アフガニスタン政府:ファントムのブロックチェーンで「偽造医薬品」に対処

by BITTIMES

アフガニスタン保健省と複数の製薬会社などが偽造医薬品の問題を解決するために「ファントム(Fantom/FTM)」のブロックチェーン技術を活用したプロジェクトを立ち上げたことが明らかになりました。

こちらから読む:大同生命、生命保険業に技術活用「ブロックチェーン」関連ニュース

ブロックチェーンを「医薬品の情報管理」に活用

ファントム(Fantom/FTM)は2020年7月6日に「アフガニスタン保健省」や「Royal Star・Nabros Pharma・Bliss GVS・INSAF Pharmaceuticals・Chekkit」などといった複数の企業と協力して、偽造医薬品を排除するための"医薬品追跡プロジェクト"を立ち上げたことを発表しました。

このプロジェクトは、Fantomの「Opera Chain」に医薬品の情報を記録することによって、医薬品が本物であることを確認できるようにし、それらの情報を追跡できるようにすることを目的として試験的なプロジェクトとなっており、最初は4つの異なる医薬品合計80,000個を追跡できるようにし、2020年後半にはさらに多くの製品を追跡できるようにする予定だと説明されています。

なお、このプロジェクトで情報管理を行う医薬品は以下の4つとなっています。

  • 手指消毒剤(50,000個)
  • 関節痛のためのジョイントクリーム(10,000個)
  • 咳・風邪・喉の痛みを和らげるタブレット(10,000個)
  • 糖尿病関連の皮膚感染症治療に使用されるフットクリーム(10,000個)

追跡される製品には配送プロセスの各段階でスキャンするための「配送ラベル」が付けられており、ラベルがスキャンされるたびに「製品名・バッチ番号・バーコード番号・有効期限・製造日・スキャンされた場所・スキャンされた日時」などといった情報がブロックチェーン上に記録される仕組みとなっています。

アフガニスタンの医療分野にブロックチェーン技術を

ファントム(Fantom/FTM)の報告によると、「偽造医薬品」はアフガニスタンで深刻な問題となっており『医薬品の生産・流通プロセスにおけるチェックが不十分であることによって、医薬品や消費者の手に渡るまでの間に数多くの"偽造医薬品"が正規品の中に混入している』とされています。

このような偽造医薬品は品質が低いため、人々の健康に危険を及ぼしており、2017年に12週間に渡って実施された調査では「有効期限切れの偽造医薬品」や「規格外の医薬品」が100トンも押収されたと報告されています。

Fantomはこの医薬品追跡プロジェクトを通じて『革新的なブロックチェーン技術をアフガニスタンの医療分野にもたらすと共に、偽造医薬品の混入を減らし、患者の医療記録のセキュリティを向上させる』と説明しています。

>>「Fantom」の公式発表はこちら

2020年7月7日|ファントム(Fantom/FTM)の価格

ファントム(Fantom/FTM)の価格は今月2日頃まで0.6円前後で推移していたものの、その後は2倍以上に高騰しており、2020年7月7日時点では「1FTM=1.36円」で取引されています。

>>FTMを取り扱っている取引所「BINANCE」の公式サイトはこちら

2020年6月7日〜2020年7月7日 FTMのチャート(画像:CoinGecko)2020年6月7日〜2020年7月7日 FTMのチャート(画像:CoinGecko)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カナダの大麻合法化で「匿名仮想通貨」の使用量が増加する|eToroアナリスト

カナダの大麻合法化で「匿名仮想通貨」の使用量が増加する|eToroアナリスト

ゲーム開発老舗Atari:The Sandbox上で「仮想テーマパーク」構築へ

ゲーム開発老舗Atari:The Sandbox上で「仮想テーマパーク」構築へ

Moonstake:イーサリアム(ETH)が当たる「ウォレット乗り換えキャンペーン」開催

Moonstake:イーサリアム(ETH)が当たる「ウォレット乗り換えキャンペーン」開催

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

LINE独自の暗号資産「LINK/LN」BITMAX上場後6日で購入額1億円を突破

LINE独自の暗号資産「LINK/LN」BITMAX上場後6日で購入額1億円を突破

【Cardano/ADA】大型アップデート「Mary」の実施日が確定|トークン発行などが可能に

【Cardano/ADA】大型アップデート「Mary」の実施日が確定|トークン発行などが可能に

注目度の高い仮想通貨ニュース

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

育てた競走馬がNFTになるシミュレーションゲーム「Crypto Stakes」本格稼働

ビットポイント「恩をADAで返す!総額1億円キャンペーン」開始|約定金額の1%還元

ビットポイント「恩をADAで返す!総額1億円キャンペーン」開始|約定金額の1%還元

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

Chiliz&Socios:NBA所属「Oklahoma City Thunder・Washington Wizards」と提携

BINANCE「オーストラリア居住者向けサービスの一部停止」を発表

BINANCE「オーストラリア居住者向けサービスの一部停止」を発表

BINANCE:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

BINANCE:IOST保有者に対する「DONエアドロップ」対応へ

Zaif:カイカコイン(CICC)がもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

Zaif:カイカコイン(CICC)がもらえる「2つのキャンペーン」開催へ

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

ソラミツ:ラオス中央銀行と「中央銀行デジタル通貨(CBDC)の検討」を開始

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Huobi Japan「独自通貨HTの実需決済」を開始|六本木焼肉MASUでHT決済が可能に

Chiliz:ブラジルのサッカーチーム「CRフラメンゴ」と提携|$MENGOトークン発行へ

Chiliz:ブラジルのサッカーチーム「CRフラメンゴ」と提携|$MENGOトークン発行へ

ディーカレット:取引所2銘柄を対象とした「取引手数料0%キャンペーン」開始

ディーカレット:取引所2銘柄を対象とした「取引手数料0%キャンペーン」開始

米PayPal:暗号資産にも対応した「多機能新アプリ」を発表

米PayPal:暗号資産にも対応した「多機能新アプリ」を発表

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

暗号資産取引所「FTX」香港からバハマに本社移転

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リスク(Lisk/LSK)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「シンボル(Symbol/XYM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「Bitgate(ビットゲート)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す