ハードウェアウォレット「Ledger」で不正アクセス被害|個人情報約100万件が流出

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)のハードウェアウォレットを開発・運営している「Ledger(レジャー)」は2020年7月29日に、同社が今年6月下旬に不正アクセスの被害を受け、約100万件にのぼる顧客情報が流出したことを発表しました。

こちらから読む:カルダノ、Shelleyへのアップグレードを完了「暗号資産」関連ニュース

メールアドレスなど「約100万件の個人情報」が流出

Ledger(レジャー)は2020年7月29日の発表で、同社のウェブサイトが2020年6月下旬に不正アクセスの被害を受け、約100万件の顧客情報が流出したことを明らかにしました。Ledger社は2020年7月14日に同社の報酬金プログラムに参加している研究者からの報告を受けて、Ledgerのウェブサイトでデータ侵害が発生していることに気付いたとのことで、この報告直後に問題点を修正し、内部調査を開始したと説明されています。

調査の結果、2020年6月25日にeコマースおよびマーケティングのデータベースが無許可の第三者に侵害されていたことが発覚したとのことで、このデータ侵害によって「顧客の氏名・住所・メールアドレス・電話番号などの連絡先」と「注文の詳細」などの情報が流出したとされています。ただし、ユーザーのリカバリーフレーズや秘密鍵などにはアクセスされていないため「支払い情報」や「暗号資産」などは安全だと説明されています。

流出した主な情報は"顧客のメールアドレス"だとされており「約100万件のメールアドレス」が流出したとされています。また、氏名・住所・電話番号・注文商品などのデータに関しては「9,500人分のデータ」が流出したとのことです。なお、不正アクセスの影響を受けた顧客には、すでに電子メールで通知を行っていると報告されています。

顧客の暗号資産に関する情報は流出していないため『暗号資産は安全である』と説明されているものの、Ledger社は『フィッシング詐欺に注意するように』と強調しています。メールアドレスなどの情報が流出しているため、悪意のある第三者がLedger社になりすまして『ウォレットの回復フレーズを送信してください』といった内容のメールを送信してくる可能性がありますが、Ledger社は『Ledgerがあなたの回復フレーズ24語を尋ねることは決してないため、そのようなメールが届いた場合は"フィッシング詐欺である"と考えてください』と説明しています。

Ledger社は研究者から脆弱性の報告が行われた2日後には、フランスのデータ保護機関である「CNIL(フランスの情報処理及び自由に関する国家委員会)」に報告書を提出しており、21日にはヨーロッパを代表するセキュリティサービスプロバイダーである「Orange Cyberdefense(オレンジサイバーディフェンス)」と協力して潜在的な損害評価および違反のさらなる特定に取り組んでいます。

>>「Ledger」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

FINNEY™公開!ブロックチェーン搭載スマホ|SIRIN LABS日本ストアは2019年1月オープン

FINNEY™公開!ブロックチェーン搭載スマホ|SIRIN LABS日本ストアは2019年1月オープン

Facebook「新たなステーブルコイン」発行の可能性|仮想通貨Libraは後回しに

Facebook「新たなステーブルコイン」発行の可能性|仮想通貨Libraは後回しに

アゼルバイジャンの仮想通貨取引所「Cross exchange」11月25日オープン|XRPも上場

アゼルバイジャンの仮想通貨取引所「Cross exchange」11月25日オープン|XRPも上場

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

ブロックチェーンゲームの「マルチチェーン対応支援サービス」発表:double jump.tokyo

ビットコイン価格:対ロシアルーブル(RUB)で「過去最高値」を更新

ビットコイン価格:対ロシアルーブル(RUB)で「過去最高値」を更新

イスラエルが仮想通貨とマネーロンダリングに関する草案を公表

イスラエルが仮想通貨とマネーロンダリングに関する草案を公表

注目度の高い仮想通貨ニュース

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

マウントゴックス債権者「最大90%のビットコイン返還要求」が可能に=Bloomberg

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年1月10日〜16日

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

カルダノ創設者「リップル訴訟問題」に言及|XRP=証券ではないが配布方法に問題あり?

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

Huobi子会社:ネバダ州で「信託会社ライセンス」取得|米国での事業再開を計画

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

XRP基軸の取引所Bitrue「Sparkトークンの事前取引(IOU)」提供へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月13日〜19日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2020年12月13日〜19日

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

米投資会社SkyBridge「ビットコインファンド」立ち上げ|BTCの将来性を高く評価

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

ゴールド連動のステーブルコイン「x-Gold」発行開始1ヶ月で発行残高1億円を突破

Huobi Global「ロシアルーブル(RUB)の入出金」をサポート|AdvCashと提携

Huobi Global「ロシアルーブル(RUB)の入出金」をサポート|AdvCashと提携

「Ripple社からのインセンティブ受け取っていない」国内暗号資産取引所からの発表続く

「Ripple社からのインセンティブ受け取っていない」国内暗号資産取引所からの発表続く

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

暗号資産取引所FTX:IPO前のCoinbase投資を可能にする「CBSE」提供開始

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

トルコ中銀:2021年に「中央銀行デジタル通貨(CBDC)のテスト実施」を予定

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ポルカドット(Polkadot/DOT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ステラ(Stellar/XLM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

ステーブルコインとは?「種類・特徴・違い」などを初心者向けにわかりやすく解説

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

日本国内取引所「XRP関連サービス一時停止」に関する発表まとめ【随時更新】

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テザー(Tether/USDT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「テゾス(Tezos/XTZ)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す