暗号資産・デジタル資産の「明確な分類」求める:国際取引所連合(WFE)

by BITTIMES

世界各国の主要な取引所が加盟する国際機関「国際取引所連合(WFE)」は2020年3月20日に、仮想通貨に関するEU(欧州連合)の規制枠組みに対する意見書を公開し、デジタル資産(Digital asset)や暗号資産(Crypto asset)などといった仮想通貨関連の分類を明確化するように求めました。

こちらから読む:著名アナリスト、BTCの"さらなる下落"を警告「仮想通貨」関連ニュース

国際的に適用可能な「明確な分類」を

国際取引所連合(WFE)が公開したEUの規制枠組みに対する意見書には『WFEはデジタル資産と暗号資産の両方をカバーする単一のEU分類法をサブカテゴリーとして採用することに価値があると考えている』と記されており、仮想通貨業界で使用されている「デジタル資産」や「暗号資産」といった用語の分類を明確することが求められています。

仮想通貨はまだ誕生して10年ほどしか経っていないため、業界で使用される用語には様々な種類があり「仮想通貨・暗号資産・デジタル資産・デジタル通貨・トークン・コイン」などといった様々な表現が使用されていますが、このような多数の用語は混乱の原因にもなっているため、国際的にもこれらの定義を明確化することが重要視されています。

WFEはこれらの資産を分類する際には「今後の国際的な分類を考慮した上で、それらの分類にも適合した普遍的な分類を行うことが重要だ」と強調しており、国際的に適用可能な分類を作成することによってEU加盟国や世界各国との意見を一致させ、国際的な協力関係を構築することができると説明しています。

過去数年間を通じて仮想通貨関連の規制が明確化されてきたことによって、国際的には「暗号資産(Crypto asset)」という表現が一般化されてきていますが、米国議会では今月初めにデジタル資産を
・暗号商品(crypto-commodity)
・暗号通貨(crypto-currency)
・暗号証券(crypto-security)
という3つに分類することなども提案されているため、今後は仮想通貨関連の分類や定義がさらに明確化されていく可能性があると考えられます。

>>「国際取引所連合」が公開した意見書はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

タクシー運転手の副業はビットコイン販売?ロンドンで密かに話題の「Crypto Cabbie」

タクシー運転手の副業はビットコイン販売?ロンドンで密かに話題の「Crypto Cabbie」

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

ドイツ政府機関:IOTA活用した「スマート水道メーター」を開発・テスト

ADA・XLMの投資商品(ETP)「スイス証券取引所」に上場へ:21Shares

ADA・XLMの投資商品(ETP)「スイス証券取引所」に上場へ:21Shares

JPモルガン:ブロックチェーン技術で預託証券をトークン化する特許を出願

JPモルガン:ブロックチェーン技術で預託証券をトークン化する特許を出願

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月6日〜12日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月6日〜12日

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

Renault Group:車両の「コンプライアンス認証強化」にブロックチェーン技術活用

注目度の高い仮想通貨ニュース

OKCoinJapan:暗号資産「オーケービー(OKB)」取扱いへ【国内初上場】

OKCoinJapan:暗号資産「オーケービー(OKB)」取扱いへ【国内初上場】

シカゴ・マーカンタイル取引所「マイクロビットコイン先物(MBT)」提供開始

シカゴ・マーカンタイル取引所「マイクロビットコイン先物(MBT)」提供開始

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

英大手銀行HSBC:ビットコイン投資を理由に「MicroStrategy株の購入」を禁止

ゲーム大手NEXON(ネクソン)「ビットコイン111億円相当」を購入【国内初】

ゲーム大手NEXON(ネクソン)「ビットコイン111億円相当」を購入【国内初】

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

米SEC:暗号資産の証券登録に「3年間の猶予期間」与える提案の最新版を公開

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

米上院:暗号資産に詳しいゲンスラー氏の「SEC委員長就任」を承認

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

カスタマイズNFTショップを簡単に構築できる「NFTStudio OEM」提供開始:CryptoGames

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

暗号資産全体の時価総額「2兆ドル」を突破|XRP価格も1ドルまで回復

Zaif「シンボル(Symbol/XYM)の配布日時」を発表|販売所取引での取扱いも予定

Zaif「シンボル(Symbol/XYM)の配布日時」を発表|販売所取引での取扱いも予定

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月18日〜24日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年4月18日〜24日

米TIME誌:Crypto.comと提携し「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHなど20種類以上

米TIME誌:Crypto.comと提携し「仮想通貨決済」に対応|BTC・ETHなど20種類以上

LINE BITMAX:現金やNFTがもらえる「サービス名変更記念キャンペーン」開始

LINE BITMAX:現金やNFTがもらえる「サービス名変更記念キャンペーン」開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す