Chainalysis「DASH・Zcashの追跡ツール」提供へ|匿名性に関する誤解について説明

by BITTIMES

政府・企業向けのブロックチェーン追跡ツールを展開している「Chainalysis(チェイナリシス)」は2020年6月8日に、同社が提供している「Chainalysis Reactor」と「KYC(顧客確認)サービス」で匿名性の高い暗号資産(仮想通貨)として知られている「ダッシュ(Dash/DASH)」と「ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)」をサポートすることを発表しました。

こちらから読む:アナリスト、"10〜100倍の価格上昇"を予想「暗号資産」関連ニュース

「DASH・Zcashは匿名通貨だ」という誤解について

Chainalysis(チェイナリシス)は2020年6月8日に、"匿名性の高い暗号資産"として知られている「ダッシュ(Dash/DASH)」と「ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)」について『報告されている1日の取引量の合計が15億ドル(約1,621億円)以上にのぼる重要な暗号資産』だと説明した上で、同社が提供している「Chainalysis Reactor」と「KYCサービス」でこれらの暗号資産をサポートしたことを発表しました。

DASHやZcashは一般的に"匿名通貨"として知られていますが、Chainalysisは『DASHやZcashのようなコインのプライバシー機能や、そのようなプライバシー機能がどのように利用できるかについて多くのユーザーは誤解している』と指摘しており、『DashとZcashを使用するとユーザーはより高いプライバシーでトランザクションを実行できるが、"完全な匿名性が提供されるわけではない"』と説明しています。

具体的には、DASHには「PrivateSend(プライベートセンド)」、Zcashには「Sihelding(シールディング)」と呼ばれるプライバシー機能が搭載されているため、この機能を用いて送金することによって送金元アドレスなどを難読化させることができますが、これらの機能は"ユーザーが選択した場合にのみ"利用できるものであるため、全ての取引が匿名化されているわけではないと説明されています。

プライバシー機能の利用者は「わずか1%未満」

今回の発表では、"実際にはプライバシー機能を利用しているユーザーが非常に少ないこと"も報告されており、「PrivateSend」を利用したDASH取引は全体の0.7%、「Sihelding」を利用したZEC取引は14%、完全に暗号化されたZEC取引は0.9%だと説明されています。

正確にはDASHやZcashは"プライバシー機能を利用できる通貨"ということになりますが、その実態としては基本的に送金元・送金先などの情報は追跡することが可能であり、プライバシー機能を利用しているユーザーもごくわずかだと報告されています。

また、Zcashに搭載されている「zk-SNARK暗号化機能」に関しても『優れてはいるが、それでも我々は99%の送金で少なくとも1つのアドレスと総金額を洗い出すことができる』と説明しています。

DASH・Zcashは法律に基づいて利用可能

技術的な面の詳しい解説を行っているChainalysisは『技術的な観点から見るとDashのプライバシー機能はビットコインのプライバシー機能よりも大きくないため"プライバシーコイン"というラベル付けは誤称だ』と説明しており、結論として『Chainalysisの技術を利用したり警戒を続けることによって、DASHやZcashは法律を遵守している企業や人々の間で利用され続けることができる』と述べています。

『DASHは匿名通貨だ』という一般からのイメージについては「Dash Japanチーム」も以前から『"ブロックチェーンの追跡が不可能・監査が困難・資金洗浄やテロ資金調達に使用される可能性が高い"などといった誤解が広がっている』と指摘しており、今年4月には再び日本の暗号資産取引所にDASHを上場させるための資金として合計428.73DASH(約379万円)の資金調達が行われたことも報告されています。

>>「Chainalysis」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーンとStem Cell(幹細胞)の現在 ー 未来の治療法との結合

ブロックチェーンとStem Cell(幹細胞)の現在 ー 未来の治療法との結合

リップルによる金融システムアップデートが仮想通貨を次のステップへ

リップルによる金融システムアップデートが仮想通貨を次のステップへ

Cardano(ADA)仮想通貨取引所「DX.Exchange」で正式に取り扱い開始|日本円にも対応

Cardano(ADA)仮想通貨取引所「DX.Exchange」で正式に取り扱い開始|日本円にも対応

SBIが台湾のブロックチェーンスタートアップに新たな出資|事業拡大が進む

SBIが台湾のブロックチェーンスタートアップに新たな出資|事業拡大が進む

PundiX(NPXS)2020年Q4〜2021年Q2のロードマップ「日本語版」を公開

PundiX(NPXS)2020年Q4〜2021年Q2のロードマップ「日本語版」を公開

John McAfee:バウンティプログラムを一時中断|Bitfiハッキング論争は休戦へ

John McAfee:バウンティプログラムを一時中断|Bitfiハッキング論争は休戦へ

注目度の高い仮想通貨ニュース

eスポーツチームOG:ブロックチェーン企業「DMScript(DMST)」と提携

eスポーツチームOG:ブロックチェーン企業「DMScript(DMST)」と提携

韓国3位の暗号資産取引所「コインビット」取引量の99%水増しか

韓国3位の暗号資産取引所「コインビット」取引量の99%水増しか

Huobi Japan:自由回答型の「新規上場暗号資産アンケート調査」開始

Huobi Japan:自由回答型の「新規上場暗号資産アンケート調査」開始

ビットポイント「最大11,000円相当のBATがもらえる」上場記念キャンペーン開催

ビットポイント「最大11,000円相当のBATがもらえる」上場記念キャンペーン開催

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

香港ビットコイン協会:路面電車などで「BTC広告」を大々的に掲載

Cardano(ADA)決済で「Amazon・Starbucksなどのギフトカード」が購入可能に

Cardano(ADA)決済で「Amazon・Starbucksなどのギフトカード」が購入可能に

GMOコイン:最大現金10万円が当たる「2つのキャンペーン」を同時開催

GMOコイン:最大現金10万円が当たる「2つのキャンペーン」を同時開催

コインチェック:バーチャル株主総会支援サービス「Sharely(シェアリー)」提供開始

コインチェック:バーチャル株主総会支援サービス「Sharely(シェアリー)」提供開始

EU5ヵ国の財務大臣、欧州委員会に「厳格なステーブルコイン規制」を要請

EU5ヵ国の財務大臣、欧州委員会に「厳格なステーブルコイン規制」を要請

ビットコインは「インターネットのネイティブ通貨」に最適:Twitter CEO

ビットコインは「インターネットのネイティブ通貨」に最適:Twitter CEO

仮想通貨が稼げる「スペースインベーダーのアーケードゲーム」を設置:英Pixel Bar

仮想通貨が稼げる「スペースインベーダーのアーケードゲーム」を設置:英Pixel Bar

ネム(NEM/XEM)価格高騰「16円台」迫る|過去1ヶ月間で約200%の上昇率を記録

ネム(NEM/XEM)価格高騰「16円台」迫る|過去1ヶ月間で約200%の上昇率を記録

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す