Operaブラウザ:Android版で「ブロックチェーンドメイン」をサポート

by BITTIMES   

ブロックチェーンドメインを提供している「Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)」は、人気のWEBブラウザである「Opera(オペラ)」のAndroid版アプリで「.crypto」のドメインが表示できるようになったことを発表しました。主要なブラウザが従来のDNSの一部ではないドメインシステムをサポートしたのは今回が初であると伝えられています。

こちらから読む:Operaブラウザでサポートされた「Unstoppable Domains」とは?

Operaがサポートした「Unstoppable Domains」とは

「Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)」は、現在のインターネットの通信規格「http」の代替として期待されている「IPFS」を採用した"ブロックチェーン・ドメイン"の構築を手がけているソフトウェア会社であり、企業や政府が制御することができない検閲耐性のある"ブロックチェーン・ドメイン"を提供しています。

今回「OperaブラウザAndroid版」でサポートされた「.crypto」というドメインは、イーサリアムのブロックチェーン上に構築されたドメインであり、自分の名前などのドメイン名を取得することによって仮想通貨を簡単に受け取ることができることなどで注目を集めています。

「.crypto」のドメイン所有者は自分のウォレットアドレスをドメインに紐付けることができるため、仮想通貨を受け取りたい場合などには、ウォレットアドレスを紐付けた自分のドメイン名を相手に伝えるだけで、仮想通貨を受け取ることができます。従来の方法で仮想通貨を送金する場合には複雑な英数字のウォレットアドレスを入力する必要がありましたが、「.crypto」のドメインを使用することによってアドレス入力を簡素化することができます。

ブロックチェーン・ドメイン上に作成された分散型WEBサイトは、クラウドサービスではなくP2P(ピアツーピア)のネットワークで保管されるため、ユーザーは仲介者を介さずに取引を行うことができます。

ただし「Unstoppable Domains」は『分散型ドメインは公開側からの検閲を回避するのには役立つが、検閲・監視・匿名化の問題に直面している管轄区域の閲覧者を助けることはほとんどできない』と説明しています。

「8,000万人以上」のユーザーがアクセス可能に

「Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)」と「Opera(オペラ)」が契約を結んだことによって、Android版のOperaブラウザを利用しているユーザーはブラウザ上で「.crypto」のドメインにアクセスし、仮想通貨を送金したりすることができるようになります。

アンストッパブル・ドメインズによると、主要なブラウザが従来のDNS(*1)の一部ではないドメインシステムをサポートしたのは今回が初めてとのことで、Operaが「.crypto」ドメインを統合したことによって8,000万人以上のユーザーが分散型Webサイトに直接アクセスできるようになると説明されています。
(*1)DNS(Domain Name System):ドメインとIPアドレスを対応付けて管理するシステムのこと

Operaブラウザは早い段階から仮想通貨決済などの機能をサポートしていることで知られていますが、今回の「.crypto」ドメインサポートは「ブロックチェーンドメイン」や「仮想通貨決済」の普及促進にもつながると期待されます。

>>「Unstoppable Domains」の公式発表はこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Cardano/ADA】過去最高値ライン「140円」に到達|時価総額ランキングでは3位に

【Cardano/ADA】過去最高値ライン「140円」に到達|時価総額ランキングでは3位に

仮想通貨ALISが「Avacus」で利用可能に|買い物・フリマなど使い方は様々

仮想通貨ALISが「Avacus」で利用可能に|買い物・フリマなど使い方は様々

【速報】コインチェック「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

【速報】コインチェック「ベーシックアテンショントークン(BAT)」取扱いへ

BINANCE:バイナンスコイン(BNB)の「先物取引」提供へ

BINANCE:バイナンスコイン(BNB)の「先物取引」提供へ

BINANCE:チェーンリンク(Chainlink/LINK)の「先物取引」を新規追加

BINANCE:チェーンリンク(Chainlink/LINK)の「先物取引」を新規追加

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

ブロックチェーン・AIで「自動車部品の供給」効率化へ:Hyundai Mobis

注目度の高い仮想通貨ニュース

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月9日〜15日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年5月9日〜15日

Twitter CEO:ビットコイン少額送金技術「Lightning Network」の導入を示唆

Twitter CEO:ビットコイン少額送金技術「Lightning Network」の導入を示唆

スイスの資産運用会社Valour「CardanoとPolkadotの上場投資商品(ETP)」を発表

スイスの資産運用会社Valour「CardanoとPolkadotの上場投資商品(ETP)」を発表

BINANCE(バイナンス)「本人確認手続き」の完了方法|手順を画像付きで解説

BINANCE(バイナンス)「本人確認手続き」の完了方法|手順を画像付きで解説

日本暗号資産ビジネス協会「2022年税制改正要望に向けたアンケート調査」開始

日本暗号資産ビジネス協会「2022年税制改正要望に向けたアンケート調査」開始

ビットコイン(BTC)が「エルサルバドルの法定通貨」に?大統領が法案提出を表明

ビットコイン(BTC)が「エルサルバドルの法定通貨」に?大統領が法案提出を表明

日本銀行の黒田総裁「暗号資産は投機的だが、ステーブルコインは決済手段になり得る」

日本銀行の黒田総裁「暗号資産は投機的だが、ステーブルコインは決済手段になり得る」

Cardano(ADA)の「ERC20コンバータ」テストネットで稼働へ|トークンを簡単に変換

Cardano(ADA)の「ERC20コンバータ」テストネットで稼働へ|トークンを簡単に変換

ビットコインとサステナビリティ

ビットコインとサステナビリティ

ブラジルのサッカークラブ「Atlético Mineiro」BINANCEでNFTコレクション発売へ

ブラジルのサッカークラブ「Atlético Mineiro」BINANCEでNFTコレクション発売へ

テゾス(Tezos/XTZ)F1チーム「Red Bull Racing Honda」と提携|初のNFT発行へ

テゾス(Tezos/XTZ)F1チーム「Red Bull Racing Honda」と提携|初のNFT発行へ

Chiliz:試合予想で報酬がもらえる新機能「Sociosプリディクター」公開

Chiliz:試合予想で報酬がもらえる新機能「Sociosプリディクター」公開

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ベーシック・アテンション・トークン(BAT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シータ(Theta Network/THETA)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「トロン(Tron/TRX)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「CoinTrade(コイントレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

人気のタグから探す