ハードウェアウォレット「Ledger」で不正アクセス被害|個人情報約100万件が流出

by BITTIMES

暗号資産(仮想通貨)のハードウェアウォレットを開発・運営している「Ledger(レジャー)」は2020年7月29日に、同社が今年6月下旬に不正アクセスの被害を受け、約100万件にのぼる顧客情報が流出したことを発表しました。

こちらから読む:カルダノ、Shelleyへのアップグレードを完了「暗号資産」関連ニュース

メールアドレスなど「約100万件の個人情報」が流出

Ledger(レジャー)は2020年7月29日の発表で、同社のウェブサイトが2020年6月下旬に不正アクセスの被害を受け、約100万件の顧客情報が流出したことを明らかにしました。Ledger社は2020年7月14日に同社の報酬金プログラムに参加している研究者からの報告を受けて、Ledgerのウェブサイトでデータ侵害が発生していることに気付いたとのことで、この報告直後に問題点を修正し、内部調査を開始したと説明されています。

調査の結果、2020年6月25日にeコマースおよびマーケティングのデータベースが無許可の第三者に侵害されていたことが発覚したとのことで、このデータ侵害によって「顧客の氏名・住所・メールアドレス・電話番号などの連絡先」と「注文の詳細」などの情報が流出したとされています。ただし、ユーザーのリカバリーフレーズや秘密鍵などにはアクセスされていないため「支払い情報」や「暗号資産」などは安全だと説明されています。

流出した主な情報は"顧客のメールアドレス"だとされており「約100万件のメールアドレス」が流出したとされています。また、氏名・住所・電話番号・注文商品などのデータに関しては「9,500人分のデータ」が流出したとのことです。なお、不正アクセスの影響を受けた顧客には、すでに電子メールで通知を行っていると報告されています。

顧客の暗号資産に関する情報は流出していないため『暗号資産は安全である』と説明されているものの、Ledger社は『フィッシング詐欺に注意するように』と強調しています。メールアドレスなどの情報が流出しているため、悪意のある第三者がLedger社になりすまして『ウォレットの回復フレーズを送信してください』といった内容のメールを送信してくる可能性がありますが、Ledger社は『Ledgerがあなたの回復フレーズ24語を尋ねることは決してないため、そのようなメールが届いた場合は"フィッシング詐欺である"と考えてください』と説明しています。

Ledger社は研究者から脆弱性の報告が行われた2日後には、フランスのデータ保護機関である「CNIL(フランスの情報処理及び自由に関する国家委員会)」に報告書を提出しており、21日にはヨーロッパを代表するセキュリティサービスプロバイダーである「Orange Cyberdefense(オレンジサイバーディフェンス)」と協力して潜在的な損害評価および違反のさらなる特定に取り組んでいます。

>>「Ledger」の公式発表はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

カルダノ(CARDANO/ADA):決済プラットフォーム「Metaps Plus」との統合は11月に完了

カルダノ(CARDANO/ADA):決済プラットフォーム「Metaps Plus」との統合は11月に完了

BINANCE CEOが「米国ユーザー除外」を決断した理由とは|仮想通貨規制では日本を賞賛

BINANCE CEOが「米国ユーザー除外」を決断した理由とは|仮想通貨規制では日本を賞賛

BitPay CCO:ビットコイン価格は2019年に「2万ドル」を取り戻す

BitPay CCO:ビットコイン価格は2019年に「2万ドル」を取り戻す

仮想通貨ATM、世界で「5,000台」を突破|日本の設置場所・台数は?

仮想通貨ATM、世界で「5,000台」を突破|日本の設置場所・台数は?

ブロックチェーンで「サーモン製品の生産情報」を公開:Cermaq×Labeyrie

ブロックチェーンで「サーモン製品の生産情報」を公開:Cermaq×Labeyrie

アリババ Pictures:ブロックチェーンで「映画配信権」トークン化へ、Breakerと協力

アリババ Pictures:ブロックチェーンで「映画配信権」トークン化へ、Breakerと協力

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Cardano/ADA】Shelleyへのアップグレードを完了「Daedalus 2.0.0」もリリース

【Cardano/ADA】Shelleyへのアップグレードを完了「Daedalus 2.0.0」もリリース

コイネージ(COINAGE)暗号資産交換業者のライセンス取得|登録企業は「合計24社」に

コイネージ(COINAGE)暗号資産交換業者のライセンス取得|登録企業は「合計24社」に

Cardano創設者:YouTube上の「GiveAway詐欺」について注意喚起

Cardano創設者:YouTube上の「GiveAway詐欺」について注意喚起

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

デジタル通貨「コイン(coin)」2020年度下期に発行へ|三菱UFJ・リクルートが協力

XRP「15倍の価格上昇」を予想|ゴールドマンサックス元幹部、初めて暗号資産に投資

XRP「15倍の価格上昇」を予想|ゴールドマンサックス元幹部、初めて暗号資産に投資

フィリピン中央銀行「独自デジタル通貨(CBDC)の発行」を検討

フィリピン中央銀行「独自デジタル通貨(CBDC)の発行」を検討

コイネージ(COINAGE)「ビットコイン現物販売所」のサービス開始|キャンペーンも開催

コイネージ(COINAGE)「ビットコイン現物販売所」のサービス開始|キャンペーンも開催

PayPal(ペイパル)暗号資産サービス提供に向け「Paxos(パクソス)」と提携か

PayPal(ペイパル)暗号資産サービス提供に向け「Paxos(パクソス)」と提携か

Cardano:Shelleyハードフォーク後、24時間で「400以上のステークプール」が稼働

Cardano:Shelleyハードフォーク後、24時間で「400以上のステークプール」が稼働

アフガニスタン政府:ファントムのブロックチェーンで「偽造医薬品」に対処

アフガニスタン政府:ファントムのブロックチェーンで「偽造医薬品」に対処

Braveブラウザ:プライバシー・安全性を強化する「Firewall+VPN」リリース

Braveブラウザ:プライバシー・安全性を強化する「Firewall+VPN」リリース

チリーズ(Chiliz/CHZ)ブラジル最大の暗号資産取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

チリーズ(Chiliz/CHZ)ブラジル最大の暗号資産取引所「MERCADO BITCOIN」に上場

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ファイルコイン(Filecoin/FIL)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

人気のタグから探す