【ETH簡単送金】MyEtherWallet:ブロックチェーンドメイン「.crypto」に対応

by BITTIMES   

イーサリアム(Ethereum/ETH)関連の仮想通貨を保管することができる人気のウォレット「マイイーサウォレット(MyEtherWallet/MEW)」は、2020年1月23日に「Unstoppable Domains」が提供している".crypto"形式のドメインをサポートすることを発表しました。

こちらから読む:2019年DApps市場レポート公開「イーサリアム」関連ニュース

複雑なウォレットアドレスを簡略化

マイイーサウォレット(MyEtherWallet/MEW)が新たにサポートした「.crypto」というドメインは、インターネットの通信規格「http」の代替として期待されている「IPFS」を採用した"ブロックチェーン・ドメイン"の構築を手がけているソフトウェア会社「Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)」が提供しているブロックチェーンドメインであり、これまで複雑だったETHのウォレットアドレスを簡略化することができるとして注目されています。

通常イーサリアムのウォレットアドレスは「42文字の英数字」で構成されているため、ETHを送受信する場合にはこの複雑なアドレスを確認する必要がありましたが、「Unstoppable Domains」のブロックチェーンドメインを使用すれば「〜.crypto(例:bittimes.cryptoなど)」といったように"人間が読み取れるアドレス"を使用してETHやERC20トークンを送受信することができます。

「.crypto」は仮想通貨ウォレットとして使用されることを想定したドメインとなっているため、自分のドメインを購入したユーザーは任意のウォレットアドレスを自分のドメインに接続することによって「自分のドメイン」と「ウォレットアドレス」を紐づけることができます。

ETH関連の仮想通貨を「.crypto」宛てに送金する場合には、入力されたドメインに登録されたアドレスが自動検索された上で対象ウォレットに送金される仕組みとなっているため、相手にアドレスを伝える作業が非常に簡単になります。

仮想通貨大量採用に向けた重要なステップ

「Unstoppable Domains」CEOであるMatthew Gould氏は「ブロックチェーンドメインの実用化はより多くの人々が仮想通貨を利用できるようにするための重要なステップだ」と語っています。

ブロックチェーンドメインは仮想通貨ユーザーの支払い体験を向上させます。MEWとのコラボレーションによって、ユーザーは「複雑な仮想通貨アドレス」を「人間が読める名前」に置き換えることができます。これは今後10億人の人々が仮想通貨業界に参加できるようにするための重要なステップです。

「MyEtherWallet」のような主流のウォレットで「.crypto」のドメインがサポートされることによって、ETHの送受信がより簡単になり、送金ミスなどの問題が削減されることになると期待されます。

>>「MyEtherWallet」の公式発表はこちら
>>「Unstoppable Domains」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

スポーツ界で話題の仮想通貨「チリーズ(CHZ)」バイナンスチェーンとの提携を発表

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

韓国・済州島でブロックチェーン基盤の「新型コロナ接触追跡システム」導入:ICONLOOP

仮想通貨「Atari Token」の先行販売を開始:ゲーム開発企業アタリ

仮想通貨「Atari Token」の先行販売を開始:ゲーム開発企業アタリ

Chiliz Exchange:アトレティコ・マドリードの公式ファントークン「ATM」本日上場へ

Chiliz Exchange:アトレティコ・マドリードの公式ファントークン「ATM」本日上場へ

Chiliz Exchange:ASローマの公式ファントークン「ASR」本日上場へ

Chiliz Exchange:ASローマの公式ファントークン「ASR」本日上場へ

2020年のLibra発行「変更予定はない」リブラ協会幹部が複数の懸念に反論

2020年のLibra発行「変更予定はない」リブラ協会幹部が複数の懸念に反論

注目度の高い仮想通貨ニュース

レンディング大手「Celsius」カルダノ(Cardano/ADA)8月19日に取扱い開始

レンディング大手「Celsius」カルダノ(Cardano/ADA)8月19日に取扱い開始

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

英リアルタイム決済処理の「Faster Payments」BINANCEとの契約を終了

ACミラン×Socios「2021$ACMファントークン・ヨーロピアン・サマーツアー」開催へ

ACミラン×Socios「2021$ACMファントークン・ヨーロピアン・サマーツアー」開催へ

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

仮想通貨ATMの設置台数「24,000台」を突破|1年足らずで2倍以上に増加

モッピー×コイントレード「暗号資産とポイントの交換サービス」提供開始

モッピー×コイントレード「暗号資産とポイントの交換サービス」提供開始

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

コンビニ大手サークルK「仮想通貨ATM700台以上」を北米店舗に導入|Bitcoin Depotと提携

BTCBOX:Amazonギフト券や2,000円がもらえる「2つのキャンペーン」開催

BTCBOX:Amazonギフト券や2,000円がもらえる「2つのキャンペーン」開催

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

ブロックチェーンゲーム・NFTの開発を促進「Polygon Studios」立ち上げ

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken(クラーケン)「販売所サービス」提供開始|手数料は一律1.5%

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

Kraken:暗号資産関連の教育促進に向け「ワイオミング大学」に30万ドルの支援金

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

暗号資産取引所FTX:レバレッジ取引の上限を「20倍」に引き下げ

英銀行大手NatWest「BINANCEへの法定通貨送金」を停止

英銀行大手NatWest「BINANCEへの法定通貨送金」を停止

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す