RippleがHyperledger Projectに参加

by BITTIMES   

Ripple(リップル)社は、Linux Foundationが推進するHyperledger Projectに参加することが明らかになりました。新たに14社が参加することとなった「Hyperledger Project」は、これまでのメンバー全体で、25ヶ国以上の231団体が参加しているコミュニティとなりました。

このコミュニティには、ファイナンス/銀行業務/インターネット/サプライチェーン/製造/技術(ブロックチェーン技術を含む)に携わる主要企業が含まれています。

Hyperledger Projectに新たに参加した団体

今回参加を発表した企業団体は次の14社です。

  • Beijing Truth Technology
  • Blockchain Technology Partners
  • CULedger
  • Greenstream Technology
  • KompiTech
  • MATRIX Foundation
  • REMME
  • Ripple
  • Shenzhen Rongxun Technology
  • Spin Systems
  • Versia
  • Xiilab
  • Cambridge Centre For Alternative Finance
  • Kerala Blockchain Academy

リップル社の最高技責任者Stefan Thomas氏のコメント

リップル社のCTO(最高技責任者)である、Stefan Thomas氏は以下のように述べています。

「Hyperledgerとのパートナーシップにより、開発者はエンタープライズ向けのJavaにおけるInterledger Protocol(ILP)にアクセスできます。」

「Hyperledger Quiltプロジェクトは、Hyperledgerブロックチェーンと、XRP Ledger、Ethereum、Bitcoin(Lightning)、Litecoin、Mojaloop、RippleNetなどの他のILP対応の支払いシステムと接続し、今日の情報のようにインターネットで価値の移動を実現します。」

今後に期待が高まる

ILPは以前までJavaScriptでのみ動作可能でしたが、昨年Rippleは日本のシステムインテグレーション企業であるNTT Dataと協力し、Javaプログラミング言語でプロトコルを修正しました。その後両社は改良されたJavaベースの「Hyperledger Quilt」プロトコルをHyperledgerに提出しています。

提出されたプロトコルが認められた場合、RippleやNTT Dateだけでなくブロックチェーン産業全体の今後に大きく貢献できるということもあり、今回リップル社が正式にHyperledgerに参加したことで、更に期待が高まっています。

HyperledgerのBrian Behlendorf氏のコメント

Hyperledgerのエグゼクティブディレクターである、Brian Behlendorf氏は次のようにコメントしています。

「業界や地域間でHyperledgerの成長と普及が加速していることは、コミュニティとコミュニティが構築しているテクノロジーの強みを裏付けています。これは、ブロックチェーンがビジネスに与える影響を世界的に目覚めさせたことも反映しているでしょう。毎日、我々のフレームワークのための新しいアイデアと新しいアプリケーションを持つ企業からの意見を聞きます。ますますビジネスクリティカルな展開のために、エネルギーとイノベーションをビルディングブロックに変えるためには、多様なメンバーシップが不可欠です。」

Hyperledgerは、大企業規模のオープンソースの分散台帳枠組みとコードベースを作成することにより、組織が堅牢な業界固有のアプリ、プラットフォーム、およびハードウェアシステムを構築して個々のビジネス上の取引を支援することを目的としている、金融/銀行/IoT/サプライチェーン/製造および技術業界の筆頭企業の世界的な協力組織です。

リップル(XRP)の価格

2018年3月29日 リップルのチャート2018年3月29日 リップルのチャート(CoinGeckoから)

リップル(XRP)の現在価格は、2018年3月29日20時30分の時点で、
1XRP=約57円となっています。

リップル(XRP)の購入は取引量で世界一にもなった仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)からどうぞ。

仮想通貨取引所 bitbank の画像 仮想通貨取引所bitbankの登録ページはこちら

bitbankの登録方法はこちらで詳しく解説しています

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

Ripple社:IPO(新規公開株式)年内実施の可能性?Garlinghouse CEOが示唆

Ripple社:IPO(新規公開株式)年内実施の可能性?Garlinghouse CEOが示唆

SBIバーチャル・カレンシーズ「仮想通貨の送付サービス」開始|資産管理をより安全に

SBIバーチャル・カレンシーズ「仮想通貨の送付サービス」開始|資産管理をより安全に

Coinbaseがリップルやイオスを選ばなかった理由

Coinbaseがリップルやイオスを選ばなかった理由

Ripple社:CARDANO財団なども加盟する「ブロックチェーン国際標準化協会」に参加

Ripple社:CARDANO財団なども加盟する「ブロックチェーン国際標準化協会」に参加

暗号資産取引所「eToroX」リップル(XRP)など7種類の通貨ペアを追加

暗号資産取引所「eToroX」リップル(XRP)など7種類の通貨ペアを追加

リップル:イスラエル最大の金融サービス会社「GMT」と提携

リップル:イスラエル最大の金融サービス会社「GMT」と提携

注目度の高い仮想通貨ニュース

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

Braveブラウザ上で「仮想通貨の直接購入」が可能に|BINANCEウィジット追加へ

ブロックチェーンゲームの始め方|必要なものなどを「初心者向け」にわかりやすく解説

ブロックチェーンゲームの始め方|必要なものなどを「初心者向け」にわかりやすく解説

ブロックチェーンゲーム内通貨の累積購入金額「1,364%」増加=スマートアプリ報告

ブロックチェーンゲーム内通貨の累積購入金額「1,364%」増加=スマートアプリ報告

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

Bybit:BTC/USDTの「無期限契約」を導入|特徴・メリットなどを詳しく解説

Chilizが「Chainlink」と提携|イベントに基づいた限定トークン自動生成が可能に

Chilizが「Chainlink」と提携|イベントに基づいた限定トークン自動生成が可能に

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

仮想通貨投資家の「2020年平均目標価格」は?Krakenが調査報告書を公開

Cardano:スケーリングソリューション「Hydra」リリース|Visaを超える処理速度を実現

Cardano:スケーリングソリューション「Hydra」リリース|Visaを超える処理速度を実現

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

コインチェック:仮想通貨「クアンタム(QTUM)」の取扱い開始

ビットポイント:仮想通貨XRPの「即時送金サービス」提供開始

ビットポイント:仮想通貨XRPの「即時送金サービス」提供開始

XRP Ledger基盤の銀行アプリ「XUMMベータ版」近日中に一般公開へ

XRP Ledger基盤の銀行アプリ「XUMMベータ版」近日中に一般公開へ

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

NBAスター選手:仮想通貨レンディングサービス「Cred」と提携

SSラツィオ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」とライセンス契約

SSラツィオ:ブロックチェーンカードゲーム「Sorare」とライセンス契約

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

「医療分野」におけるブロックチェーン活用事例|情報共有がもたらす数々のメリット

人気のタグから探す