Ethereum上のブロックチェーンドメイン「.crypto」登録受付開始:Unstoppable Domains

by BITTIMES   

ブロックチェーン上にドメインを構築するソフトウェア会社である「Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)」は、2019年10月11日にイーサリアム(Ethereum/ETH)上のドメインである「.crypto」の登録受付を開始しました。

こちらから読む:Libra協会から新たに"5社"が脱退「ブロックチェーン」関連ニュース

Unstoppable Domainsとは?

Unstoppable Domains(アンストッパブル・ドメインズ)は、現在のインターネットの通信規格「http」の代替として期待されている「IPFS」を採用した"ブロックチェーン・ドメイン"の構築を手がけているソフトウェア会社です。ビットコイン強気派としても知られる著名投資家Tim Draper(ティム・ドレイパー)氏からも支援を受けている同社は、ネット検閲への耐性を強化したドメインの構築を目指しています。

同社が採用している「IPFS」は、"中央集権型"のデータ管理方法を採用している「http」とは違い、データを複数の端末に分散して保存する"分散型"の仕組みを採用しているため、企業や政府がウェブサイトの表示内容を制御することができないようになっています。

一般的なウェブサイトは、インターネット上のドメイン名やIPアドレスなどを管理している非営利団体「ICANN(アイキャン)」の管理下に置かれていますが、ブロックチェーン・ドメインは「ICANN」の管理下に置かれていないというのも大きな特徴の一つです。

また、同社のドメインは一度購入すれば更新料を支払う必要がなく、第三者へドメインを移管することもできるようになっているため、ドメインの管理・登録事業者が必要なく、シンプルに自分のドメインを管理することができるようになっています。

さらにブロックチェーン・ドメインは「仮想通貨の受け取り」に使用することもできるようになっています。現在主流のウォレットアドレスは"複雑な英数字の文字列"となっているため自分のアドレスを記憶することは非常に困難ですが、ブロックチェーン・ドメインを使用すれば「myname.crypto」と入力するだけで仮想通貨を送金することができるため、仮想通貨のやり取りを簡略化することができるとも期待されています。

ブロックチェーン・ドメイン「.crypto」登場

Unstoppable Domainsは元々ジリカ(Zilliqa/ZIL)のブロックチェーンを用いた「.zil」というドメインを販売していましたが、今回の発表では新たにイーサリアム(ETH)のブロックチェーンを用いた「.crypto」というドメインの登録受付を開始したことが発表されています。

「.crypto」のドメインは、仮想通貨決済ウォレットとして使用されることを意図したドメインとなっており、ドメイン購入者は任意のウォレットアドレスを自分のドメインに接続することができるとされています。なお仮想通貨は20種類以上に対応しているとのことです。

「.zil」のドメインを販売した時には、10万件以上の購入があったため、今回の「.crypto」ドメインにも多くの注文が寄せられると期待されています。

なお、2019年10月21日までは期間限定で8文字以上の「.zil」ドメインを購入したユーザーに対して、同じ「.crypto」ドメインを無料で提供し、ドメインで1ドルを使用するごとに1ドルのストアクレジットを受け取ることができるキャンペーンも開催されています。
興味のある方は以下の公式サイトをご覧ください。
>>「Unstoppable Domains」の公式サイトはこちら

イーサリアム(ETH)などの購入は豊富な仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所Coincheckからどうぞ。

仮想通貨取引所Coincheckの画像 仮想通貨取引所Coincheckの登録ページはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

IOTA財団:Linux Foundationと提携し「LF Edge」フレームワークを共同開発

IOTA財団:Linux Foundationと提携し「LF Edge」フレームワークを共同開発

Abra CEO:投資資産の50%を「ビットコイン」で保有|BTCの将来に強気な理由とは?

Abra CEO:投資資産の50%を「ビットコイン」で保有|BTCの将来に強気な理由とは?

Apple:ブロックチェーン活用したサプライチェーン管理の「ガイドライン作成」に関与

Apple:ブロックチェーン活用したサプライチェーン管理の「ガイドライン作成」に関与

中国調査:仮想通貨への投資を検討している人は「40%」知識理解は未だ不十分

中国調査:仮想通貨への投資を検討している人は「40%」知識理解は未だ不十分

FRB:即時決済サービス「FedNow」を発表|仮想通貨関係者は「BTCの存在」を強調

FRB:即時決済サービス「FedNow」を発表|仮想通貨関係者は「BTCの存在」を強調

CARDANO(ADA)を「XRP通貨ペア」として追加|仮想通貨取引所CCX Canada

CARDANO(ADA)を「XRP通貨ペア」として追加|仮想通貨取引所CCX Canada

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

Chiliz Exchange:アランヤスポルの「$ALAファントークン」10月11日から取引開始

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

ビットバンク「シンボル(Symbol/XYM)」取扱いへ|記念キャンペーンも開催

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

カルダノのカタリスト提案を日本語で確認できる「Project Catalyst Voter tool」公開

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

【重要】コインチェック:IOSTなど「仮想通貨の誤送金」について注意喚起

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

SBINFT:仮想空間Cryptovoxelsで「nanakusaのNFTギャラリー」を開催

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

【重要】FXcoin「個人向け事業の廃止」を発表|法人向け事業に特化

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

カード型コールドウォレット「Cool Wallet」とは?特徴・メリット・対応通貨などを解説

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

Chiliz Exchange:Roush Fenway Racingの「$ROUSHファントークン」本日取引開始

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

エルサルバドル:Chivo Wallet利用者に「ガソリン代の割引」を適用

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

エルサルバドルの仮想通貨ウォレットユーザー数「銀行の利用者数を上回る勢い」で増加

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

ビットフライヤー「NEM保有者に対するシンボル(XYM)の付与時期」について続報

Chiliz&Socios:NBAチーム「Miami Heat・San Antonio Spurs」と提携

Chiliz&Socios:NBAチーム「Miami Heat・San Antonio Spurs」と提携

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す