より安全な仮想通貨取引のために「VPN」を活用するメリット

by BITTIMES

クリプトの安全性が心配ならVPNを忘れないでください

ブロックチェーンで取引することの最大の利点の一つはその素晴らしい安全性です。ですが、安全に関するあらゆる種類のテクノロジーと同様、違反が発生する最大の潜在的な可能性はユーザーのインターフェイスにあります。家の玄関の鍵は三重に閉めるのに一階の窓は開けっ放しにしていたり、スマートフォンのロック画面を設定するか気にしない人を想像してください。

そのように、クリプトにおける危険への露出は、ブロックチェーン自体ではなく、ユーザー側にあります。オンラインのどこを見ても、VPNおすすめが次から次へと提唱されていますが、これらの内の一つをインストールすれば、あなたのクリプト取引は安全になるでしょうか?それとも、ただの宣伝文句でしょうか?詳しく見ていきましょう。

仮想通貨の取引にVPNを使用する

いかなる状況あれ、あなたがオンライン上の安全を懸念しているならば「VPN(Virtual Private Network/仮想プライベートネットワーク)」は悪いアイディアではありません。プライバシーの強化という特定の面では、VPNはクリプト取引の安全性を高めます。

ビットコインを含むアルトコインは、よく匿名と言われますが、それは厳密に言うと真実ではありません(プライバシーコインの場合は例外です)。これらは 実際には偽名を用いています。 つまり、各取引のログ情報は記録されますが、あなたの個人情報は記録されません。ここで問題なのは、大抵の場合、ビットコインのアドレスやIPの足跡から容易に個人情報を特定できることです。これにより、あなたのブロックチェーンの全ての取引履歴の閲覧が可能になってしまいます。

プライバシー重視のVPNサービスを利用することで、安全を強化し、誰かがあなたやあなたの金融活動を追跡することを困難にすることができます。重大な為替では、すでにHTTPS暗号化が使用されていますが、VPNはあなたのオンライン上の活動や取引をさらに安全にする「二重装備」を提供します。

適切なVPNを選ぶには

では、プライバシー重視のVPNとはどのようなものでしょう?端的に言うと、それはあなたのログ情報を保存せず、 キルスイッチ機能を備えているものです。多くの無料VPNがありますが、その誘惑に負けないでください。これらのサービスは何らかの形で資金を調達する必要があり、多くの場合はユーザーの個人データを販売しています。VPNを利用するならば、信頼性と安全性を確信できるものに毎月少しの料金を払って、適切な形で利用しましょう。

今日では数多くの選択肢がありますが、それらの多くは安価、信頼性、そして安全性のカテゴリーに該当します。しかし、どれか一つのVPNを選択する前に、注意深く調べなければならないことがあります。ノーログポリシーが明記されているか、つまりプロバイダーは閲覧データを収集しないこと、そしてキルスイッチ機能が装備されていることを確認してください。

パナマ諸島や英国領のバージン諸島などの辺鄙な場所を拠点としているプロバイダーを避けないでください。最も優れたプロバイダーは、これらのような、プライバシーを重視し、一連のデータを収集したり保存したりすることを企業に要求しない国を選ぶ傾向があります。VPNを選ぶにあたっては、それがまさに必要な点と言えるでしょう。


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

エルサルバドル最大手銀行「ビットコイン決済」に対応|Flexaと提携

エルサルバドル最大手銀行「ビットコイン決済」に対応|Flexaと提携

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

100%再生可能エネルギー化目指す「暗号資産気候協定」発足|Rippleなど27社が参画

中東の電気通信大手Zain:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営委員会に参加

中東の電気通信大手Zain:分散型台帳「Hedera Hashgraph」の運営委員会に参加

doublejump.tokyo:SNS情報で利用できるウォレット開発会社「Torus Labs」と提携

doublejump.tokyo:SNS情報で利用できるウォレット開発会社「Torus Labs」と提携

大手ファンドMorgan Creekが「XRP・XLM」を除外する理由|Mark YuskoCEOが説明

大手ファンドMorgan Creekが「XRP・XLM」を除外する理由|Mark YuskoCEOが説明

Audi(アウディ)限定版の「NFTアート作品」を発表|xNFT Protocolと協力

Audi(アウディ)限定版の「NFTアート作品」を発表|xNFT Protocolと協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

Chiliz Exchange「インテル・バレンシアCFの公式ファントークン」本日取扱い開始

Zaif:NEM時計やCICCがもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Zaif:NEM時計やCICCがもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

Microsoft「台帳に依存しないトークン発行・管理技術」の特許取得

全世界のNFTクリエイターを発掘・支援「XANALIA NFTART AWARD 2021」開催へ

全世界のNFTクリエイターを発掘・支援「XANALIA NFTART AWARD 2021」開催へ

ビットポイント「Cardano(ADA)の入金・出金サービス」提供開始日時を発表

ビットポイント「Cardano(ADA)の入金・出金サービス」提供開始日時を発表

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)「ビットポイントへの上場予定日」が判明

カルダノ・エイダ(Cardano/ADA)「ビットポイントへの上場予定日」が判明

OKCoinJapan:QUOREAとのAPI連携で「ビットコインの自動売買」が可能に

OKCoinJapan:QUOREAとのAPI連携で「ビットコインの自動売買」が可能に

Twitter「プロフィール欄への仮想通貨ウォレットアドレス登録機能」追加か

Twitter「プロフィール欄への仮想通貨ウォレットアドレス登録機能」追加か

東京ハッシュ「暗号資産現物取引サービス+新規口座開設申込受付」を開始

東京ハッシュ「暗号資産現物取引サービス+新規口座開設申込受付」を開始

分散型音楽配信のAudius「TikTok」と提携|AUDIO価格は100%以上高騰

分散型音楽配信のAudius「TikTok」と提携|AUDIO価格は100%以上高騰

SBI VCトレード「LINK・DOT」取扱い開始|販売所にはBCH・LTCを追加

SBI VCトレード「LINK・DOT」取扱い開始|販売所にはBCH・LTCを追加

米Kraken「欧州地域でのライセンス取得」を計画|2021年内実現の可能性も

米Kraken「欧州地域でのライセンス取得」を計画|2021年内実現の可能性も

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す