SBI FXトレード「暗号資産CFD取引」提供開始|業界最良水準の注文数量・保有建玉上限

by BITTIMES

FX専業取引会社である「SBI FXトレード」は、本日2020年8月31日午前7時から正式に「暗号資産CFD取引サービス」の提供を開始しました。同社の暗号資産CFD取引サービスではBTC・ETH・XRPに関する合計6銘柄が提供されており、最小注文数量・最大注文数量・保有建玉上限は業界最良水準となっています。

こちらから読む:GMOコイン、レバレッジ取引の"取引手数料"変更へ「国内ニュース」

SBI FXトレードの「暗号資産CFD取引」とは

SBI FXトレードが提供を開始した「暗号資産CFD取引サービス」は、暗号資産(仮想通貨)の差金決済取引のことであり、暗号資産の受け渡しを実際には行わずに暗号資産を買った時と売った時の差額だけをやり取りする取引サービスとなっています。

一般的な暗号資産取引所で提供されている「現物暗号資産取引サービス」を利用した場合には、取引所や他のユーザーから実際に暗号資産を購入して保有することになりますが、「暗号資産CFD取引サービス」は実際の暗号資産をやり取りするわけではなく"暗号資産を買ったor売ったことにする"という架空の取引を行うことになります。

SBI FXトレードの「暗号資産CFD取引サービス」はレバレッジ倍率2倍で提供されているため、サービス利用者は預け入れた証拠金の2倍に相当する額の取引を行うことが可能です。また、暗号資産を保有していなくても「売り」のポジションを持つことができるため、下落相場でも利益を狙いやすいという利点を有しています。

BTC・ETH・XRP関連の「6銘柄」を提供

SBI FXトレードの「暗号資産CFD取引サービス」では、仮想通貨業界で最も広く知られている主要な暗号資産である、
ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
エックスアールピー(XRP/XRP)
に関連した取引ペアが提供されています。

それぞれの暗号資産は「対日本円」と「対米ドル」の取引ペアで取引することができるため、暗号資産CFD取引では「BTC/JPY、XRP/JPY、ETH/JPY、BTC/USD、XRP/USD、ETH/USD」の6銘柄を取引することが可能です(2020年8月31日時点)。

注文数量・保有建玉上限は「業界最良水準」

SBI FXトレードが提供する「暗号資産CFD取引サービス」は、最小注文数量・最大注文数量・保有建玉上限を業界最良水準で提供しています。

他社のBTC最小注文数量が0.01BTC程度であるのに対してSBI FXトレードは「0.0001BTC」でサービスを提供しており、最大注文数量に関しても他社が3〜25BTC程度であるのに対してSBI FXトレードは「100BTC」、1注文あたりの保有建玉上限に関しても他社が100〜250BTC程度であるのに対してSBI FXトレードは「500BTC」でサービスを提供しています。

最小注文数量が小さく、最大注文数量が大きいため、初期投資額に左右されず様々な投資家の人々が利用できるサービスとなっています。SBI FXトレードが提供する「暗号資産CFD取引サービス」の最小注文数量・最大注文数量・保有建玉上限は以下のように設定されています(2020年8月31日時点)。

最小注文数量(1注文あたり)

BTC/JPY:0.0001BTC
XRP/JPY:1XRP
ETH/JPY:0.001ETH
BTC/USD:0.0001BTC
XRP/USD:1XRP
ETH/USD:0.001ETH

最大注文数量(1注文あたり)

BTC/JPY:100BTC
XRP/JPY:500,000XRP
ETH/JPY:1,000ETH
BTC/USD:100BTC
XRP/USD:500,000XRP
ETH/USD:1,000ETH

保有建玉上限(1注文あたり)

BTC/JPY:500BTC
XRP/JPY:10,000,000XRP
ETH/JPY:10,000ETH
BTC/USD:500BTC
XRP/USD:10,000,000XRP
ETH/USD:10,000ETH

XRPがもらえるコラボキャンペーンも開催中

SBI VCトレード」と「SBI FXトレード」は、2020年7月1日9時00分〜2020年9月30日17時00分までの期間中に両方のサービスで新規口座開設を完了し、アンケートに回答したユーザーに対して「50XRP」をプレゼントするコラボキャンペーンも開催しています。

「SBI FXトレード」のサービスでは"現物暗号資産"を購入することはできませんが、「SBI VCトレード」では現物暗号資産を実際に購入して取引することができるため、実際に暗号資産を保有して他のユーザーに送金したり、サービスで利用したりしたい方は「SBI VCトレード」を利用すると良いでしょう。

>>「SBI FXトレード」の公式サイトはこちら

こちらの記事もあわせてどうぞ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

ビットコイン(BTC)が今後も上昇する7つ理由|価格予測

ビットコイン(BTC)が今後も上昇する7つ理由|価格予測

ビットバンク:新たに「ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)」取扱いへ

ビットバンク:新たに「ステラルーメン(Stellar Lumens/XLM)」取扱いへ

Bitgetがレオ・メッシと提携

Bitgetがレオ・メッシと提携

【Cardano/ADA】ステークプールによるブロック生成率が「50%」に到達

【Cardano/ADA】ステークプールによるブロック生成率が「50%」に到達

Ripple(リップル)南米地域での市場拡大に向け「ブラジル」に新オフィス設立

Ripple(リップル)南米地域での市場拡大に向け「ブラジル」に新オフィス設立

イーサリアム(ETH)近い将来「90%上昇」の可能性|人気アナリストが価格分析

イーサリアム(ETH)近い将来「90%上昇」の可能性|人気アナリストが価格分析

注目度の高い仮想通貨ニュース

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

ヴェノム財団がアイスバーグキャピタルと提携|10億ドルのヴェノム・ベンチャーファンドを設立

コインチェック:VRゴーグル「Meta Quest2」が当たるキャンペーン開始

コインチェック:VRゴーグル「Meta Quest2」が当たるキャンペーン開始

コインチェック:法人向けサービス「Coincheck for Business」提供開始

コインチェック:法人向けサービス「Coincheck for Business」提供開始

Bitget「グローリーカップ・先物取引大会」開催|50,000 USDTの報酬を山分け

Bitget「グローリーカップ・先物取引大会」開催|50,000 USDTの報酬を山分け

Bitget「友達招待で互いに報酬を獲得、50,000USDTを山分け」イベント開催中

Bitget「友達招待で互いに報酬を獲得、50,000USDTを山分け」イベント開催中

2023年に伸びる低価格な仮想通貨6選

2023年に伸びる低価格な仮想通貨6選

ビットバンク「残り85%のFLR受け取り方法」について発表

ビットバンク「残り85%のFLR受け取り方法」について発表

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

レイヤー1オラクルネットワーク「Flare」がローンチ

弱気相場から脱する兆しあり、今注目すべきはメタケード

弱気相場から脱する兆しあり、今注目すべきはメタケード

ソラナ・ポルカドットの価格分析|メタケード(MCADE)がいかに他より秀でているのか

ソラナ・ポルカドットの価格分析|メタケード(MCADE)がいかに他より秀でているのか

ポルカドット、ソラナ、そしてメタケード(MCADE)はサム・バンクマン・フリードの逮捕騒動を経て、どう動くのか

ポルカドット、ソラナ、そしてメタケード(MCADE)はサム・バンクマン・フリードの逮捕騒動を経て、どう動くのか

元素騎士オンライン「LAND販売価格・区画数」を発表|1月14日から販売開始

元素騎士オンライン「LAND販売価格・区画数」を発表|1月14日から販売開始

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

Efinityのエフィニティトークン(EFI)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

オアシス(Oasys/OAS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

大手企業などで技術採用が進む「注目のブロックチェーン・仮想通貨」を紹介

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「仮想通貨市場で起きた大きな事柄まとめ」崩壊・暴落から学ぶべきことは?

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

2022年「最も検索された仮想通貨TOP10」ミームコインが上位にランクイン

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

アクシーインフィニティ(Axie Infinity/AXS)とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

人気のタグから探す