参加できる「パブリックチェーン」に属します。

ブロックチェーンの分類についての解説はこちらをどうぞ

mijinは「プライベートチェーン」にあたるもので、会社の限られたグループ内で利用するものになります。

mijinでは、銀行口座/電子マネー/認証システム/登記システムなど様々な利用方法があり、NEMプロトコルが使われています。mjinブロックチェーン上で独自のトークンを発行することで、ポイント/商品券/アプリ/チケット等の様々なサービスに活用することができます。

カタパルト(Catapult)とは?

カタパルトとは、いわゆる大型アップデートのことです。カタパルトを行うことにより送金の処理スピードが飛躍的に向上します。

具体的には、1秒間に3,000~4,000件の送金を処理することが可能であり、世界一の処理能力のあるクレジットカード「VISA」の4,000~6,000件/秒に近い処理速度を実装することができます。

その他の主要通貨の処理速度は、
ビットコイン(BTC)が、約3件/秒
イーサリアム(ETH)は、約15件/秒
となっています。

NEMにカタパルトが実装されれば、国際送金に特化したリップル(XRP)の2〜3倍の送金処理を行うことが可能となります。

カタパルトは、スピードとスケーラビリティを大きく改善するだけでなく、集約トランザクションとマルチレベルマルチサインアカウントを導入しています。これらはどのブロックチェーンでも利用できなかった新しい用途を提供します。

NEM財団のロン・ウォン社長のコメント

NEM財団のロン・ウォン(Lon Wong)社長は次のようにコメントしています。

「私たちはテックビューロとの提携を誇りに思うのと同時に、新しいカタパルトを備えたブロックチェーンプラットフォームが、将来の主流のエンタープライズや組織インフラの標準となることを信じています。」

「このカタパルトはNEMブロックチェーンの単なる改良以上のものです。ブロックチェーンデータベース機能の新しい機能を開く業界の道標となるでしょう。」

NEMのすぐに利用できるブロックチェーン技術は他の企業のブロックチェーンを飛躍させ、世界最大のテクノロジービジネスのニーズに対応するためのエンタープライズソリューションを加速します。NEM財団は2018年に世界の拡大計画に資金を提供するために、推定4,000万ドルを費やす予定です。

(引用元:Medium.com

テックビューロ社は仮想通貨取引所Zaifを運営しています。NEMの積み立てサービスも提供しているZaifはこちらから登録できます。

仮想通貨取引所 Zaif の画像テックビューロが運営する仮想通貨取引所Zaifはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

東京地検:NEM流出事件関連で「13人・1法人」を起訴|組織販売処罰法違反の疑い

東京地検:NEM流出事件関連で「13人・1法人」を起訴|組織販売処罰法違反の疑い

NEM Group:Symbol上で「サッカー選手のNFT」発行へ

NEM Group:Symbol上で「サッカー選手のNFT」発行へ

NEM・Symbol関連の「新たなウェブサイト」公開|2020年マーケティングプランも

NEM・Symbol関連の「新たなウェブサイト」公開|2020年マーケティングプランも

次世代NEM「Symbol/XYM」メインネット公開時期は延期に

次世代NEM「Symbol/XYM」メインネット公開時期は延期に

Zaifを運営する「テックビューロ」解散を発表 ー モナコイン取引の急遽停止の詳細も

Zaifを運営する「テックビューロ」解散を発表 ー モナコイン取引の急遽停止の詳細も

NEM「Symbol公開前後のイベントスケジュール・カウントダウンページ」公開

NEM「Symbol公開前後のイベントスケジュール・カウントダウンページ」公開

注目度の高い仮想通貨ニュース

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

ジャック・ドーシー氏「Twitterへのビットコイン活用」について決済発表でコメント

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

ブラジル証券取引委員会:ラテンアメリカ初のイーサリアムETF「QETH11」を承認

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

JPYC株式会社:JPYCoinの購入手段に米ドルステーブルコイン「DAI」追加へ

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

Crypto.com:総合格闘技団体「UFC」とパートナーシップ契約

仮想通貨税務サービスの「コインタックス」日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)に参加

仮想通貨税務サービスの「コインタックス」日本暗号資産ビジネス協会(JCBA)に参加

ビットポイント:国内初「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

ビットポイント:国内初「カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)」取扱いへ

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

NFT Studio「二次流通機能」を実装|報酬の一部はクリエイターに還元

「NFP」プラットフォームのRarepornが9月にICOを実施|プライベートセールでVC等から約5.5億円の資金調達に成功

「NFP」プラットフォームのRarepornが9月にICOを実施|プライベートセールでVC等から約5.5億円の資金調達に成功

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

オーストラリア最大級の証券会社「暗号資産取引サービス」提供へ|最大10銘柄を取扱い

空間が自然増殖する建築NFT「CELLSPACE(セルスペース)」オークション販売開始

空間が自然増殖する建築NFT「CELLSPACE(セルスペース)」オークション販売開始

DeFi:5年後にはどうなっているのか

DeFi:5年後にはどうなっているのか

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す