韓国1位の暗号資産取引所「仮想通貨関連詐欺」の容疑で家宅捜索

by BITTIMES

韓国・ソウルの地方警察が同国最大の暗号資産取引所「Bithumb(ビッサム)」の家宅捜索に乗り出したことが地元メディア「ソウル新聞」の報道で明らかになりました。報道によると同社の取締役会長であるLee Jung Hoon氏には、仮想通貨BXAトークンの販売による投資詐欺の疑いがかけられているとのことです。

こちらから読む:デジタル証券取引所、"大阪・神戸"に設立へ「暗号資産」関連ニュース

BXAトークン販売による「投資詐欺」の疑い

Bithumb(ビッサム)は韓国で最も多くのユーザーを持つ大手暗号資産取引所として知られていますが、現在同社はソウル警察から家宅捜索を受けていると報じられています。

「ソウル新聞」の報道によると、ソウル地方警察の情報犯罪班は2020年9月2日にソウルの江南区にあるBithumb本社を仮想通貨を用いた投資詐欺などの容疑で家宅捜索したと報告されています。

Bithumbは2018年にシンガポールの「BKグループ」との間で買収交渉を進めていた際にネイティブトークンである「BXAトークン」を発行しており、将来的にBithumbに上場することを約束して300億ウォン(約26億7800万円)相当のプレセールを実施して投資家から資金調達を行っていました。

しかし、最終的にこの買収交渉は成立しておらず、BXAトークンもBithumbに上場しなかったため、BXAトークンの価格が暴落して300名ほどの投資家が損害を受けており、この被害を受けた投資家たちが被害を訴えていたと報告されています。

実際にBXAトークンの価格は大幅に下落しており、2019年2月末に36円前後で取引されていたBXAトークンの価格は2020年9月3日時点で「1BXA=0.26円」まで下落しています。

2019年2月27日〜2020年9月3日 BXAトークンのチャート(画像:Coingecko)2019年2月27日〜2020年9月3日 BXAトークンのチャート(画像:Coingecko)

韓国ではここ最近で暗号資産取引所への取り締まりが強化されてきており、先月末には同国で3番目に大きい暗号資産取引所「Coinbit(コインビット)」が『取引量のほとんどを意図的に水増しした可能性がある』として立ち入り調査を受けたことや、暗号資産取引所「Komid(コーミッド)」の代表取締役と幹部が取引高を偽造した事件で3年と2年の実刑判決を受けたことなども報告されています。

>>「ソウル新聞」の報道はこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

関連のある仮想通貨ニュース

【Chiliz】FCバルセロナの公式ファントークン「BAR」の販売・取引開始日が判明

【Chiliz】FCバルセロナの公式ファントークン「BAR」の販売・取引開始日が判明

ブロックチェーン用いた「キャリア間決済システム」導入へ|Softbank×日本IBM×TBCASoft

ブロックチェーン用いた「キャリア間決済システム」導入へ|Softbank×日本IBM×TBCASoft

BINANCE:ロシアルーブル(RUB)を正式サポート|仮想通貨「3銘柄」との取引が可能に

BINANCE:ロシアルーブル(RUB)を正式サポート|仮想通貨「3銘柄」との取引が可能に

日本暗号資産市場社「イチバ(ICHIBA/ICB)」の販売開始|オンライン勉強会も開催へ

日本暗号資産市場社「イチバ(ICHIBA/ICB)」の販売開始|オンライン勉強会も開催へ

リップル(XRP)の時代到来か?中国の「マイニング禁止」で需要増加の可能性

リップル(XRP)の時代到来か?中国の「マイニング禁止」で需要増加の可能性

ブロックチェーンで「知的財産保護」図る|NEM財団とマスコミ団体が協力:アルゼンチン

ブロックチェーンで「知的財産保護」図る|NEM財団とマスコミ団体が協力:アルゼンチン

注目度の高い仮想通貨ニュース

【Cardano/ADA】Goguen期の「ロードマップ」公開|ERC-20コンバーターなどの紹介も

【Cardano/ADA】Goguen期の「ロードマップ」公開|ERC-20コンバーターなどの紹介も

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

シンガポール大手銀行:STO対応の暗号資産取引所「DBSデジタル取引所」開設か

暗号資産取引所「SBI VC Trade(SBI VCトレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

暗号資産取引所「SBI VC Trade(SBI VCトレード)」とは?基本情報・特徴・メリットなどを解説

ケイマン諸島:FATF国際基準準拠に向け「暗号資産規制」を強化

ケイマン諸島:FATF国際基準準拠に向け「暗号資産規制」を強化

Chainalysis:政府が押収した暗号資産の「換金・保管・監視」支援サービス提供開始

Chainalysis:政府が押収した暗号資産の「換金・保管・監視」支援サービス提供開始

ビットコインキャッシュ「ハードフォーク」を完了|今後はBCHNが主流に?

ビットコインキャッシュ「ハードフォーク」を完了|今後はBCHNが主流に?

My Crypto Heroes:ガバナンストークン「MCH Coin(MCHC)」発行開始

My Crypto Heroes:ガバナンストークン「MCH Coin(MCHC)」発行開始

Braveブラウザ「Bitcoin.comのウィジェット」を追加|BCHなどが購入可能に

Braveブラウザ「Bitcoin.comのウィジェット」を追加|BCHなどが購入可能に

コインチェック:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

コインチェック:NEM新通貨Symbol(XYM)の「オプトイン」に関する対応方針を発表

複数の暗号資産送金を迅速かつ低コストに「BitPay Send」提供開始:決済大手BitPay

複数の暗号資産送金を迅速かつ低コストに「BitPay Send」提供開始:決済大手BitPay

日本政府「デジタル庁」2021年9月にも発足へ|500人規模の体制で民間部門からも登用

日本政府「デジタル庁」2021年9月にも発足へ|500人規模の体制で民間部門からも登用

大手取引所OKEx「暗号資産の出金サービス」再開へ|秘密鍵保有者も業務に復帰

大手取引所OKEx「暗号資産の出金サービス」再開へ|秘密鍵保有者も業務に復帰

仮想通貨ニュース | 新着記事一覧

仮想通貨まとめ一覧

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「ライトコイン(Litecoin/LTC)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

NEM新通貨シンボル(Symbol/XYM)に関する「国内暗号資産取引所の対応方針」まとめ

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

暗号資産「リップル(Ripple/XRP)」とは?基本情報・特徴・購入方法などを解説

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットコインキャッシュのハードフォーク「国内暗号資産取引所の対応」まとめ

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットフライヤー編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

ビットバンク編:2段階認証(2FA)の「解除・設定」方法|スマホ機種変更前には必ず確認を

人気のタグから探す