【要注意】Ledger Liveの「偽Chrome拡張機能」見つかる

by BITTIMES   

仮想通貨のハードウェアウォレットを提供している「Ledger(レジャー)」は2020年3月5日に、Google Chromeの拡張機能でウォレット復元に必要となる"リカバリーフレーズ"の入力をフィッシング詐欺が見つかったことを報告しました。

こちらから読む:日本人狙う詐欺の報告も「詐欺」関連ニュース

復元フレーズ盗難の可能性も

仮想通貨ウォレットを作成する場合には、万が一の場合にウォレットを復元するための「リカバリーフレーズ(復元フレーズ)」が発行されます。このフレーズは何らかの理由によってウォレットの資金にアクセスできなくなった場合などに使用する"非常に重要なもの"であり、個人で大切に記録して保管するが強く推奨されていますが、Ledger(レジャー)は2020年3月5日のツイートで『リカバリーフレーズ入力を求める偽のChrome拡張機能が見つかった』と報告しています。

🚨フィッシングアラート🚨

24単語のリカバリーフレーズ入力を求める偽のChrome拡張機能が見つかりました。

⚠️24単語を共有しないでください。
⚠️インターネットに接続されたデバイスに24単語を入力しないでください
⚠️Ledgerは24語を決して要求しません

今回報告された事例では「Ledger Live」と呼ばれる"偽のGoogle Chrome拡張機能"が公開されていたことが報告されています。「Ledger Live」は拡張機能を利用したユーザーに対してリカバリーフレーズの入力を求めることによって、ユーザーのリカバリーフレーズを盗もうとしていたと報告されています。

記事執筆時点で「Ledger Live」はChromeウェブストアから削除されているものの、この"偽拡張機能"は少なくとも120回はダウンロードされていたとも報告されています。

Google広告で表示される「詐欺サイト」にも要注意

今回見つかった"偽のChrome拡張機能"は、Googleのオンライン広告プラットフォームである「Google Ads」で宣伝されていたことも報告されているため、仮想通貨保有者の人々は今後もこのような手法を用いたフィッシング詐欺に注意する必要があります。

これはGoogle Adsが「Ledger Live」という検索フレーズで表示する検索結果です。

「Google Ads」で広告費を支払うことによって検索結果の上位にサイトを表示させ、あたかも本物のWEBサイトであるかのように振る舞う詐欺行為はこれまでにも複数報告されているため、今後も同様の詐欺が現れる可能性は十分あると考えられます。

リカバリーフレーズが他人に盗まれてしまった場合には自分のウォレットが乗っ取られてしまう可能性があるため、リカバリーフレーズは絶対に他人に見せない・教えないようにすることが重要です。

ハードウェアウォレットLedger Nano Sなどの購入は以下の公式サイトからどうぞ。

ledgerの画像 Ledger Nano Sなどの購入はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

米大手携帯電話会社「AT&T」ビットコインによる料金支払いに対応|BitPayと提携

米大手携帯電話会社「AT&T」ビットコインによる料金支払いに対応|BitPayと提携

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

G7:仮想通貨規制に向けた「タスクフォース」設立へ|Libra(リブラ)に対する懸念も

カルダノ(CARDANO/ADA):仮想通貨ウォレット「Infinito Wallet」でも利用可能に

カルダノ(CARDANO/ADA):仮想通貨ウォレット「Infinito Wallet」でも利用可能に

FRB:即時決済サービス「FedNow」を発表|仮想通貨関係者は「BTCの存在」を強調

FRB:即時決済サービス「FedNow」を発表|仮想通貨関係者は「BTCの存在」を強調

Bosch「ブロックチェーン冷蔵庫」を電力会社と共同開発|エネルギー市場の新たなビジネスモデルへ

Bosch「ブロックチェーン冷蔵庫」を電力会社と共同開発|エネルギー市場の新たなビジネスモデルへ

暗号資産取引所Phemex「ENJ・BAT・CHZ」など8銘柄取扱い開始|XRP取引も再開

暗号資産取引所Phemex「ENJ・BAT・CHZ」など8銘柄取扱い開始|XRP取引も再開

注目度の高い仮想通貨ニュース

Enjin:脱炭素化に向け「Crypto Climate Accord」に参加|JumpNetをカーボンネガティブ化

Enjin:脱炭素化に向け「Crypto Climate Accord」に参加|JumpNetをカーボンネガティブ化

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

メキシコ当局「金融機関の暗号資産取扱いは禁止」だと警告

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

【歴史上初】アルゼンチン国内トップリーグ「Torneo Socios.com」に名称変更

FXcoin:BTC出庫手数料引き下げ&XRPがもらえる「2つのキャンペーン」同時開催

FXcoin:BTC出庫手数料引き下げ&XRPがもらえる「2つのキャンペーン」同時開催

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

PrimeXBT「証拠金口座の暗号資産を別通貨に交換できる新機能」追加

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

Chiliz Exchange:eスポーツチーム「Team Vitality」の$VITファントークン本日取扱い開始

グレイスケール:DeFi銘柄の投資信託「GrayScale DeFi Fund」提供へ

グレイスケール:DeFi銘柄の投資信託「GrayScale DeFi Fund」提供へ

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

Amazon(アマゾン)「仮想通貨決済2021年内導入」の報道を否定

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

Chiliz&Socios「インテル・ミラノ」と提携|$INTERファントークン発行へ

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月4日〜10日

ブロックチェーン・暗号資産ニュース週間まとめ|2021年7月4日〜10日

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

SpaceXも「ビットコイン」を保有|TeslaでBTC決済再開の可能性も【The ₿ Word】

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オントロジー(Ontology/ONT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「コスモス(Cosmos/ATOM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「パレットトークン(PLT)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーケービー(OKB)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「クアンタム(QTUM)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「オーエムジー(OMG Network/OMG)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す