【要注意】Ledger Liveの「偽Chrome拡張機能」見つかる

by BITTIMES   

仮想通貨のハードウェアウォレットを提供している「Ledger(レジャー)」は2020年3月5日に、Google Chromeの拡張機能でウォレット復元に必要となる"リカバリーフレーズ"の入力をフィッシング詐欺が見つかったことを報告しました。

こちらから読む:日本人狙う詐欺の報告も「詐欺」関連ニュース

復元フレーズ盗難の可能性も

仮想通貨ウォレットを作成する場合には、万が一の場合にウォレットを復元するための「リカバリーフレーズ(復元フレーズ)」が発行されます。このフレーズは何らかの理由によってウォレットの資金にアクセスできなくなった場合などに使用する"非常に重要なもの"であり、個人で大切に記録して保管するが強く推奨されていますが、Ledger(レジャー)は2020年3月5日のツイートで『リカバリーフレーズ入力を求める偽のChrome拡張機能が見つかった』と報告しています。

🚨フィッシングアラート🚨

24単語のリカバリーフレーズ入力を求める偽のChrome拡張機能が見つかりました。

⚠️24単語を共有しないでください。
⚠️インターネットに接続されたデバイスに24単語を入力しないでください
⚠️Ledgerは24語を決して要求しません

今回報告された事例では「Ledger Live」と呼ばれる"偽のGoogle Chrome拡張機能"が公開されていたことが報告されています。「Ledger Live」は拡張機能を利用したユーザーに対してリカバリーフレーズの入力を求めることによって、ユーザーのリカバリーフレーズを盗もうとしていたと報告されています。

記事執筆時点で「Ledger Live」はChromeウェブストアから削除されているものの、この"偽拡張機能"は少なくとも120回はダウンロードされていたとも報告されています。

Google広告で表示される「詐欺サイト」にも要注意

今回見つかった"偽のChrome拡張機能"は、Googleのオンライン広告プラットフォームである「Google Ads」で宣伝されていたことも報告されているため、仮想通貨保有者の人々は今後もこのような手法を用いたフィッシング詐欺に注意する必要があります。

これはGoogle Adsが「Ledger Live」という検索フレーズで表示する検索結果です。

「Google Ads」で広告費を支払うことによって検索結果の上位にサイトを表示させ、あたかも本物のWEBサイトであるかのように振る舞う詐欺行為はこれまでにも複数報告されているため、今後も同様の詐欺が現れる可能性は十分あると考えられます。

リカバリーフレーズが他人に盗まれてしまった場合には自分のウォレットが乗っ取られてしまう可能性があるため、リカバリーフレーズは絶対に他人に見せない・教えないようにすることが重要です。

ハードウェアウォレットLedger Nano Sなどの購入は以下の公式サイトからどうぞ。

ledgerの画像 Ledger Nano Sなどの購入はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

NFLのスター選手、ロッカールームで「ビットコイン」話題に

NFLのスター選手、ロッカールームで「ビットコイン」話題に

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

Googleなどへの集団訴訟団体に新たな参加者|規制暖和なるか?

BINANCE DEXに「モバイルウォレット」を簡単接続|TrustWalletが新機能を発表

BINANCE DEXに「モバイルウォレット」を簡単接続|TrustWalletが新機能を発表

中国政府関係者:仮想通貨トレーダーに対し「落ち着くよう」求める

中国政府関係者:仮想通貨トレーダーに対し「落ち着くよう」求める

仮想通貨ATM市場:今後「150億円」を超える見込み|日米独の採用も影響か

仮想通貨ATM市場:今後「150億円」を超える見込み|日米独の採用も影響か

BINANCE:証拠金取引の利用禁止リストから「日本」を除外

BINANCE:証拠金取引の利用禁止リストから「日本」を除外

注目度の高い仮想通貨ニュース

ポップアートの巨匠「Andy Warhol」の作品をトークン化|STRAYMで分割販売へ

ポップアートの巨匠「Andy Warhol」の作品をトークン化|STRAYMで分割販売へ

【Klaytn】韓国Kakaoのブロックチェーンが「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

【Klaytn】韓国Kakaoのブロックチェーンが「Chainlink(チェーンリンク)」と提携

多言語対応のスマートチェックインサービス「maneKEY」公開|ブロックチェーン関連企業2社が協力

多言語対応のスマートチェックインサービス「maneKEY」公開|ブロックチェーン関連企業2社が協力

EOS開発企業「SNS投稿による収益化」を実現する技術で特許取得

EOS開発企業「SNS投稿による収益化」を実現する技術で特許取得

ビットコイン価格=5,000万円「長期的には達成可能」ベテラン投資家Raoul Pal

ビットコイン価格=5,000万円「長期的には達成可能」ベテラン投資家Raoul Pal

音楽界の大物PV監督「趣味」として仮想通貨取引|投資銘柄も明らかに

音楽界の大物PV監督「趣味」として仮想通貨取引|投資銘柄も明らかに

ウクライナ:仮想通貨企業の「銀行口座開設」を可能にする新たな法案公開

ウクライナ:仮想通貨企業の「銀行口座開設」を可能にする新たな法案公開

Huobi Japan:2つの特典がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開催

Huobi Japan:2つの特典がもらえる「お友達紹介キャンペーン」開催

Lamborghini×Bitstamp:ブロックチェーン用いた「デジタルスタンプ」を発行

Lamborghini×Bitstamp:ブロックチェーン用いた「デジタルスタンプ」を発行

Huobi Japan:フォビトークンがもらえる「HT新規取扱い記念キャンペーン」開始

Huobi Japan:フォビトークンがもらえる「HT新規取扱い記念キャンペーン」開始

Klaytn:Libraのライバル「Celo Alliance for Prosperity」に参加

Klaytn:Libraのライバル「Celo Alliance for Prosperity」に参加

Chiliz Exhange:ガラタサライの公式ファントークン「GAL」本日上場へ

Chiliz Exhange:ガラタサライの公式ファントークン「GAL」本日上場へ

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインボルト(Bitcoin Vault/BTCV)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

Cardano(ADA)決済「対応店舗」一覧【仮想通貨が使えるお店】

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

【2020年】ビットコイン、仮想通貨関連の「注目イベント」一覧

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

仮想通貨に関する「詐欺の種類・手法」まとめ|被害防止のための対策・注意点も

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

国内仮想通貨取引所:消費税増税後の「各種手数料」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

【2019年】国内仮想通貨取引所の「セキュリティ対策・資産管理状況」まとめ

人気のタグから探す