日本仮想通貨取引所への「DASH上場」に向けて|Japanチームが活動資金を調達

by BITTIMES

仮想通貨ダッシュ(Dash/DASH)を再び日本の仮想通貨取引所に上場させるための活動費を募っていた「DashJapanチーム」の提案が可決され、合計428.73DASH(約379万円)の資金調達が完了したことが明らかになりました。

こちらから読む:BINANCE、マイニングプールを公開「仮想通貨」関連ニュース

「日本市場の重要性と問題点」を強調

仮想通貨ダッシュ(DASH)の理解を深めることなどを目的とした活動を行っている「DashJapanチーム」は、2020年3月10日に「仮想通貨DASHに対する誤解を解くこと」や「DASHを日本国内の仮想通貨取引所に再び上場させること」などを目的とした提案を行い、それらの目標を達成するための活動資金を募っていました。

DashJapanチームは仮想通貨DASHに対する日本人の認識について『"ブロックチェーンの追跡が不可能・監査が困難・資金洗浄やテロ資金調達に使用される可能性が高い"などといった誤解が広がっている』と指摘しており、DASHのトランザクションは全て完全に透明かつ監査可能であり、ビットコインと同一のトランザクションルールを採用していると説明しています。

DASHは元々、日本国内の大手仮想通貨取引所「Coincheck(コインチェック)」でも取り扱われていたものの、このような誤解に基づいて2018年6月で上場廃止となったため、DashJapanチームは「規制当局などからの誤解を解いて日本国内でもDASHが取引できる環境を構築すべきだ」と述べています。

さらにDashJapanは「日本が最大の仮想通貨取引国の1つであること」や「日本が他の規制当局から"仮想通貨規制のリーダー"として認識されていること」などを理由に『日本でDASHに対する誤解を解くことは国際的な影響も含めて非常に重要である』ということを強調しており、具体的な例として「韓国の仮想通貨取引所が日本を模倣して上場廃止案を作成したこと」などを挙げ、その他の国が日本の規制を模倣した場合にはドミノ効果で"DASH禁止地域"が増加する可能性があると指摘しています。

「DashJapan」の目標とこれまでの取り組み

DashJapan-logo

日本市場の重要性をこのように説明している「DashJapan」は以下に記したような複数の項目を目標に掲げており、これらの目標達成に向けた活動資金として、合計428.73DASH(約379万円)の資金調達を完了しています。

【DashJapanが掲げる目標】

  • 仮想通貨DASHに対する誤解を解くこと
  • 規制当局と協力して、最終的にDASHの日本の取引所に上場させること
  • DASHを日本で支払い手段として普及させ、BTC・BCH・LTCなどと同等の評価を得ること
  • 弁護士および公認会計士が書いた客観的な事実に基づく覚書を「金融庁・規制当局・日本仮想通貨交換業協会などの自主規制団体・21の仮想通貨交換業者」に提出すること

また、これまでに行ってきた具体的な取り組みとしては、

  • 2019年9月に「Dash Core」のGlenn Austin(グレン・オースティン)CFOと共に日本仮想通貨交換業協会を訪れ「PrivateSend Legal Position」ドキュメントを直接提示したこと
  • 目標達成までに必要となる具体的な手順についてアドバイスを受けたこと
  • 手続きを進めるために、仮想通貨分野に精通し、経験のある日本の法律事務所を特定したこと
  • DASHを上場させるための監査を行い、規制当局に承認依頼を提出する仮想通貨取引所パートナーの特定を進めていること
  • DASHの監査を行うために4つの大企業と話し合いを行っていること
  • NHKに削除依頼を提出し、ウェブサイトに投稿されていたDASHに関する誤った情報を削除してもらったこと
などが挙げられています。

実際に日本国内の仮想通貨取引所でDASHの取り扱いが開始されるまでには、多くの手続きを完了させる必要があるものの、将来的にDASHが日本国内で取引できるようになる可能性はあると考えられます。

DASHは記事執筆時点で「時価総額ランキング19位(参照:CoinMarketCap)」に位置付けられており、世界的にも人気の仮想通貨であるため、今後の動向にも注目です。

>>「DashJapan」の提案内容はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

金融庁・日経新聞:ブロックチェーンサミット「BG2C、FIN/SUM BB」の再延期を決定

金融庁・日経新聞:ブロックチェーンサミット「BG2C、FIN/SUM BB」の再延期を決定

コインチェック:リップル(XRP)とファクトム(FCT)の「入金・購入」を再開

コインチェック:リップル(XRP)とファクトム(FCT)の「入金・購入」を再開

HuobiがDAO(自律分散型組織)に向け本格始動

HuobiがDAO(自律分散型組織)に向け本格始動

大手取引所OKEx「暗号資産の出金サービス」再開へ|秘密鍵保有者も業務に復帰

大手取引所OKEx「暗号資産の出金サービス」再開へ|秘密鍵保有者も業務に復帰

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

Zaif(ザイフ)仮想通貨レバレッジ取引の倍率に「4倍」を追加

【Zaif】ハードフォークで生じたBSV「日本円」で対象者に付与

【Zaif】ハードフォークで生じたBSV「日本円」で対象者に付与

注目度の高い仮想通貨ニュース

FiNANCiE×湘南ベルマーレ「クラブトークン発行型ファンディング」実施へ【国内初】

FiNANCiE×湘南ベルマーレ「クラブトークン発行型ファンディング」実施へ【国内初】

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

Socios&Chiliz「英国」でも事業拡大へ|コマーシャルディレクターにKarim Virani氏

ギャラクシーデジタル:マイニング専門のビジネスユニット「Galaxy Digital Mining」立ち上げ

ギャラクシーデジタル:マイニング専門のビジネスユニット「Galaxy Digital Mining」立ち上げ

ロシア地方裁判所:BINANCEウェブサイトの「ブロック解除」を決定

ロシア地方裁判所:BINANCEウェブサイトの「ブロック解除」を決定

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

SBI VCトレード:限定デザインQuoカードがもらえる「2つのキャンペーン」開催

SBI VCトレード:限定デザインQuoカードがもらえる「2つのキャンペーン」開催

BITTREX:Zcash・DASH・Moneroなどの「上場廃止」を発表|3通貨の価格は下落傾向

BITTREX:Zcash・DASH・Moneroなどの「上場廃止」を発表|3通貨の価格は下落傾向

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

暗号資産の「利益・損失・翌年持ち越し」にかかる税金は?【確定申告の基礎知識】

Xtheta:選べる豪華賞品が当たる「第二弾 積む積む!キャンペーン」開催へ

Xtheta:選べる豪華賞品が当たる「第二弾 積む積む!キャンペーン」開催へ

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

バイデン政権:元Ripple社役員マイケル・バー氏を「米通貨監督庁長官」に指名か=報道

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

GMOコイン:スナップショットに伴う「NEM関連の一部サービス停止」を発表

GMOコイン:つみたて暗号資産に「テゾス(Tezos/XTZ)」追加

GMOコイン:つみたて暗号資産に「テゾス(Tezos/XTZ)」追加

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す