より安全な仮想通貨取引のために「VPN」を活用するメリット

by BITTIMES

クリプトの安全性が心配ならVPNを忘れないでください

ブロックチェーンで取引することの最大の利点の一つはその素晴らしい安全性です。ですが、安全に関するあらゆる種類のテクノロジーと同様、違反が発生する最大の潜在的な可能性はユーザーのインターフェイスにあります。家の玄関の鍵は三重に閉めるのに一階の窓は開けっ放しにしていたり、スマートフォンのロック画面を設定するか気にしない人を想像してください。

そのように、クリプトにおける危険への露出は、ブロックチェーン自体ではなく、ユーザー側にあります。オンラインのどこを見ても、VPNおすすめが次から次へと提唱されていますが、これらの内の一つをインストールすれば、あなたのクリプト取引は安全になるでしょうか?それとも、ただの宣伝文句でしょうか?詳しく見ていきましょう。

仮想通貨の取引にVPNを使用する

いかなる状況あれ、あなたがオンライン上の安全を懸念しているならば「VPN(Virtual Private Network/仮想プライベートネットワーク)」は悪いアイディアではありません。プライバシーの強化という特定の面では、VPNはクリプト取引の安全性を高めます。

ビットコインを含むアルトコインは、よく匿名と言われますが、それは厳密に言うと真実ではありません(プライバシーコインの場合は例外です)。これらは 実際には偽名を用いています。 つまり、各取引のログ情報は記録されますが、あなたの個人情報は記録されません。ここで問題なのは、大抵の場合、ビットコインのアドレスやIPの足跡から容易に個人情報を特定できることです。これにより、あなたのブロックチェーンの全ての取引履歴の閲覧が可能になってしまいます。

プライバシー重視のVPNサービスを利用することで、安全を強化し、誰かがあなたやあなたの金融活動を追跡することを困難にすることができます。重大な為替では、すでにHTTPS暗号化が使用されていますが、VPNはあなたのオンライン上の活動や取引をさらに安全にする「二重装備」を提供します。

適切なVPNを選ぶには

では、プライバシー重視のVPNとはどのようなものでしょう?端的に言うと、それはあなたのログ情報を保存せず、 キルスイッチ機能を備えているものです。多くの無料VPNがありますが、その誘惑に負けないでください。これらのサービスは何らかの形で資金を調達する必要があり、多くの場合はユーザーの個人データを販売しています。VPNを利用するならば、信頼性と安全性を確信できるものに毎月少しの料金を払って、適切な形で利用しましょう。

今日では数多くの選択肢がありますが、それらの多くは安価、信頼性、そして安全性のカテゴリーに該当します。しかし、どれか一つのVPNを選択する前に、注意深く調べなければならないことがあります。ノーログポリシーが明記されているか、つまりプロバイダーは閲覧データを収集しないこと、そしてキルスイッチ機能が装備されていることを確認してください。

パナマ諸島や英国領のバージン諸島などの辺鄙な場所を拠点としているプロバイダーを避けないでください。最も優れたプロバイダーは、これらのような、プライバシーを重視し、一連のデータを収集したり保存したりすることを企業に要求しない国を選ぶ傾向があります。VPNを選ぶにあたっては、それがまさに必要な点と言えるでしょう。


免責事項:仮想通貨ニュースメディア BITTIMES(以下:当メディア)は、このページに掲載されている内容や製品について保証いたしません。当メディアは入手できる重要な情報をすべて提供することを目指しておりますが、法律・投資・税金などのアドバイスなどは提供しておりません。また、アナリストなどの意見は短期的なものであり予告なしに変更される可能性があります。当ウェブサイトに掲載されている投資情報または戦略に関しましては、投資勧誘を目的にしたものではありません。実際に投資を行う際は、当ウェブサイトの情報に全面的に依拠して投資判断を下すことはお控えいただき、投資に関するご決定は皆様ご自身のご判断で行っていただきますようお願いいたします。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ブロックチェーン活用で「100の企業」と「20の政府機関」が協力:世界経済フォーラム

ブロックチェーン活用で「100の企業」と「20の政府機関」が協力:世界経済フォーラム

仮想通貨ATMに「XRP」追加か|Ripple投資部門、業界最大手「Coinme」に出資

仮想通貨ATMに「XRP」追加か|Ripple投資部門、業界最大手「Coinme」に出資

中国デジタル人民元「マクドナルド・スタバ」などでもテスト実施か=現地メディア報道

中国デジタル人民元「マクドナルド・スタバ」などでもテスト実施か=現地メディア報道

Kraken(クラーケン)「日本円の入出金・暗号資産取引サービス」提供開始

Kraken(クラーケン)「日本円の入出金・暗号資産取引サービス」提供開始

FINNEY™公開!ブロックチェーン搭載スマホ|SIRIN LABS日本ストアは2019年1月オープン

FINNEY™公開!ブロックチェーン搭載スマホ|SIRIN LABS日本ストアは2019年1月オープン

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

ブロックチェーン用いた「分散コンピューティング」利用拡大をサポート:リクルート

注目度の高い仮想通貨ニュース

Decentraland:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携か|MANA価格は大幅上昇

Decentraland:ゲーム開発老舗「Atari(アタリ)」と提携か|MANA価格は大幅上昇

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

ステラ開発財団「ウクライナ政府」と協力|中央銀行デジタル通貨(CBDC)などを支援

ビットコイン関連のツイート数「過去最高値」を更新|Googleでの検索量も増加傾向

ビットコイン関連のツイート数「過去最高値」を更新|Googleでの検索量も増加傾向

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

コインチェック:3年ぶりに「テレビCM」放映へ|東京・大阪・福岡など26都府県で

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

ビットバンク:取扱う全てのアルトコインで「出来高日本一」を記録|MONA・XRP・XLMなど

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

ギャラクシーデジタル:マイニング専門のビジネスユニット「Galaxy Digital Mining」立ち上げ

ギャラクシーデジタル:マイニング専門のビジネスユニット「Galaxy Digital Mining」立ち上げ

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

Coinbase・OKCoin「XRP取引の一時停止」を発表|価格は一時22円まで急落

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

Kraken:14種類の暗号資産で「豪ドル・英ポンドの取引ペア」追加|ADA・XTZ・FILなど

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

大手マーケットメーカーB2C2「米国企業とのXRP取引」を停止|リップル訴訟問題で

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月20日〜26日

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説NEW

暗号資産「エンジンコイン(Enjin Coin/ENJ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す