【ETH簡単送金】MyEtherWallet:ブロックチェーンドメイン「.crypto」に対応

by BITTIMES   

イーサリアム(Ethereum/ETH)関連の仮想通貨を保管することができる人気のウォレット「マイイーサウォレット(MyEtherWallet/MEW)」は、2020年1月23日に「Unstoppable Domains」が提供している".crypto"形式のドメインをサポートすることを発表しました。

こちらから読む:2019年DApps市場レポート公開「イーサリアム」関連ニュース

複雑なウォレットアドレスを簡略化

マイイーサウォレット(MyEtherWallet/MEW)が新たにサポートした「.crypto」というドメインは、インターネットの通信規格「http」の代替として期待されている「IPFS」を採用した"ブロックチェーン・ドメイン"の構築を手がけているソフトウェア会社「Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)」が提供しているブロックチェーンドメインであり、これまで複雑だったETHのウォレットアドレスを簡略化することができるとして注目されています。

通常イーサリアムのウォレットアドレスは「42文字の英数字」で構成されているため、ETHを送受信する場合にはこの複雑なアドレスを確認する必要がありましたが、「Unstoppable Domains」のブロックチェーンドメインを使用すれば「〜.crypto(例:bittimes.cryptoなど)」といったように"人間が読み取れるアドレス"を使用してETHやERC20トークンを送受信することができます。

「.crypto」は仮想通貨ウォレットとして使用されることを想定したドメインとなっているため、自分のドメインを購入したユーザーは任意のウォレットアドレスを自分のドメインに接続することによって「自分のドメイン」と「ウォレットアドレス」を紐づけることができます。

ETH関連の仮想通貨を「.crypto」宛てに送金する場合には、入力されたドメインに登録されたアドレスが自動検索された上で対象ウォレットに送金される仕組みとなっているため、相手にアドレスを伝える作業が非常に簡単になります。

仮想通貨大量採用に向けた重要なステップ

「Unstoppable Domains」CEOであるMatthew Gould氏は「ブロックチェーンドメインの実用化はより多くの人々が仮想通貨を利用できるようにするための重要なステップだ」と語っています。

ブロックチェーンドメインは仮想通貨ユーザーの支払い体験を向上させます。MEWとのコラボレーションによって、ユーザーは「複雑な仮想通貨アドレス」を「人間が読める名前」に置き換えることができます。これは今後10億人の人々が仮想通貨業界に参加できるようにするための重要なステップです。

「MyEtherWallet」のような主流のウォレットで「.crypto」のドメインがサポートされることによって、ETHの送受信がより簡単になり、送金ミスなどの問題が削減されることになると期待されます。

>>「MyEtherWallet」の公式発表はこちら
>>「Unstoppable Domains」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

TRON財団に元SECの「規制対応専門家」が参加|法務責任者・共同顧問弁護士に

TRON財団に元SECの「規制対応専門家」が参加|法務責任者・共同顧問弁護士に

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

Socios.com:NBAチーム「Cleveland Cavaliers」とパートナーシップ契約

Blockchain.comの仮想通貨送金がより簡単に「Unstoppable Domains」をサポート

Blockchain.comの仮想通貨送金がより簡単に「Unstoppable Domains」をサポート

Braveブラウザ:プライバシー・安全性を強化する「Firewall+VPN」リリース

Braveブラウザ:プライバシー・安全性を強化する「Firewall+VPN」リリース

PayPal(ペイパル)暗号資産の購入限度額「5倍」に引き上げ|年間限度額は無制限に

PayPal(ペイパル)暗号資産の購入限度額「5倍」に引き上げ|年間限度額は無制限に

暗号資産取引所HBTC「Filecoin先物トークン(FIL3)」上場へ|キャンペーンも開催

暗号資産取引所HBTC「Filecoin先物トークン(FIL3)」上場へ|キャンペーンも開催

注目度の高い仮想通貨ニュース

メルカリ:アプリ内で「暗号資産ビットコインの購入機能」提供へ

メルカリ:アプリ内で「暗号資産ビットコインの購入機能」提供へ

Kraken Japan:販売所・取引所でメイカー(Maker/MKR)取扱開始

Kraken Japan:販売所・取引所でメイカー(Maker/MKR)取扱開始

コカ・コーラ × Crypto.com:FIFAワールドカップ記念NFT「Piece of Magic」を発表

コカ・コーラ × Crypto.com:FIFAワールドカップ記念NFT「Piece of Magic」を発表

adidas Originals:ウェアラブルNFTコレクション「Virtual Gear」を発表

adidas Originals:ウェアラブルNFTコレクション「Virtual Gear」を発表

NFTマーケットプレイス「OpenSea」BNBチェーンを新規サポート

NFTマーケットプレイス「OpenSea」BNBチェーンを新規サポート

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

LINE NFT:限定スタンプを入手できる「LINEスタンプ付きNFT」提供へ

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

楽天ウォレット「証拠金取引所サービス」提供開始|取扱銘柄は合計9銘柄に

ペプシ:Polygon基盤で「NFTコレクション」を発行|インド市場で展開

ペプシ:Polygon基盤で「NFTコレクション」を発行|インド市場で展開

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

SBI VCトレード「ADA・MATICの入出庫サービス」提供へ

Step App「iOS・Android版アプリ」正式リリース

Step App「iOS・Android版アプリ」正式リリース

関東財務局「FTX Japanに対する行政処分」を発表|業務停止・業務改善を命令

関東財務局「FTX Japanに対する行政処分」を発表|業務停止・業務改善を命令

新型ハードウェアウォレット「Ledger Stax」登場|iPodの父が開発支援

新型ハードウェアウォレット「Ledger Stax」登場|iPodの父が開発支援

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

シバイヌ(Shiba Inu/SHIB)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

仮想通貨関連の情報収集に役立つ「便利ツール・サイト」まとめ

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ジリカ(Zilliqa/ZIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アプトス(Aptos/APT)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ステップアップ(Step App/FITFI)とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アスター(Astar/ASTR)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す